Slow Work System
Slow Work System              ネイチャー:メニュー
すいじがい


水字貝(すいじがい) サソリ貝
水字貝(すいじがい) 蠍貝(さそりがい)




2005年の(なつ)

(えん)あって、熊本県(くまもとけん)のとあるお(たく)(うかが)いました。


そこには玄関(げんかん)部屋(へや)のガラスケース、(たな)の上などに

それはもうたくさんの「(かい)」が(なら)べられていました。


私は。

それはもう感激(かんげき)して、並べられた貝をあれこれと手にとって見ながら

「すごい、すごい」と大騒(おおさわ)ぎ?しており、

(とく)にこれまで見たこともない「水字貝(すいじがい)」と「サソリ貝」にはことのほか興味(きょうみ)(しめ)し、

サソリ貝を手に()って(なが)めては「カッコイー!かっこいー!」と(さわ)いでいました。

その様子(ようす)を見ていたお(うち)の方が「持って(かえ)っていいよ」と、

水字貝とサソリ貝をくださいました。

「ほんとですか!!ありがとうがとうございます!!」大喜(おおよろこ)び。


(はなし)によると、この貝達(かいたち)のほとんどがこれまでの生活環境(せいかつかんきょう)の中で収集(しゅうしゅう)されたもので、

(みせ)購入(こうにゅう)したものではありませんでした。


以前(いぜん)その家の方が奄美大島(あまみおおしま)()んでいた(とき)に、奥様(おくさま)砂浜(すなはま)(ひろ)ったり

主人(しゅじん)(おき)で見つけたりしたもので、そのほとんどが「()」が(はい)っていた貝達(かいたち)でした。


それを(つち)の中に()めて中の身が(くさ)って土に(なが)れてしまうまでの数ヶ月(すうかげつ)

時々(ときどき)()()こして経過(けいか)を見ながら()つのだそうです。


それで。

身が(すべ)て流れ出たら(みず)(あら)って(かわ)かす。

そうするとこのように出来上(できあ)がる?とのこと。


それは(はじ)めて()いた(はなし)でした。


水字貝は漢字(かんじ)の「水」という字に()ていることからそのように()ばれているとのこと。

サソリ貝は。。。そのまんまですよネ!「蠍」の形なのでサソリ貝。

蠍座の私には、感激もひとしおの、サソリ貝との出会いでした。


大きさの比較の為に、下の写真を載せてみました。

ドラセナと水字貝&サソリ貝
一緒(いっしょ)(うつ)っている植物(しょくぶつ)は「DRACAENA(ドラセナ)自然界側(しぜんかいがわ)親友(しんゆう)です。


そして。

特別(とくべつ)な「宿(やど)り」を持っていたのが「水字貝」でした。


(いただ)いて(いえ)に帰る時から感じてはいたのですが、ものすごい「(いと)おしい」宿りがするのです。

「宿り」という表現(ひょうげん)は、私がよく使(つか)言葉(ことば)のひとつで「(いし)」にもこの表現(ひょうげん)をよく使います。

植物(しょくぶつ)だと「宿り」ではなく自然に“VIBRATION(バイブレーション)”という言い方をしているので、

その(あた)りは何か微妙(びみょう)な“感じ分け”をしているのだと思いますが...。


そんなふうに、貝や石には「宿り」を感じるワケです。

でもそれは人間の感情(かんじょう)が「転移(てんい)」したとか、そんな印象(いんしょう)ではありません。

人間の感情が「転移」された石なども(たし)かにありますがその場合(ばあい)は感じ方が(こと)なります。

それは石の個性(こせい)ではなく「人の感情」として感じられるので、

ここでも“感じ分け”があります。

さて。

その水字貝ですが、あまりに愛おしい宿りが継続(けいぞく)して(つづ)くので

しばらく(3週間(しゅうかん)ほど)枕元(まくらもと)()いて()ていたくらいです。

そのような「宿り」を感じる時には、情報交換(じょうほうこうかん)を行っている印象(いんしょう)があります。

交換と言うよりは、情報を(いただ)いているのかもしれませんね、一方的(いっぽうてき)に。


今は、サソリ貝と一緒に「Perfect(パーフェクト) Area(エリア)」に置かれています。


このことがあって1年後(ねんご)(なつ)


福岡県(ふくおかけん)にある『九州国立博物館(きゅうしゅうこくりつはくぶつかん)』へ行く機会(きかい)がありました。

何を展示(てんじ)しているとか()らずに、

ただ現地(げんち)の方に案内(あんない)されるままに(あし)(はこ)んだのですが、

行ってみると『2006年 真夏(まなつ)特別展(とくべつてん) (みなみ)の貝のものがたり』が開催(かいさい)されていました。

九州国立博物館(福岡)
※『九州国立博物館』は規模(きぼ)が大きいです。
興味(きょうみ)のある方は是非(ぜひ)一度(いちど)行ってみてください!


