Slow Work System
Slow Work System ワード・スペース
セイム・ミステイク...アゲイン?
失敗(しっぱい)」の(あと)

私たちはリスクを背負(せお)う。

リスクの名前(なまえ)は「(おそ)れ」。

失敗した経験(けいけん)(うし)(だて)になって、(あたら)しいチャレンジが(こわ)くなる。



間違(まちが)い」を(おか)した(あと)

私たちはリスクを背負(せお)う。

リスクの名前は「不安(ふあん)」。

また。

(おな)間違(まちが)いを()(かえ)すのではないかと、新しいチャンスを回避(かいひ)したくなる。



James(ジェイムス)Blunt(ブラント) は『 Same(セイム)Mistake(ミステイク)』で(うた)っている。

2度目(にどめ)のチャンスを(もと)めてはいない」

「どうせ(あやま)ちを()(かえ)すだけだからね」



一度(いちど)(おか)した過ちは心の履歴(りれき)(のこ)る。


馬鹿(ばか)にした気持(きも)ち。

いい加減(かげん)()()み。

怠惰(たいだ)(あま)え。

()れ”による怠慢(たいまん)

軽々(かるがる)しい言動(げんどう)

(うたが)い。

()び。

嫉妬(しっと)


(あやま)ちによる衝撃(しょうげき)は大きくても、そのキッカケは小さなものだ。


外からは分からなくても。

本人だけは知っている。

その瞬間(しゅんかん)、心がどう(うご)いていたか。


失敗(しっぱい)は、衝撃(しょうげき)(つよ)い。

だから。

心を拘束(こうそく)する。

心の裏側(うらがわ)から、(おそ)れが(こえ)をかけてくる。

「また、失敗するかもよ?」


間違(まちが)いは、神経(しんけい)()()む。

だから。

不安(ふあん)が心を支配(しはい)する。

「もう、やめてしまおう。同じ思いをしない(ため)に」


でも。

それには(したが)わない。


反省(はんせい)はしても、()()まらない。

何が(わる)かったのか、どこに原因(げんいん)があったのか。

自分の心をくまなく点検(てんけん)する。

同じ間違(まちが)いを()り返さない(ため)に。

そして。

「それ」に気付(きづ)いたら。

私の中の「(やみ)(エゴ)」を担当(たんとう)する阿修羅(あしゅら)(こえ)()ける。

ずっと、私の心を見張(みは)っていてくれるように。

そして、「それ」が(しょう)じる手前(てまえ)(おし)えてほしいと。

()と、同じ(あやま)ちを()り返さない(ため)に。

(やみ)(あい)領域(りょういき)昇華(しょうか)すると、(ひかり)(たす)ける役目(やくめ)()つ。

阿修羅(あしゅら)は、私の(やみ)(エゴ)を担当(たんとう)する、象徴(しょうちょう)としての「仲間(なかま)」だ。

エゴの存在(そんざい)を知らせ、それを愛の領域(りょういき)昇華(しょうか)させ変容(へんよう)させる(すべ)(おし)えてくれる。

私の中の、見張(みは)(やく)

「エゴ感知(かんち)センサー」の阿修羅(あしゅら)は、時々(ときどき)(いきどお)り」というエネルギーでそれを知らせてくれる。

これまで。

“愛に(ぞく)する(いかり)りも()る”と(かん)じた(こと)何度(なんど)もある。


(いきどお)り」という感覚(かんかく)


阿修羅(あしゅら)物凄(ものすご)形相(ぎょうそう)憤怒(ふんぬ)のエネルギーで「(ほとけ)(心)」を(まも)る。

(やさ)しさだけでは、大切(たいせつ)な「()(心)」を守れないからだ。

それぞれの(まな)びのレベルには、大きなGAP(ギャップ)があるから。

説法(せっぽう)など、(とど)かない領域(りょういき)から「()」への攻撃(こうげき)が来た時。

阿修羅(あしゅら)自身(じしん)()(とう)じて「()」を(まも)る。

(ほとけ)」のレベルでは出来(でき)ない事も、阿修羅(あしゅら)のレベルでなら表現(ひょうげん)できるからだ。

攻撃(こうげき)を、ほんの(すこ)しも「()」に(ちか)づけるものかと。

阿修羅(あしゅら)は、自分の()位置(いち)役割(やくわり)を知っている。

阿修羅はそういう「(ほとけ)」なのだ。


(いきどお)り」は物凄(ものすご)いパワーで(あやま)ちを昇華(しょうか)させる。

(おそ)れ」は勇気(ゆうき)と言うハードルに(かたち)()え、

不安(ふあん)」は(しん)じる力を(やしな)う。


()と、同じ(あやま)ちを()(かえ)さないように。

そして。

()(心)」を攻撃(こうげき)した相手(あいて)(エゴ)をも、(ゆる)()け入れ、愛に昇華(しょうか)させる力を()めている。






どんな時も、貴方(あなた)(だれ)でも。

レイキが(とも)()るのなら。

それがどのような(ふか)(やみ)でも、レイキは(かなら)ずそこまでたどり()く。

もし、貴方と(とも)()るのがレイキなら。

レイキはいかなる時もいかなる事情(じじょう)でも、貴方(あなた)見捨(みす)てない。

貴方が実践者(じっせんしゃ)なら。

どんな時も、貴方(あなた)(だれ)でも。

どうかセルフヒーリングを、(あきら)めないでほしい。





(いや)しの(はじ)まりは。

何よりもまず、貴方自身(あなたじしん)(ゆる)し愛することです。

セルフヒーリングを行う(こと)は貴方自身を愛する((ゆる)す)行為(こうい)そのものです。

どんな時も、貴方が誰でも。

愛は平等(びょうどう)です。

どんな時も、貴方が誰でも。

レイキはそれを差別(さべつ)しません。

どんな時も、貴方が誰でも。

私は。

貴方を(ゆる)努力(どりょく)をします。

レイキの力を()りて。


【20080315/00:18】








ワード:メニュー


トップページ
Copyright (C) 知民 2006-today All Rights Reserved.