Slow Work System
Slow Work System ワード・スペース
きいろいちょうちょ
昨日(きのう)、12日は(あさ)から(にわ)のガラクタ整理(せいり)をした。

使(つか)わなくなった植木鉢(うえきばち)がたくさん()まっていたし、

(もっと)作業率(さぎょうりつ)(たか)いゾーンだったので、まずは一気(いっき)処分(しょぶん)してしまおうと思って。

()やせるごみと燃やせないごみにより分けたりして、ごそごそと作業をしていたら。

潜在意識下レベルで気配(けはい)がして、気付(きづ)いたら左肩(ひだりかた)(かお)()けていた。

あれ?

左肩に黄色(きいろ)蝶々(ちょうちょ)がとまっている。

「左肩」と表現(ひょうげん)したけど、正確(せいかく)には肩前面(かたぜんめん)(すこ)心臓(しんぞう)よりのところ。

思わず(わら)って「ここにとまったの?(笑)」と(こえ)をかける。

どう...しよっかなぁ。

このまま作業(つづ)ける?

(ちょう)が自分から()んでくまで()とうか...。

けど、今日出せるゴミ出しは今朝(こんちょう)のうちに()わらせたい。

だから。

蝶を(おど)かさないようにゆっくりと作業を続けた。

蝶は少しも(うご)く「つもり」がない。

どうしてここにとまっちゃったかなぁ(笑)

そんなふうに、(たの)しい(おも)いをしながらガラクタ整理(せいり)をした。

蝶は。

とまったまま。




あぁ。

レイキかなぁ?(笑)

(ちょう)がわざわざ私にとまるのなら、

どんな理由(りゆう)かはしらないけどレイキが必要(ひつよう)なのかもしれない。

「いいよ、()ってって(笑顔(えがお))」

身体(からだ)から直接(ちょくせつ)蝶にレイキが(なが)れるよう意識(いしき)して、蝶が()きに持っていけるようにした。

今日は黄色い蝶々とガラクタ整理♪

朝から(たの)しくて(うれ)しいなぁ♪

分別(ぶんべつ)()えた(ぶん)を、ごみの収集場所(しゅうしゅう)(はこ)(ため)(ある)く。蝶は一緒(いっしょ)(笑)

(みち)に出る直前(ちょくぜん)黄色(きいろ)蝶々(ちょうちょ)はひらひらと()い上がった。

「もういいの?(笑顔)」蝶を目で()いながらニコニコと見送(みおく)る。

それから。

その日にゴミに出せる分のガラクタを処理(しょり)して。

蝶のことはスッカリ(わす)れながら、()(つづ)きガラクタ整理に集中(しゅうちゅう)した。

しばらくして。

ゴミ(ぶくろ)()りに(いえ)の中に入って出てきたら、

さっきの蝶々(ちょうちょ)が目の(まえ)()んできてアプローチ。

あれ?ここ((にわ))にいたの?(笑顔(えがお)

そっかぁ、ここにいるんだね(笑顔)

そんなふうに(こえ)をかけて作業(さぎょう)(もど)り、

蝶のことはスッカリ忘れながら、引き続きガラクタ整理に集中した。

それからしばらくして。

家の中に入ってお(ひる)休憩(きゅうけい)をとった。

ゆっくり(やす)んでから、(ふたた)び作業を再開(さいかい)する(ため)(そと)に出たら。

また、(おな)じ黄色い蝶々が目の前に飛んできてアプローチ。

思わず笑顔で「そっかぁ...今日はここで(あそ)んでるんだね♪」と(こえ)をかける。

アプローチを終えた蝶はひらひらと(にわ)()いながら高いところまで飛んでいく。

庭の中から出ようとしない。

「今日はここが遊び()なんだぁ(笑)」

ニコニコしながらしばらく黄色い蝶々が舞うのを(なが)めて、また作業に(もど)った。

何かの“(きざ)し”が黄色い蝶々を使(つか)わした(よう)だ。

蝶々の領域(りょういき)は...フェアリーだな..。

蝶々が舞うのは妖精(ようせい)の領域。

メルヘンチックな心持(こころも)ちでこんな表現(ひょうげん)してるんじゃないですよっ(笑)

蝶々の意識(いしき)は、微細(びさい)羽音(はおと)のレベル。

微細だけど、(よわ)くはない。


*****************************************

そう言えば....。

THE BUTTERFLY EFFECT(バタフライ・エフェクト)』という映画(えいが)をご(ぞん)じですか?

