Slow Work System
Slow Work System              ネイチャー:メニュー
かいもんだけ
頂上は賑やか 標高924メートル
頂上(ちょうじょう)様子(ようす)

連休中(れんきゅうちゅう)ということもあり、

この日はけっこう()んでました。
鹿児島県(かごしまけん) 指宿市(いぶすきし)

標高(ひょうこう)924メートル


別名:薩摩富士 開聞岳の美しい姿


開聞岳(かいもんだけ)は、別名(べつめい)薩摩富士(さつまふじ)」とも()ばれています。

標高(ひょうこう)924メートルというところからすると「富士」にはほど(とお)いのでは?と、

連想(れんそう)されるかもしれませんが...。

開聞岳が「薩摩富士」と呼ばれるのは高さの事ではなく。

その理由(りゆう)は、(うつく)しさにあります。

この日の姿(すがた)はまるで浮世絵(うきよえ)のようでした。



ここからの開聞岳を見ると浮世絵の様でした


いや、浮世絵よりも、

どうしたって実物(じつぶつ)(ほう)が美しいので“浮世絵のような”という表現(ひょうげん)(ちが)うか。

いや、表現方法(ひょうげんほうほう)なんてどうだっていいんです。意味(いみ)ないんです。

もの素晴(すば)らしい美しさなんですよ、開聞岳は。

もちろん、(ほか)の山と比較(ひかく)した美しさではない。

開聞岳(かいもんだけ)の美しさは、開聞岳でしか表現出来ないので。

どれほど(なが)めてもうっとりして、いつまででも眺めていたくなります。

けど、この日は登山が目的(もくてき)なので眺めを()()って登山口(とざんぐち)()かいました。


ちなみに。

町並(まちな)みの中に()かぶ姿はこちら。


町の中から眺めた開聞岳


そして。

(ふもと)駐車場(ちゅうしゃじょう)からの姿はこちら。

麓からはグンと近くなります




それでは。

(のぼ)(はじ)めます。

2008年5月4日(みどりのひ)、


この日は連休(れんきゅう)まっただ中で天候(てんこう)も良かった(ため)歩行(ほこう)渋滞気味(じゅうたいぎみ)でした。


1合目はコンクリート道 ここから2合目
駐車場も、このコンクリの道も山の一部です。

1合目(いちごうめ)
ここから2合目です。土の始まり。

距離(きょり)で言え登り始めるのはだいたい2合目から。


山の姿に見るなだらかさとは対照的(たいしょうてき)に、

開聞岳(かいもんだけ)山道(やまみち)はどちらかと言うと(けわ)しい方です。

この日、山を下りてから「もうこの山には登らない」と言っていた人もいたようで(笑)

でも、「山歩き」と言うより「山登り」と言う行程(こうてい)なので(たの)しいです。

お子さま()れや年輩(ねんぱい)の方もたくさんいらっしゃいました。70(だい)と言う方も。

歩く 歩く 歩く


途中(とちゅう)休憩(きゅうけい)して景色(けしき)を楽しみます。

のどやかな眺めです


さて、(ある)きましょう。

けっこう険しい まだまだ登ります


(なが)めましょう。

美しい眺め


さ、行きましょう。

険しいです 岩を辿ります まだまだ、歩く


また、休みながら(なが)めましょう。

湾の眺めがとても美しい


さあ。もう一息(ひといき)(のぼ)ろっ!

ハシゴを登ります


梯子(はしご)を登ってさらに(あゆ)みを(すす)めます。もう、ほどなくです。

()きました!


御獄神社は頂上より少し下の方にあります ここから全面が見渡せます 民家や畑のある風景

頂上(ちょうじょう)の少し手前(てまえ)

(わき)の方にある「御獄神社(みたけじんじゃ)

展望(てんぼう)はパノラマ(がた)です。 民家(みんか)(なが)め。


ズームした(なが)め。

山から見た海の眺め


下山(げざん)した後は、指宿(いぶすき)温泉(おんせん)へ入ってから夕食(ゆうしょく)()べました。

この日は日帰(ひがえ)りだったのと連休中(れんきゅうちゅう)渋滞(じゅうたい)もあった(ため)

宮崎(みやざき)に帰り着いたのは日付(ひづけ)()わる直前(ちょくぜん)でした。


【20080716/22:51】



ネイチャー:メニュー


トップページ
Copyright (C) 知民 2006-today All Rights Reserved.