そこで見たオモシロいもの。

Shaman(シャーマン)
衣装(いしょう)

(※シャーマンとは精霊(せいれい)や自然界(自然神(しぜんしん))とのコミュニケーションを(とお)して
  呪術(じゅじゅつ)を行う魔術師(まじゅつし)のこと)


展示されていたのは中国(ちゅうごく)東北部(ほくとうぶ)から極東(きょくとう)ロシアにかけて移住(いじゅう)している

少数民族(しょうすうみんぞく)のシャーマンが使ったとされる衣装でした。


衣装の各箇所(かくかしょ)には

呪術性(じゅじゅつせい)を持つと言われる子安貝(こやすがい)(またはタカラガイ)が(やく)200()

()いつけられているとのことで、その存在感(そんざいかん)に目を()かれました。


シャーマンがわざわざそれを(えら)んで身にまとうくらいですから

子安貝に(かぎ)らず「貝」には貝特有(とくゆう)個性(こせい)(宿り)があると(かんが)えても不思議(ふしぎ)はないですよね。


そう言えば。。。


宮崎県内(みやざきけんない)某所(ぼうしょ)に貝が(まつ)られている神社(じんじゃ)があるのですが

その「宿り」も素晴(すば)らしいです。

ほっこりとした何とも表現(ひょうげん)しがたい“ぬくもり”を(はっ)しています。

この(とき)同行(どうこう)した友人(ゆうじん)も同じ印象(いんしょう)()けていました。


それと。。。


東京(とうきょう)()(ころ)

(よる)何度(なんど)(とお)くで「法螺貝(ほらがい)」を()(おと)がして

当時(とうじ)のパートナーにも「ほら、今、()こえない?法螺貝の音!」と

聞いてみたのですが何も聞こえない様子(ようす)でした。

その時期(じき)

幾晩(いくばん)か私にはハッキリと聞こえていたので不思議で仕方(しかた)なかったのですが...

その()の「貝」への(みちび)きを思えば、

もうこの時から(なん)かの“前兆(ぜんちょう)”を(あた)えられていたのかもしれませんネ。


それで。

この『水字貝』ですが、この時購入(こうにゅう)した資料(しりょう)によると火難防止(かさいぼうし)()よけの呪具(じゅぐ)として

南東一帯(なんとういったい)では現在(げんざい)でも軒先(のきさき)などに(つる)習慣(しゅうかん)があるそうです。


やっぱ、何かあるんでしょうね。


最後(さいご)に。


九州国立博物館(きゅうしゅうこくりつはくぶつかん)』から、

(ある)いてそのまま『太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)』へ行く(こと)ができます。

その道程(みちのり)で博物館の正面玄関(しょうめんげんかん)を出て(みぎ)へ行くと

AUTOWALK(オートウォーク)』のあるトンネルがあります。

そこの(ひかり)(いろ)がいろんな色に()わってとてもキレイですヨ!オススメです。

光のオートウォーク


この日はこのあと『太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)』へ行って

境内の桟橋 しっかりした門構え 本殿 境内の池


太宰府跡(だざいふあと)』へ行って

二日市(ふつかいち)温泉(おんせん)』へ行って温泉入って、食事(しょくじ)して(かえ)りました〜!

かつての風景が目に映る様.. 壮大な栄えの跡 柱の跡かな?
※太宰府跡ですが、この地に立つだけでかつての情景(じょうけい)が思い()かぶような壮大(そうだい)なエネルギーの
 名残(なごり)があります。大地(だいち)のエネルギーに()れるだけで十分(じゅうぶん)価値(かち)のある(ところ)です。




ネイチャー:メニュー


トップページ
Copyright (C) 知民 2006-today All Rights Reserved.