Slow Work System
Slow Work System              ネイチャー:メニュー
といみさき(といのみさき)

御崎馬(野生馬)     御崎馬(野生馬)


宮崎県(みやざきし)串間市(くしまし)


都井岬(といのみさき)は、宮崎市内から青島(あおしま)または宮崎空港(くうこう)方面へ向けて出発(しゅっぱつ)して、

途中(とちゅう)堀切峠(ほりきりとうげ)」を抜けてそのまま海岸(かいがん)道路(どうろ)を走り(つづ)けると、約2時間ほどで到着(とうちゃく)する。

道は、とても分かりやすい。

ずっと()()ぐではないけど、案内板(あんないばん)が分かりやすく出ているので、

それに沿()って運転(うんてん)すれば

(はじ)めての人でもほとんど(まよ)わずに行き()く事が出来ると思う。

途中
(とちゅう)
、「幸島(こうじま)」との分かれ道が出て来る。

「幸島」も、この近く(串間(くしま)市)なの。





それでは、しばらく都井岬までのドライブをお楽しみください!
あなたは左側(ひだりがわ)座席(ざせき)から、外を(なが)めています。
堀切峠(ほりきりとうげ)()けた直後(ちょくご)からおよそ2時間くらいの道程(みちのり)です♪
































右ボタンで画像(がぞう)が自動で入れ()わります。

左ボタンで停止(ていし)します。





到着(とうちゃく)しました!

都井岬観光ホテルも見えてきました。

都井岬観光ホテル


都井岬(といみさき)観光(かんこう)ホテル
http://www.toimisaki.co.jp/

2007年の7月にリニューアルオープンされました。    
最高の立地(りっち)で、ホテルの前は見事(みごと)景観(けいかん)ポイントです。






都井岬観光ホテル前〜都井岬灯台(とうだい)〜ソテツ自生地(じせいち)の順番でご(らん)下さい































右ボタンで画像(がぞう)が自動で入れ()わります。

左ボタンで停止(ていし)





都井岬(といみさき/といのみさき)

南九州(みなみきゅうしゅう)(さい)東南端(とうなんたん)の岬。




御崎馬(みさきうま)


日本在来馬(ざいらいば)で、今から2000年前の縄文(じょうもん)時代(じだい)後期(こうき)から弥生(やよい)時代中期(ちゅうき)にかけて

中国(ちゅうごく)大陸(たいりく)から導入(どうにゅう)されたのが起源(きげん)とされている。(パンフレットより)

たくましい野生馬(やせいば)たちです。





都井岬灯台(といみさきとうだい)


北緯(ほくい)  31度22分03秒

東経(とうけい) 131度20分45秒


高さ 地上から灯火(とうか)まで  10メートル

   水面上(すいめんじょう)から灯火(とうか)まで 255メートル


(はつ)点灯(てんとう) 昭和(しょうわ)4年12月22日

(都井岬灯台チケットに記載(きさい)





ソテツ自生地(そてつじせいち)


国指定(くにしてい)特別(とくべつ)天然記念物(てんねんきねんぶつ)

ソテツは種子(しゅし)植物(しょくぶつ)ソテツ()(ぞく)し、

(おも)
東南(とうなん)アジア・台湾(たいわん)(およ)

オーストラリアに多く分布(ぶんぷ)する亜熱帯性(あねったいせい)植物。

ソテツ()には数種類(すうしゅるい)あるが、

その中のソテツ一種(いっしゅ)だけが日本の南端(なんたん)(たっ)しており、

都井岬はソテツの自生地の北限(ほくげん)となっている。(案内板(あんないばん)より)





『ソテツ自生地(じせいち)』の敷地内(しきちない)にある「御崎(みさき)神社(じんじゃ)

    御崎神社入り口     参拝ポイント


()り立った斜面(しゃめん)に立つ、小さな御崎神社の社殿(しゃでん)までの道は(けわ)しくて(あぶ)なかった。

危険(きけん)です。(距離(きょり)はそんなにありません)

(もと)は道がしっかりとあったみたいですが、現在(げんざい)(2007)は所々(ところどころ)(くず)れていて、

足を(すべ)らせたら、そのまま(うみ)転落(てんらく)してしまうような(ところ)もあり、とても危険です。




都井岬(といみさき)灯台(とうだい)』の売店(ばいてん)()った「野生馬(やせいば)がまるごと()いたキーホルダー」

上から見てみよう   倒れた様子

なんで買ってしまったんだろう。。。

キーホルダーにしては。。(みょう)にリアルな()がまるごと()いてる。。

大きめだなぁ。。。





ネイチャー:メニュー


トップページ
Copyright (C) 知民 2006-today All Rights Reserved.