Slow Work System
Slow Work System ネイチャー・スペース
ザミア(メキシコソテツ)
hiroba_zamia


【ヒロバザミア:メキシコソテツ】





ふらっと立ち()ったプラントショップで見つけて、そのまま()って(かえ)ったメキシコソテツ。

買ったときはどんな植物(しょくぶつ)かなんて()らなくて、

今回(こんかい)HP(ホームページ)掲載(けいさい)する(さい)にあらためて土に()()まれていた

説明書(せつめいが)きみたいなカードを見たら「メキシコソテツ」って。

で。え!?これ、ソテツなの?!ってビックリした。

だって。おっきくなるんでしょ?ソテツなら。

そんな事くらい、買った時にちゃんと調(しら)べておくように?

あんま。

(かんが)えない(見ない)んですよね(笑)、ネームカードとか。


ところで。

このメキシコソテツにも、小さな物語(ものがたり)があります。

このメキシコソテツはヒーリングスペースに()るのですが、

数ヶ月前(すうかげつまえ)、ある日突然(とつぜん)()の色が黄色(きいろ)変色(へんしょく)して、()れる“(きざ)し”が(あらわ)れたのです。

原因(げんいん)(まった)く思い()たらなくて、けど、(あき)らかに「気」は衰弱(すいじゃく)してて。

ものすごく不安(ふあん)になったんですよね、その(とき)は。

何が(いた)らなかったんだろう、どうしたらいいんだろう、って、

気分的(きぶんてき)には“半泣(はんな)き”状態(じょうたい)でした。

(じつ)はこの時、もう一鉢(ひとはち)

同時期(どうじき)(おな)症状(しょうじょう)(きゅう)に「気」が(おとろ)(はじ)めた植物(しょくぶつ)があったんです。

(ほか)の植物(たち)はいつも(とお)りとても元気(げんき)で、

バランスを(うしな)ったのはその二鉢(ふたはち)だけでした。

それで。

いつもの簡単(かんたん)方法(ほうほう)で、植物に()きました。

何か、(せっ)(かた)間違(まちが)えたのか、またはヒーリングの(さい)(そと)()し出される

不要(ふよう)なエネルギーの影響(えいきょう)だろうかとか。

でも、(こた)えは(すべ)て「NO(ノー)」でした。

私の接し方やヒーリングスペースの影響ではないと。

けど、気の(おとろ)え((きざ)し)からすると、そのままでは確実(かくじつ)()れてしまいます。

私は、今後(こんご)(とも)()らしたい意志(いし)(しめ)し、その(ため)対処法(たいしょほう)はあるか(たず)ねました。

植物の意識(いしき)()けて「YES(イエス)」「NO(ノー)形式(けいしき)質問(しつもん)をし回答(かいとう)()(ため)

質問を()めて行くことでより具体的(ぐたいてき)な答えを(みちび)き出します。

その時、導き出された対処策(たいしょさく)は「場所(ばしょ)移動(いどう)する」というものでした。

すぐにメキシコソテツを反対側(はんたいがわ)()いてるスペースへ移動しました。

もうひとつの(はち)はまだ小さかった事もあり、衰弱(すいじゃく)急速(きゅうそく)(すす)んでいました。

それで、場所の移動をしても衰弱のスピードの方が(まさ)ってしまうと感じ、

(きゅう)きょオフィススペースの「パーフェクトエリア」に(うつ)したんです。


*********************************************

「パーフェクトエリア」というのは、

複数(ふくすう)シンボル()み合わせて、ある一定(いってい)の場所に使用(しよう)(つづ)け、

3年以上(いじょう)かけて誕生(たんじょう)した、「パーフェクトバランス」を実現(じつげん)する領域(りょういき)です。

(おも)に、水や物の浄化(じょうか)、植物などにこのスペースを利用(りよう)します。

********************************************


いつも、最後(さいご)(たす)けを(もと)めるのは「パーフェクトエリア」です。

()(すべ)黄色(きいろ)変色(へんしょく)して、ダラ〜と()れており、

「生きる」という視点(してん)から見るとゾッとするような印象(いんしょう)でした。

その時点(じてん)で、水を()い上げる(ちから)(まった)くありませんでした。

そのまま葉が(くさ)れてくると、全体(ぜんたい)に影響すると思い、葉を全部()()としました。

で。

どうなったかと言うと。

「パーフェクトエリア」へ移動(いどう)して一晩(ひとばん)(おとろ)えの“(きざ)し”は()えました。

3日後には、その「気」は完全に「(よみがえ)り」の“兆し”に変化(へんか)しました。

そして今では完全に復活(ふっかつ)して、前の健康(けんこう)姿(すがた)以上に成長(せいちょう)し始めました。


メキシコソテツの方も、場所を移動した直後(ちょくご)から「衰え」の“兆し”は消えました。


実は、この事があったほんの数日後、(すく)いのメッセンジャーが(あらわ)れました。

ヒーリングを()けるために、ヒーリングスペースに(おとづ)れた友人です。

突然(とつぜん)衰え始めた植物の様子(ようす)を話したら、「そう言えば...」と、

以前(いぜん)、テレビで香港(ほんこん)風水(ふうすい)紹介(しょうかい)する内容(ないよう)番組(ばんぐみ)を見ていたら、

外から(なが)()んで来た不浄(ふじょう)な「気」の影響(えいきょう)

突然(とつぜん)原因不明(げんいん)のマイナス変化が(しょう)じる、

という事を具体例(ぐたいれい)()げて説明(せつめい)していたと言うのです。

それだ、と思いました。

その話を()いて、よくよく植物の位置(いち)を思い()こすと、その二つの植物は

ちょうど()けていた(まど)のスペースから一直線上(いっちょくせんじょう)に位置していたのです。

(ほか)の植物は全部(ぜんぶ)、そのラインから(はず)れてていました。

おそらく、(かぜ)()って流れ込んだ来たのでしょう。

早速(さっそく)、いつも(まど)()けておくそのスペースに、多めの「()(しお)」をしました。

「塩」には不浄(ふじょう)な気を()()吸収作用(きゅうしゅうさよう)があります。

今回が突発的(とっぱつてき)出来事(できごと)だとしても、今後発生(はっせい)しないとは(かぎ)りませんから、

その後は1週間(いっしゅうかん)おきに「塩」を()()えながら継続(けいぞく)した対処(たいしょ)をしています。
※塩による浄化は循環型(じゅんかんがた)ではないので、定期的(ていきてき)に取り替える必要(ひつよう)があります。


その事があってから数日(すうじつ)して、何となく「印象(いんしょう)」がしたので、

メキシコソテツにまだこの場所(ばしょ)の方が良いか()いてみたところ、

(もと)の場所に(もど)って大丈夫(だいじょうぶ)との回答(かいとう)があったので、また元の位置(いち)移動(いどう)しました。


もう、大丈夫でした。

そしてこの7月(2007)、メキシコソテツは一気(いっき)成長(せいちょう)しました。

()びやかに、思う存分(ぞんぶん)

見事な、美しい成長でした

【20070716/00:55】




ネイチャー:メニュー


トップページ
Copyright (C) 知民 2006-today All Rights Reserved.