Slow Work System
Slow Work System              ネイチャー:メニュー
うめがはま:にちなんかいがんこくていこうえん


通称:ライオン岩


梅ヶ浜(日南海岸国定公園)/宮崎県




梅ヶ浜 このエリアは日南海岸国定公園


ドライブに最適の海岸沿い、日南海岸。

『ROUTE 220』は、だいたい青島から南下して行く国道で最高のドライブコースです。

晴れた日の景色は絶景です。

海の色も、空の色も、太陽の日差しも、調和されたその景色はあまりに美しく

「きれ〜〜〜い!!!!」と、声に出して感嘆せずにはいられません。

そんな時は心底、この道を走れる幸せに感謝感動を繰り返します。

何度見ても、何度訪れても飽きることはなく感動が薄れることもありません。

距離的には鵜戸神宮よりもう少し先で、

途中『油津港入り口』という青い道路案内版に沿って左折するとほどなく目の前に現れます。

(左折してすぐ右手に『祇園神社』という洞窟神社があります)

ライオンが口を開けている姿に似ていることから通称『ライオン岩』と言われているそうです。

でも。正式名称は他にあって地元の方に教えて頂いたのですが、

メモしてなくて忘れてしまいました〜〜!!(笑)

岩にかけられている綱は2006年の12月30日に地元の方達によってかけられたとのこと。

この岩の右側、下方に小さい石の仏像があるの、分かりますか?

この仏像にもちゃんと理由があって、

昔(100ほど前)ここから身投げをする芸者さんが後を絶たなかったそうなんです。

当時は岩まで桟橋がかかっており、岩まで渡れるようになっていて、

芸者さん達は着物の袖の袂に重い石を入れて、ここから海へ身を投げたのだそうです。

また、この湾に流れ込む二つの川の上流からの身投げもあり、

それらの遺体がこの湾に流れついたとのこと。

それで。

年齢で言えば現在(2007)120才くらいの世代の方が、

わざわざ他県から仏像を取り寄せてこの岩に祀ったというお話を、

この日地元の方から伺いました。

いろんな歴史があるのですね。


この辺一帯の浜を「梅が浜」と言います。

もう何度も何度も訪れていますが仏像にまつわるお話を知ったは初めてでした。


梅ヶ浜


下の石碑は『神武天皇(じんむてんの)』の文字が彫られており、

この石碑のことは70年以上ここで暮らしている地元の方にもわからないそうです。

ただ、子どもの頃からずっとあって、

道路の所に(現代の発展から取り残されたように?)放置されていたのを

この場所に移動して、こうしてお祀りしているとのことでした。

「なぜ神武天皇なんですか?この場所に縁があるんでしょうか?」とお(たず)ねしたところ

「オレにもわからんとよ〜、

子どものころからあったから随分昔からあったっちゃろうね(あったんだろうね)、

何かはわからんけど、こうして祀っちょっとよ(まつってるんだよ)」とのお返事でした(笑)

何かは分からないけど神武天皇と彫られているし、とにかく祀っておこう!みたいな

ROUGHな感覚がとてもCUTEで、人間の愛おしさを感じました!


「神武天皇」と彫られた石


他県よりお越しで運転好きの方は、

是非この日南海岸沿いのDRIVEを体験してみてください!

空の色によって海の色が変わるので、絶好なのはやっぱ「快晴」の日です。




ネイチャー:メニュー


トップページ
Copyright (C) 知民 2006-today All Rights Reserved.