Slow Work System
Slow Work System ワード・スペース
にがつの、さいごのしゅうですね
先週(せんしゅう)(みち)(ある)いていたら。

かつて児童(じどう)クラブで(とも)()ごした学童(がくどう)さんとすれ(ちが)った。

最初(さいしょ)彼女(かのじょ)とは(まった)気付(きづ)かずに、すれ違いざまの挨拶(あいさつ)をする(ため)(かお)()て...彼女もこちらを見て。

「こんにちは」と()わし()いながら...。

「......あー!」とお(たが)いに(こえ)()げて気付(きづ)き合った。

当時(とうじ)小学(しょうがく)1年生(いちねんせい)から2年生まで学童保育(がくどうほいく)でおつき合いのあった彼女も、今はもう6年生。

子ども(たち)はどんどん成長(せいちょう)して大人顔(おとながお)になるので、ただすれ違っただけではもう気付けない(笑)

挨拶(あいさつ)をする(ため)に見つめ合ってようやく、(たが)いの記憶(きおく)(つな)がった。


彼女との(おも)()(おお)い。

担当(たんとう)エリアの小学校は2校で、放課後(ほうかご)所定(しょてい)場所(ばしょ)(あつ)まった児童(じどう)(むか)えに行くのが日課(にっか)だった。

ある(とき)

小学校の中庭(なかにわ)()っていた彼女に、(くつ)ひもがほどけたから(むす)んでほしいと(たの)まれた。

靴ひもはもちろん、みんな自分で結べる。

それは本人(ほんにん)()かりきっている(こと)なので、この時の彼女の意図(いと)が私には分からなかった。

なぜ、自分では結ばないのか。

それで。

(くつ)ひもは自分で結んだほうがいいよ。自分で出来(でき)る事は自分でするんだよ?」言うと、

彼女は(おこ)りながらしょんぼりするような表情(ひょじょう)になった。

“怒りながら”と言っても、私に(たい)して怒ったのではなくて、

自分ではどうにもならない事情(じじょう)への反応(はんのう)、という印象(いんしょう)だった。

そしてその(あと)すぐに。

「自分で結んだらイイコトにならん。知民先生が結んだらイイコトになる」

と、少しうつむき加減(かげん)で言った。

あぁ..そういう事だったのか...。

彼女の事情を理解(りかい)した私は、彼女の靴ひもを結んだ。

気持(きも)ちの問題(もんだい)?わかってる。

でもその、「気持ちの問題」が本人にいかに現実的(げんじつてき)影響(えいきょう)(あた)えるか、その事を重視(じゅうし)したい。

(すく)なくとも彼女はこの時、「イイコトになる」と(しん)身近(みじか)未来(みらい)について安心(あんしん)する事が出来たのだから。

そんなふうに。

(だれ)かにとっての安心の「道具(どうぐ)」になれた瞬間(しゅんかん)を、今思い出しても(こころ)感謝(かんしゃ)()たされる。

どうでもない日常(にちじょう)のひとコマには(つね)魔法(まほう)の瞬間が()()まれていて、

誰かにとっての肯定的(こうていてき)な「道具」になれるチャンスは、(すべ)ての人に平等(びょうどう)(あた)えられている。

そして彼女は、そのチャンスをくれた「(てん)使(つか)い」だった。


彼女は当時(とうじ)

私の()()を、あからさまにことごとく真似(まね)て描いていて(笑)

けど、(あき)らかに彼女の作品(さくひん)(ほう)見事(みごと)で。

う...やっぱ、子どもの描く絵にはかなわないなぁ..と、()けを(みと)める毎日(まいにち)だったり(ニコリ☆)。


1人で(かよ)わなければいけない(なら)(ごと)初日(しょにち)、どうしても1人で行く事が出来なくて。

最初(さいしょ)一緒(いっしょ)(ある)いたけど、そのうち1人で行けるようになった。

最初はそれでいい。

大人(おとな)依存(いぞん)させる気持(きも)ちがなければ、子ども(たち)(おの)ずと卒業(そつぎょう)して行ける。

日常(にちじょう)の、(ちい)さな出来事(できごと)の「卒業」の連続(れんぞく)で、自信(じしん)を積み重ねて行く。

大人だって、「最初」は(こわ)いでしょ?