2005年に日本で公開(こうかい)されたアメリカ映画です。

【バタフライ・エフェクト】というのは、

「ある場所(ばしょ)(ちょう)()ばたくと、

 地球(ちきゅう)反対側(はんたいがわ)竜巻(たつまき)()こる」という(たと)えで(あらわ)される現象(げんしょう)で、

意味(いみ)は、

初期条件(しょきじょうけん)のわずかな(ちが)いが将来(しょうらい)結果(けっか)に大きな()()み出す”という

〈カオス〉理論(りろん)というものなのだとか。

(『バタフライ・エフェクト』オフィシャル・サイトより)

THE BUTTERFLY EFFECT(バタフライ・エフェクト)』は、

この理論をテーマにつくられたストーリーです。

『バタフライ・エフェクト』のサイトへ

*****************************************


(ちょう)との交流(こうりゅう)はこれが(はじ)めてではない。

数年前(すうねんまえ)、道ばたに少し(はね)(やぶ)れて(よこ)たわっている蝶々(ちょうちょ)を見つけて。

意識(いしき)が生きる(ほう)()いてる印象(いんしょう)がしたので、「寿命(じゅみょう)」ではないと思い、

(ひだり)()のひらに蝶々をのせて右手(みぎて)でレイキを(おく)った(こと)がある。

蝶はほどなくして、破れた羽でひらひらと()い上がり()んでいった。



もうひとつ、(べつ)(はなし)がある。

これも、もう随分前(ずいぶんまえ)の話。

花壇(かだん)手入(てい)れをしていた(とき)、私の(まわ)りをひらひらと舞っている蝶々がいたので、

「あ。こんにち()♪(笑顔(えがお))」と(こえ)をかけながら、

蝶々に意識(いしき)()わせられるかどうか実験(じっけん)をしてみた。

コミュニケーションは言葉(ことば)のない領域(りょういき)進行(しんこう)するので、言葉による説明(せつめい)困難(こんなん)だけど、

瞬間(しゅんかん)、“つながった”と(かん)じた。

全体(ぜんたい)幸福感(こうふくかん)がして。

大きな笑顔にならずにはいられない。

蝶が私を“()って”いるという印象(いんしょう)()けた。

その日、花壇の手入れを()えるまで、蝶は(ちか)くで(あそ)んでいた。

この日の作業(さぎょう)友達(ともだち)一緒(いっしょ)みたいで、とても(たの)しかった。

ひと(とお)り作業を終えたので「じゃあね、中に入るね♪」と(こえ)をかけて室内(しつない)(もど)る。

それからしばらくして。

用事(ようじ)のために玄関(げんかん)を出た瞬間、同じ蝶が目の前にスゥ〜と飛んできてアプローチ。

その(とき)はとてもビックリして。

そして(うれ)しくて。

()ってたの?」と笑顔(えがお)で声をかけた。

「ありがとう(笑顔)出かけて来るね♪」そう言いながらその場を()った。

でも。

それでは終わらなかった。

用事(ようじ)を終えて戻った時には、蝶の姿(すがた)は見えなかった。

それで、蝶のことは(わす)れて()ごしていた。

あれは午後(ごご)4時(ごろ)だっただろうか..。

(そと)()()けた姿勢(しせい)で、窓際(まどぎわ)にいた(とき)

