Slow Work System
Slow Work System              ネイチャー:メニュー
ひらおだい


駐車場を降りた地点からの平尾台の景色


平尾台(ひらおだい)福岡県(ふくおかけん)北九州市(きたきゅうしゅうし)小倉南区(こくらみなみく)(ひろ)がる大地(だいち)

「北九州国指定公園(くにしていこうえん)」「国指定天然記念物(てんねんきねんぶつ)」に指定(してい)されている。

皿倉山(さらくらやま)福知山(ふくちやま)風師山(かざしやま)足立山(あだちやま)(ふく)地域(ちいき)で、

カルスト地形(ちけい)典型的(てんけいてき)石灰岩台地(せっかいがんだいち)として有名(ゆうめい)なところ。

ドリーネや石灰岩柱(せっかいがんちゅう)などが(おお)く、地下(ちか)にはたくさんの鍾乳洞(しょうにゅうどう)がある。

中でも人気(にんき)なのが「千仏鍾乳洞(せんぶつしょうにゅうどう)」で、長さは数千(すうせん)メートルに(たっ)すると言われており、

その一部(いちぶ)観光用(かんこうよう)公開(こうかい)されている。

また、案内人(あんないにん)有料(ゆうりょう))の同行必須(どうこうひっす)入洞(にゅうどう)(ゆる)されている「青龍窟(せいりゅうくつ)」は

観光(かんこう)としては一般的(いっぱんてき)でないものの、冒険心(ぼうけんしん)()り立てられる穴場(あなば)とも言える。

大地(だいち)(うつく)しく()えるピナクルによって見事(みごと)景観(けいかん)をもつ平尾台(ひらおだい)と 

その地に存在(そんざい)する鍾乳洞(しょうにゅうどう)には あまりに魅力的(みりょくてき)個性(こせい)があり、

是非(ぜひ)一度(いちど)(おとづ)れて(いただ)きたい日本の名地(めいち)である。


※「カルトスト地形(ちけい)」とは、石灰岩が溶食(ようしょく)されてできた地形のこと。

※「ドリーネ」とは石灰岩が水で()かされてできた、すり鉢状(ばち)窪地(くぼち)のこと。

※「ピナクル」とは溶け(のこ)って地表(ちひょう)に出ている石灰岩のかたまりのこと。

頂上(ちょうじょう)(まる)いピナクルは平尾台特有(とくゆう)のもので、(ひつじ)(よう)だと言われている)


ピナクルの群れ

草原(そうげん)(つど)う羊の様なピナクル】


解説(かいせつ)は平尾台の案内板(あんないばん)(およ)び平尾台自然観察(しぜんかんさつ)センターの情報(じょうほう)によるもの。

「平尾台自然観察センター」のHPはこちら




2009年8月1日。

(あね)(はなし)()きながら写真(しゃしん)を見せてもらって以来(いらい)

どうしても行ってみたいと(おも)(つづ)けていた平尾台の地に(はじ)めて(あし)()けた。

それはもう見事(みごと)(うつく)しさで、悠々(ゆうゆう)とした大地(だいち)()()れとしながら感激(かんげき)で心が()たされる。


雄大な大地

この日は(くも)(ぞら)でしたが、それでも景観(けいかん)見事(みごと)でした。


草原道路 広がる草原

見るだけでもう気持(きも)ちの良い草原(そうげん)


なだらかな山頂の円形

とても(なだ)らかできれいな山頂(さんちょう)円形(えんけい)


ピナクルの大地 ピナクルの集合体

あまりにも広々(ひろびろ)ととした雄大(ゆうだい)土地(とち)


羊(ピナクル)の群れ

(はじ)めて(おとづ)れた平尾台(ひらおだい)はとても(この)みの場所(ばしょ)でした。



休憩所 平尾台の蝶々
平尾台のバッタ

この日はこの休憩所(きゅうけいしょ)草原(そうげん)ランチをしたの。

(ちか)くにトイレもあます。


雄大だなぁ...


平尾台は。

(むかし)からね、理想(りそう)として思い(えが)いていた土地(とち)のイメージにとても(ちか)かった。

悠々(ゆうゆう)としていて。

理想(りそう)だなぁ..って思った。

こんな大地(だいち)の近くで()らせたらなぁ..って漠然(ばくぜん)と思った。

雄大(ゆうだい)な草原。

この風景(ふうけい)は。

今年(ことし)(なつ)最高(さいこう)(おく)(もの)だったなぁ。

ありがとう、姉夫婦(あねふうふ)

こんな素晴(すば)らしい世界(せかい)(おし)えてくれて!

感謝(かんしゃ)感激(かんげき)

です。


【20090907/18:30】




ネイチャー:メニュー


トップページ
Copyright (C) 知民 2006-today All Rights Reserved.