Slow Work System
Slow Work System ワード・スペース
にほんしゅ
日本酒が()きなんです。

辛口(からくち)丁寧(ていねい)(あじ)のする、水の(きよ)いもの。

(ざつ)なのはだめ。

すぐに頭痛(ずつう)がするから。

甘口(あまくち)もだめ。

(すこ)()んで(いや)になる。

甘いのは()めない。

あ。でも、それはお(さけ)(かか)わらずどれもダメかも。

甘い飲み(もの)年間(ねんかん)(とお)しても数回(すうかい)飲む程度(ていど)特別(とくべつ)(からだ)(ほっ)した(とき)だけ。

年に数回、特に飲みたくなる時もあるからね。

果汁(かじゅう)100%とかでもね、ダメなの。

甘くて飲めない。

飲み物は特にね、もう随分(ずいぶん)(むかし)から甘いのはダメ。

あとね、炭酸類(たんさんるい)のもかなり飲まない。

年に数回、特別に体が欲する時だけ。

年に数回、特に飲みたくなる時もあるからね。



レイキヒーラーの方で。

お酒を飲む人はかなり少ないと思います。

アルコールの影響(えいきょう)を体で直接(ちょくせつ)(かん)じる(はず)ですから、

「飲まない」のではなくて「飲めない」になるんですよ、自然(しぜん)に。

浄化(じょうか)(すす)めば進むほど。

私はね、日本酒だけは大丈夫(だいじょうぶ)なの。

あぁ、でも。

相手(あいて)(のぞ)んでいる時に()()いでワインなら飲む(こと)もあるけどね。

基本(きほん)は。

日本酒だけ大丈夫なの。

(むかし)親戚(しんせき)がたくさん(あつ)まる行事(ぎょうじ)でね、飲み物を注文(ちゅうもん)するのに

「ビールが飲めない人、()()げてくださ〜い!」って、言われたの。

だいたい最初(さいしょ)はみんなビールでしょ?

で。

「はいっ!」て元気(げんき)に手を挙げたのね、それで、

何にするかを言う順番(じゅんばん)が来たから「日本酒!」って言ったら。

一瞬(いっしゅん)全体(ぜんたい)微妙(びみょう)奇妙(きみょう)な空気が発生(はっせい)した。

その時。

多分(たぶん)(よこ)にいた(あね)だったと思うんだけど。

「あのね、普通(ふつう)“ビール()めない人”は

ウーロン(ちゃ)とかジュースとか言うとよ?(言うんだよ?)」

と、言われた。

そうかぁぁ..()らなかった。


どうして日本酒(にほんしゅ)ならいいのか自分でも分からない。

それに。

日常的(にちじょうてき)によく飲むというわけでもない。

で。

その、日本酒(にほんしゅ)なんですけど。

(たん)に「アルコールが摂取(せっしゅ)したい」わけでもなさそうなんですよ。

日本酒が()ければアルコール()()まなくてぜんぜん大丈夫(だいじょうぶ)だし、

というより(とく)に飲みたいとも思わない。

ビールとか本当(ほんとう)にダメですね、体がくずれる印象(いんしょう)がする。

()き・不向(ふむ)きもあるのだと思います)

(むかし)は飲んでたけど、

レイキの実践(じっせん)(つづ)けるうちに自然(しぜん)にいらなくなってきて、

(さら)体内波動(たいないはどう)安定(あんてい)したエリアに位置(いち)するようになってからは、

ほとんど「飲めない」になった。

でも。

(ただ)しさ」で言うところの

「アルコールがいけない」っていうふうには(とら)えてはいないです。

レイキの実践者(じっせんしゃ)でも、霊的(れいてき)な意味で体内センサーの感じ方が敏感(びんかん)な方は

お酒を飲むことで(するど)繊細(せんさい)状態(じょうたい)緩和(かんわ)させる((にぶ)らせる)ことができるので

時々お酒を飲むことが肯定的(こうていてき)なストレスの解消(かいしょう)になることが大いにあります。


私は。

多分(たぶん)、日本酒そのものが()きなんです。

だから、日本酒を飲む時は日本酒を「(たの)しむ」(ため)です。

丁寧(ていねい)(つく)られた清涼(せいりょう)な日本酒には、それそのものを愉しむだけの価値(かち)がある。

(りょう)はね、そんなには()まないです。

それと。

いつも日本酒だけでは飲まないの。

(かなら)ずセットでウーロン茶を(たの)むから。

それを(めずら)しく思う人もたくさんいたけど、

(むかし) ある寿司屋(すしや)の「大将(たいしょう)」には()められた(笑)

「その飲み(かた)はいいよ、本来(ほんらい)はそういう飲み方が一番(いちばん)いいんだよ」って。

いくら日本酒が好きと言っても、

水分(すいぶん)が日本酒だけという食事(しょくじ)はキツい?んですよね、きっと。

度数(どすう)(たか)いし。

だから必ずウーロン茶を頼んでる。

(した)しい人達(ひとたち)はその頼み方にもう()れてしまって「知民(ちみん)常識(じょうしき)」になってる。


特別(とくべつ)(とき)に、美味(おい)しい食事と美味しい日本酒を(たの)しむこの()での人生(じんせい)(ひと)コマを、

私はとても(うれ)しく思い、そんな日はとても(たの)しみなんですよね。

人や自分の誕生日(たんじょうび)などのお(いわ)(ごと)とか、

美味しい食事や会話(かいわ)を楽しむ事が目的(もくてき)の日とか。

丁寧(ていねい)(つく)られた日本酒には美学(びがく)があり、その美しさが日本酒の神髄(しんずい)

********

最後(さいご)に。

こんな(ほん)()ってるよ!

『日本酒 百味百題』

『日本酒 百味百題(ひゃくみひゃくだい)監修(かんしゅう)小泉(こいずみ)武雄(たけお)柴田書店(しばたしょてん)


そしてね、この本、まだ1ページも()んでないの。

勉強(べんきょう)しようと(おも)ったんだけど、(なが)いこと本棚(ほんだな)(なら)んでるだけ。

持ってたら満足(まんぞく)なのかもね(笑)


【20091008/22:00】



追記:2011年3月以来、日本酒をはじめ、お酒は飲まなくなりました。(2012年2月)







ワード:メニュー


トップページ
Copyright (C) 知民 2006-today All Rights Reserved.