こちらに何かの「意識」が向けられている気配(けはい)を感じて思わず()(かえ)り窓の外を見た。

蝶々だった。

(くろ)にブルーの模様(もよう)の羽をつけた、(うつく)しい蝶々。

意識で識別(しきべつ)出来る。同じ蝶々だ。

地面(じめん)接地(せっち)して、(かお)をこちらに向けていた。

ちなみにこの時、その場所には(広範囲(こうはんい)におよび)蝶々以外(いがい)存在(そんざい)はなかった。

この時の経験(けいけん)体験(たいけん))で。

蝶々は意識レベルで人間(にんげん)認識(にんしき)出来るのだと知った。

(ちが)表現(ひょうげん)をすれば、潜在意識下(せんざいいしきか)交流(こうりゅう)可能(かのう)なのだ。

この時の蝶との交流が、より一層(いっそう)私と自然界(しぜんかい)距離(きょり)近付(ちかづ)けたのは明白(めいはく)だった。

そしてこの蝶々は。

翌朝(よくちょう)も、朝一番(あさいちばん)で私の目の前に飛んできた。

その()姿(すがた)を見なかったけど。

元々(もともと)蝶の寿命(じゅみょう)(みじか)いので、いつ出会(であ)ったとしても交流は短い(あいだ)

でも、蝶の意識の伝達(でんたつ)には

一瞬(いっしゅん)にして全世界(ぜんせかい)の蝶と情報(じょうほう)(とも)にするほどの(はや)さを感じるので、

寿命が短い事も、羽音(はおと)微細(びさい)でも“(よわ)くはない”ことも自然(しぜん)理解(りかい)できる。



おそらく。

私の、全部(ぜんぶ)手放(てばな)して(すべ)てに心を(ひら)いた本物(ほんもの)笑顔(えがお)

(もっと)もよく知っているのは「自然界」だと思う。

本物の笑顔は「わざと」は出来ない。

気が付いたら。

思わず。

笑っている。

笑顔(幸福(こうふく))になるとき、またはそれを感じている時、

ほとんどの場合(ばあい)、私の前には木々(きぎ)草花(くさばな)や、生き物たちがいる。

人間を対象(たいしょう)とした意味(いみ)で、

「人はひとりでは(わら)えない」という言い(かた)何度(なんど)(みみ)にした事があるけど。

少なくとも私には()てはまらない。

植物達(しょくぶつたち)波動(はどう)(つう)じ合った時、

あの、何とも表現(ひょうげん)しがたい(おだ)やかで(やさ)しく(あたた)かい幸福感(こうふくかん)は、

私の中から、大きな笑顔を思いきり()き出してくれる。

私はいつのまにか、知らずに笑っている。

幸福のバイブレーションが、(おの)ずと周囲(しゅうい)相手(あいて)恩恵(おんけい)(あた)えるとしたら。

私の感じる幸福の恩恵を最も多く(さず)かっているのは自然界だろう。

でもその幸福は。

自然界からもたらされている。

生き物たちの(あい)らしい様子(ようす)草木(くさき)()れる様子が楽しくて声をあげて笑う事もよくある。

声を上げて笑うというのも、ゲラゲラ笑うとかじゃなくてネ☆

あんまり楽しくて(うれ)しくて気が付いたら思わず声をあげて笑ってるの。


クレイジー?(笑)


けど、私にはその方が当たり前で自然なことだと感じる。

そして(さいわ)いな事に、一度(いちど)自然界との(たし)かな信頼関係(しんらいかんけい)(きづな))が(むす)ばれると、

どこで()らしても、その(つな)がりの()えることはない。


黄色(きいろ)蝶々(ちょうちょ)(はこ)んできた“(きざ)し”が、

この世(物理(ぶつり)レベル)に反映(はんえい)されるのが楽しみだ。

でもそのメッセージは、これから何かが起こるかもしれないという可能性(かのうせい)(しるし)ではなくて。

もう(すで)未来(みらい)で何かが「成立(せいりつ)」した知らせなのだ。


【20081113/21:23満月(まんげつ)







ワード:メニュー


トップページ
Copyright (C) 知民 2006-today All Rights Reserved.