Slow Work System
Slow Work System ワード・スペース
くろかみ
(かみ)()めてるんですか?」

あれ、20(だい)前半(ぜんはん)だったかなぁ。。。美容師(びようし)()かれた。

最初(さいしょ)意味(いみ)が分からなくて。

「いえ..?..()めてないです..?」って。

その(とき)(はじ)めて、黒髪(くろかみ)をよりより黒くする(ため)にわざと染める人がいる(こと)を知った。

美容師は、私の髪があまりに黒いので。

“その”「わざと()めてる人」かと思ったらしい。

生粋(きっすい)(かみ)の色だと知った美容師(びようし)が少し(おどろ)いて、ここまで黒いのはとても(めずら)しいと言った。

だから。

()めてるのかと思ったって。


数年前(すうねんまえ)学童保育(がくどうほいく)仕事(しごと)をしている(ころ)

何人(なんにん)かの子どもに「先生(せんせい)(かみ)、なんでそんなに(くろ)いの?」と()かれた。

「黒いって..日本人の髪はだいたい黒だけど(笑)」

なんでと聞かれても...と言葉(ことば)につまり、そんなふうに(こた)えたけど。

でも、そういうことじゃなかった(笑)

それに。

子ども(たち)やその家族(かぞく)黒髪(くろかみ)がいないわけじゃなくて。

だから。

今時(いまどき)()めてないのが(めずら)しいという理由(りゆう)で聞かれたのでもなかった。

子どもは人の髪をいじるのが好きなので、私の髪はよく観察(かんさつ)されていた。

ある(とき)

「ねぇ、先生の髪、黒すぎて(あお)く見える」と言われ、

それを聞いた(ほか)の子ども(たち)がわらわらと近付(ちかづ)いて来て、

「ほんとだ!先生の(かみ)、青いよ!」と髪を観察(かんさつ)しながら言いはじめた。

「青い..?..かなぁぁ(笑)」

その日。

家に(かえ)って(かがみ)(のぞ)()んだけど、自分には特別(とくべつ)黒いようにも青いようにも見えない。

部屋(へや)電球(でんきゅう)(ひかり)()たれば、茶色(ちゃいろ)くさえ見える。

「そこまで黒いかなぁ...?」

黒髪(くろかみ)()まれた日本人(にほんじん)が髪を()めなければ、みんな普通(ふつう)に黒いんじゃなくて?

自分ではどんなふうに見ても、人から言われるような黒さには見えなくて困惑(こんわく)した。


ある時は。

友人(ゆうじん)(よこ)(とお)()ぎた瞬間(しゅんかん)

「ぅわっ!知民(ちみん)の髪、()っっ黒だね!」と(おどろ)いて言われた。


そして先週(せんしゅう)

もう何度(なんど)(かよ)っているのに。

担当(たんとう)美容師(びようし)に「ほんっっとに(くろ)(かみ)ですよね〜」と(あらた)めて感心(かんしん)するように言われた。


どうやら私は。

かなりの()っ黒髪らしい。


(むかし)は。

(かる)(かん)じに(あこが)れたりして茶色(ちゃいろ)()めた(こと)もある。

どれだけ時間(じかん)をかけてもなかなか染まらない髪に、美容師は(こま)っていた。

気分(きぶん)()えたくてパーマをかけてみたりもした。

何度(なんど)確認(かくにん)しに来ても(かた)がついていない髪に、美容師は(こま)っていた。

染まらない、型がつきにくい、なのにくせっ()で(笑)

美容師(びようし)()かせの強情(ごうじょう)黒髪(くろかみ)


でも。

26(さい)くらいだったか。。もっとあとだったか。。

ある時ふと「もう、()めたりパーマかけたりするのやめよう」と、

特別(とくべつ)理由(りゆう)もなく(おも)って。

それ以来(いらい)天然髪(てんねんがみ)(たも)っている。

()ち前のめんどくさがり気質(きしつ)により、真冬以外(まふゆいがい)はドライヤーも使(つか)わなかったから。

かなり天然率(てんねんりつ)(たか)(たも)って来た。

そんな私に担当(たんとう)の美容師が、

仕事柄(しごとがら)()めたら(かん)()わりますよ?とか、パーマを(すす)めたりするものだけど、

 知民さんには、何もしないでくださいと言います」と言う(笑)


(たし)かに私は。

子どもの(ころ)から、()まれたままの髪の(いろ)()()っていた。

とても黒いと思っていたからじゃなくて(自分では分からないから)、

ただ単純(たんじゅん)に、黒髪(くろかみ)に生まれた事が()きだった。

だけど思春期(ししゅんき)になると茶系(ちゃけい)(やわ)らかい髪質(かみしつ)の人を見て(あこが)れた。

いいなぁ。。茶色(ちゃいろ)くて(ほそ)くて柔らかくてサラサラで。


でもその時期(じき)通過(つうか)したら。

また黒髪を好きだった自分に(もど)った。

今はもう、自分の髪の色は黒髪以外(いがい)には(かんが)えられない。


私と黒髪は。

(えん)(ふか)いのだね、きっと。

だってね、これまで人から黒髪の事を言われない(とし)一度(いちど)もない。

(ねん)数回(すうかい)(かなら)ず「わざわざ」髪の黒さを指摘(してき)される。




性格(せいかく)気質(きしつ)にも影響(えいきょう)してるのかなぁ。。★!


もっと年をとって。

(しろ)(かみ)()えて来たら。

今度(こんど)は「髪が、(いん)(よう)(あらわ)していますね」とか「ハッキリとした白黒(しろくろ)ですね」とか

言われるようになるのかな(笑)

それまでは。

この黒髪をこよなく(あい)大切(たいせつ)にしよう。



私は。

()黒髪(くろかみ)のレイキヒーラー。


【20080524/22:06】







ワード:メニュー


トップページ
Copyright (C) 知民 2006-today All Rights Reserved.