Slow Work System
Slow Work System              ネイチャー:メニュー
いきめじんじゃ



光っているのは御鏡         太陽の光





今日は日常(にちじょう)(もっと)(した)しんでいる『生目神社(いきめじんじゃ)』(宮崎県(みやざきけん)宮崎市(みやざきし))へ行ってきました。

(ある)いて往復(おうふく)(やく)1時間くらいの距離(きょり)で、

時期(じき)によっては毎日のように参拝(さんぱい)散歩(さんぽ))しています。(当時(とうじ)、宮崎県在住(ざいじゅう)

途中(とちゅう)道脇(みちわき)に今年“(はつ)”の四つ葉のクローバーを見つけました。


道脇の四つ葉のクローバー


生目神社は古くから“眼病(がんびょう)霊験(れいげん)あり”としてその存在(そんざい)を知られており

現在(げんざい)でも全国各地(ぜんこくかくち)から参拝者(さんぱいしゃ)(おとず)れています。


※『霊験〈れいげん〉』とは「れいけん」とも()み、

人間の祈願(きがん)に対して神仏(しんぶつ)(およ)びそこに宿(やど)るエネルギーが(しめ)す(()こす)

不思議
(ふしぎ)
な力の現〈あらわ〉れのことや、ご利益(りやく)のことを言います。






鳥居の奥が社殿 社殿 社殿の裏を覗いてみる



御祭神(ごさいじん) 品陀和気命(ほむだわけのみこと)応神天皇(おうじんてんのう))/藤原景清公(ふじわらのかげきよこう)平景清(らいらのかげきよ)



応神天皇(おうじんてんのう)は、実在性(じつざいせい)が高い(もっと)(ふる)天皇(てんのう)と言われているそうです。

(ただ)し、その存在性(そんざいせい)については様々(さまざま)(せつ)があり(いま)だに統一(とういつ)されてはいないようです。


藤原景清公(ふじわらのかげきよこう)については、平家(へいけ)勇将(ゆうしょう)でかなり勇猛(ゆうもう)武将(ぶしょう)だったようです。

生目神社にはこの景清(かげきよ)両眼(りょうめ)(まつ)られていると言われていますが、、、、。


※『勇猛(ゆうもう)』はひじょうに(いさ)ましく強い様子(ようす)

※『勇将(ゆうしょう)』は強くて勇ましい将軍(しょうぐん)(または大将(たいしょう))のこと。




御相殿
(ごあいでん)
 彦火瓊々杵尊(ひこほににぎのみこと)彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)鵜茅葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)


※『相殿(あいどの(あいでん))』はひとつの社殿(しゃでん)二神以上(にしんいじょう)の『神』を合わせて(まつ)ること。


生目(いきめ)神社は全国的(ぜんこくてき)有名(ゆうめい)ですが観光化(かんこうか)されておらず、

自然界と(とも)に在る、そのままの空気を維持(いじ)しています。


境内(けいだい)にある御神木(ごしんぼく)素晴(すば)らしいエネルギーを分かち合ってくれます。

(とく)に社殿右裏(みぎうら)にある「クスノキ」には(おの)ずと(あたま)が下がりますよ。

社殿(しゃでん)に向かって左の銀杏(いちょう)の木は友好的(ゆうこうてき)です。


 生目神社について詳しくは『宮崎観光写真』サイトへ。





さて。

ここで、この(ちか)くにある『仁王像(におうぞう)』のご紹介(しょうかい)です。

生目(いきめ)神社を出てすぐ右へ行くと、仁王像の所在(しょざい)を知らせる白い(はしら)が左手に見えて来ます。

そこを左に()がります。

仁王像入り口

その(みち)をまっすぐ(すす)みましょう。

ここからは周囲(しゅうい)完全(かんぜん)に民家ですので、ご迷惑(めいわく)をおかけしないように進みましょう。
民家の中の道

ほどなく。()かいは民家(みんか)となり“()()まり”になりますので、そこを左へ()がります。

向かいは行き止まり

すると、左手に(ほそ)い道があり二つに分かれています。

ここは道なり(右)に進みます。

この(あた)りは、ホントに仁王像があるのかなぁ。。という雰囲気(ふんいき)です。

細い道です

そこを通過(つうか)してからは、右側(みぎがわ)に大きな鉄塔(てっとう)が建っているので、

それを目印(めじるし)にすると間違(まちが)うことはないと思います。

鉄塔を目指(めざ)して進みます。

鉄塔に通じる道をまっすぐに進むと、左手に仁王像が(あらわ)れれます。

まっすぐに


この仁王像(におうぞう)には何の説明書(せつめいが)きもありませんが。

何となく好きです。

仁王像

余談(よだん)ですが。。。

『神社仏閣/じんじゃぶっかく』での基本的(きほんてき)礼儀(れいぎ)として、

まずはそこへ宿(やど)るエネルギー体に

“今日この日ここへ(みちび)かれたご(えん)”への感謝(かんしゃ)を何よりも先にお伝えしましょう。

仏像(ぶつぞう)石碑(せきひ)御神体(ごしんたい)など、

本来(ほんらい)一方的(いっぽうてき)にお(ねが)い事をする(ため)の「道具(どうぐ)」ではないのです。。。。

情報交換(じょうほうこうかん)潜在意識(せんざいいしき)でコミュニケーションをとったり、

自然界(しぜんかい)のエネルギーと人間の仲介(ちゅうかい)をしたり、

場合によっては「SOS(エス・オー・エス)」を(はっ)している場所や石像(せきぞう)などもあります。

人の(ねが)い((ねん))で()もれてしまっている「エネルギー場」もあります。

ただ、どのような場所であっても全てにおいて

調和(ちょうわ)した作用(さよう)をもたらしてくれるのが「感謝」の気持ちだと思います。

それは人も物も変わらないようですね。

もちろん、バイブレーションというのは誤魔化(ごまか)しがきかないですから、

口先(くちさき)だけで感謝をしたり、策戦(さくせん)としての感謝の“お芝居(しばい)”は(まった)通用(つうよう)しません。

どのような場合(ばあい)でも自然界への感謝と「宿り」への敬意(けいい)必要不可欠(ひつようふかけつ)だと思います。





生目神社

【20070106】



ネイチャー:メニュー


トップページ
Copyright (C) 知民 2006-today All Rights Reserved.