男でも女でも、年齢がいくつでも、不安や恐れにかられる時は当たり前にある。

自分が恐れている事を自覚(じかく)した方が、問題解決(もんだいかいけつ)がはやいことも(わり)に?多いしね。


もうひとつ、彼女との思い出。

ある時。

小学校から参観日(さんかんび)のフリープランのお(さそ)いがあった。

参観を保護者(ほごしゃ)限定(げんてい)せず地域(ちいき)人達(ひとたち)により多く参加(さんか)してほしいという(こころ)みで、

せっかくなので行ってみよっかな...と思って小学校の参観日に(あし)(はこ)んだ。

どのクラスに行こうかと少し(かんが)えて、日頃(ひごろ)から(かか)わっている児童(じどう)(もっと)(おお)いクラスに入った。


「あ!...知民先生が来てる」


いつもと(ちが)う参観日に、子ども達のアンテナが反応(はんのう)してテンションが上がっている(笑)

「あれ?先生、?どうしたんですか?」と、保護者(ほごしゃ)(かた)(こえ)をかけられたりしながら。

(はじ)めての授業参観(じゅぎょうさんかん)

すると。

工作(こうさく)途中(とちゅう)、「それでは、お(とう)さんお(かあ)さんはお子さんの(そば)一緒(いっしょ)(つく)ってあげてくいださい」と、

担任(たんにん)の先生から(こえ)がかかった。

それぞれが自分の子どもの(せき)移動(いどう)する。

タイミングとは。

絶妙(ぜつみょう)なものだ。

彼女のご両親(りょうしん)が((とも)仕事(しごと)で)お(やす)みだった。

事情を(さっ)してすぐに彼女の(せき)(よこ)に行って(となり)にしゃがんだ。

両親が来ていなかった彼女の不安顔(ふあんがお)が、一気(いっき)笑顔(えがお)()わった。

こういうタイミング(役目(やくめ))だったのかぁ...と自覚(じかく)しながら、彼女と(とも)に工作をした。

“先生、行かないでね、()わるまで(そば)にいてね”

すがるような彼女の思いが波動(はどう)(つた)わる。

背中(せなか)に手をあてて、「大丈夫(だいじょうぶ)、ちゃんと傍にいるからね」と伝えた。


その年のクリスマスイブに、彼女からクリスマスプレゼントをもらった。

スポンサーはもちろんお母様(かあさま)で、

(むか)えにいらっしゃった時に彼女が(えら)んだものだと、お母様から(いただ)いた。

それは、たたみ()んで小さくなるタイプの“エコバッグ”だった。

後日(ごじつ)彼女から「先生、あのバッグ一生(いっしょう)使(つか)ってね!」と言われた(笑)

一生使うには....毎日(まいにち)は使えない。

(やす)み休み少しずつ使わないとボロボロになってしまうから。

彼女の希望(きぼう)(かな)えるべく、そのエコバッグは「一生」()つように加減(かげん)して使う..というより、

保管(ほかん)している。


*************************************************************

児童(じどう)クラブを退職(たいしょく)する(さい)には彼女のお母様からお手紙(てがみ)を頂き、とても(あたた)かい言葉(ことば)をかけて頂いた。

文末(ぶんまつ)には“また(かなら)ずお()いできると(しん)じています”と(つづ)られており、

お母様のその思いに、感謝(かんしゃ)()えなかった。

*************************************************************


そして彼女は。

今年の4月には中学生(ちゅうがくせい)になるのだ。

なんてこと!中学生!?

彼女は小学生から中学生になる。

(おな)じ月日が経()ったのに、私には何学生(なにがくせい)という変化(へんか)はなく、ただのなんでもない大人。

でも。

社会(しゃかい)に出てからの時代(じだい)にも。

何かの区切(くぎ)(ごと)に、ひとつひとつ学生名(がくせいめい)をつけてみると面白(おもしろ)いかもしれないと(かんが)える。

そうすると今の私は何学生かなぁ...迷学生(めいがくせい)

....いや、もう少しマシな名前がいいな。

()ながら考えよっ。

じゃ、オヤスミナサイ。


【20090222/23:50】







ワード:メニュー


トップページ
Copyright (C) 知民 2006-today All Rights Reserved.