Slow Work System
Slow Work System              ネイチャー:メニュー
ほりきりとうげ





『堀切峠』は宮崎市内の象徴(しょうちょう)と言える場所です。

何度(かよ)っても、何度(おとづ)れても、その感動が(うす)れることはなく、

景色(けしき)の美しさに“()れてしまう”事など出来ない。

東京で()らしていた(ころ)

帰郷(ききょう)した(さい)に「どこか行きたいところ、ない?」と聞かれてほぼ必ず「ホリキリ」と言っていた。

今、いつでも行ける環境(かんきょう)()るということが、そのまま宝物(たからもの)のように感じる。

自然の景色、特に海の色は天候(てんこう)によって様々に色を変える。

なので。

やっぱり、どんな(ふう)に言っても「晴天(せいてん)快晴(かいせい)」の時に行くのが(もっと)(この)ましい。

(くも)(ぞら)でも、曇り空なりの個性(こせい)と美しさはあるけど、でも。

やっぱり、「晴天・快晴」に訪れてほしい。

天候によってそれほど、感動・感激(かんげき)のギャップがあるのは事実(じじつ)

以前、神奈川(かながわ)から友人が訪れた際、快晴に(めぐ)まれながら、ホリキリへ続く道を車で走った。

(とうげ)に出る直前、いきなり眼前(がんぜん)に海が広がる絶景(ぜっけい)ポイントがある。

車がそこへ出た瞬間(しゅんかん)、友人は「何これ!?何これ〜!!!」と、

何度も()り返し感嘆(かんたん)していた。

他県(たけん)素晴(すば)らしい土地と同様(どうよう)、ホリキリにはホリキリならではの個性(こせい)がある。

観光(かんこう)バスが坂を上り峠に出る直前、

海が眼前に広がる瞬間は車内に拍手(はくしゅ)喝采(かっさい)()()こるそうだ。


写真なんか何枚()っても、生の景色(と空気)の足下(あしもと)にも(およ)ばない。

だけど、撮ってきた(笑)


宮崎の個性は、自然界だ。

宮崎は都会(とかい)である必要も理由もないと思う。

だから。

できれば、都会の真似(まね)はしないでほしい。

都会にあるものが()しければ、そこまで行けばいい。


私は、東京にいる間中(あいだじゅう)、心の(そこ)から東京を愛していた。

けどそれは未練(みれん)執着(しゅうちゃく)につながるものではない。

土地そのものを愛し、その土地で(みちび)かれた出会いや出来事には格別(かくべつ)の思いがある。

今でも時々、「土地そのもの」から直接(ちょくせつ)アプローチがあるくらい。

(はな)れていても。普通(ふつう)につながっている。


都会には都会である「理由」がある。

同様(どうよう)に、自然界と共存(きょうぞん)している土地には、その「理由」が(かなら)ずある。

(宮崎県の県土の約76%は森林/2007現在)

私は宮崎の「自然界」を心の底から愛している。

宮崎に帰ってからは自然界が直接の私の「()」であり「(とも)」となった。

その自然界を、好きでたまらない。





※峠に出る直前の風景は、

 カメラで(とら)えることが(きわ)めて困難(こんなん)で((ざん)!)峠からの風景をどうぞ。

  残念(ざんねん)ながら、この日は「晴天・快晴」ではありませんでした。

ホリキリの象徴的(しょうちょうてき)風景(ふうけい) 海沿(うみぞ)いの(みち)(くるま)(はし)る。
(おに)洗濯岩(せんたくいわ)」と()ばれる海岸(かいがん)の岩。 (すこ)拡大(かくだい)します。分かります?
どうでもない、こんな景色(けしき)が好きで♪ 日差(ひざ)しの強さで色も(ちが)って見える。
上から、(つるぎ)の様に(ひかり)()()む。 ありがとう、海。


【20070826/21:33】

※次回(じかい)は「都井岬(
といみさき/といのみさき」(絶景(ぜっけい)!)をご紹介(しょうかい)します




ネイチャー:メニュー


トップページ
Copyright (C) 知民 2006-today All Rights Reserved.