Slow Work System
Slow Work System ワード・スペース
かまきり
死んだ仲間を見つめて動こうとしないカマキリ


2008年10月28日。

(みち)(ある)いていたら。

ある光景(こうけい)が目に入った。

()んだ仲間(なかま)をじっと見つめたまま(すこ)しも(うご)こうとしないカマキリの姿(すがた)


すごく。()になった。


(おも)わずケイタイを()り出し、その姿をカメラに(おさ)めた。

ケイタイだったからかなり近くまで近寄(ちかよ)って、

この時ケイタイとカマキリの距離(きょり)は10センチくらいだったけど。

カマキリは仲間を見つめたまま。

ほんの少しも動こうとしない。

私(人間(にんげん))を気にも()めていない。

このカマキリにとって今この世界(せかい)では

周囲(しゅうい)のどんな環境(かんきょう)よりも仲間が大事(だいじ)らしい。


その姿が気になって仕方(しかた)がなかった。


(ほか)昆虫(こんちゅう)なら。

そんなには気にならなかったかもしれないし。

他の昆虫なら。

こお様子(ようす)はあり()ない光景だとも思う。


日頃(ひごろ)から。カマキリは特別(とくべつ)だと(かん)じている。

普段(ふだん)、道ばたにカマキリを見かけて自然(しぜん)意識(いしき)()けると。

カマキリはこちら(人間)の意識をキャッチして

わざわざ(くび)をぐるりと向けて じっと相手(あいて)の「(かお)」を見る。

昆虫(こんちゅう)の中でこれほどあからさまに人間を意識するのはカマキリだけ。

「顔」を見るのは

人間の意識がそこから(はっ)されているからで、

カマキリはしっかりとその部位(ぶい)に顔を向ける。

人間を「全体(ぜんたい)」で(とら)えず、各部位(かくぶい)焦点(しょうてん)をあてて(するど)反応(はんのう)する。


つまりカマキリは。

他の昆虫とは(あき)らかに“(なに)かが”(ちが)う。


そんなカマキリが。

10センチの距離(きょり)にケイタイ(人間)の存在(そんざい)(せま)っているのに

微塵(みじん)も気に()めず、()じろぎもせずに()んだ仲間(なかま)を見つめている。


その姿(すがた)が。

気になって仕方(しかた)がなかった。


「どうした?」と。

思わず声に出して()いかけたけど。

同時(どうじ)に。

このカマキリには どんな(はたら)きかけも無意味(むいみ)だと(さと)った。

()()せてレイキを(おく)りたい気持(きも)ちになったけど。

カマキリのプロセスに手出ししてはいけないと感じた。

せめてそっと見守(みまも)りたい気持ちだったけど。

その時は時間(じかん)にゆとりがなくて、

気になりながら その()を立ち()った。


仲間の死骸(しがい)から

情報(じょうほう)(あつ)めていたのかなぁ..とも(かんが)えた。

霊能力者(れいのうりょくしゃ)などは。

その現場(げんば)に、見た目には何もなくても。

相手(あいて)死者(ししゃ)でも生きていても。

その場に転写(てんしゃ)された情報を()()ることが出来(でき)るでしょう?

そんなふうに情報を受け取っているのかなぁ..とか思いながら..。

..でも、わからない。


それとも。

伴侶(はんりょ)だったのかな。


カマキリにとっての理由(りゆう)事情(じじょう)もわからないけど。

この日の光景(こうけい)には。

日常(にちじょう)とは違う、一種独特(いっしゅどくとく)空気(くうき)異世界感(いせかいかん)を感じた。


そして。


その、

仲間をじっと見つめるカマキリが 気になって仕方がなかった。


とにかく


“何かが”


普段(ふだん)(どお)り」じゃなかった。


【20081102/17:49】







ワード:メニュー


トップページ
Copyright (C) 知民 2006-today All Rights Reserved.