Slow Work System
Slow Work System ワード・スペース
せいじつさ
『誠実であるということ LOVE(ラヴ)and (アンド)COURAGE(カーリッジ)』/ヒュー・プレイザー(ちょ)

(ヴォイス出版(しゅっぱん)

この本はね、私の感覚(かんかく)で言うところの「☆本物(ほんもの)☆のおじいちゃん」が書いた本なの。


このカードはね、本の中に入っていたもの。



“人の中にある、もっとも高貴(こうき)価値(かち)、もっともスピリチュアル価値「誠実さ」。”
(『誠実であるということ』の言葉(ことば)より)




私。または貴方は。

誰に対して、または何に対して誠実でありたいのか。



誠実(せいじつ)さ」というのは、

“うっかり”とか“(なん)となく”とかの曖昧(あいまい)さが存在(そんざい)しない領域(りょういき)のものだと(かん)じる。

「誠実である」という行為(こうい)(あい)()(もと)にの(たか)次元(じげん)波動領域(はどうりょういき)成立(せいりつ)し、

たまたま誠実だったとか、()まれつき誠実だとか、そんなのはあり()ない姿(すがた)だと(おも)う。

言葉の印象(いんしょう)()てるけど、「忠実(ちゅうじつ)」とは(ちが)う。

「忠実さ」なら演技(えんぎ)策戦(さくせん)としても成立するし、

特定(とくてい)組織(そしき)や人間に忠実であるがあまりに、()(もの)(かろ)んじたり()みにじったり、

そんな言動(げんどう)()らずにとってしまう(こと)もけっこうあると思う。

でも。

「誠実さ」の中には忠実という要素(ようそ)(ふく)まれているし、

「忠実さ」の中には誠実という要素も含まれている。

おや?なんだか(はなし)内容(ないよう)曖昧(あいまい)じゃないか!?

そう(にやり)!

いろんなやり方で言葉(ことば)()()わせても

矛盾(むじゅん)曖昧(あいまい)さのない表現(ひょうげん)なんてできないってば。

(すく)なくとも、私には。

結局(けっきょく)ね、「誠実さ」も演技(えんぎ)策戦(さくせん)として成立(せいりつ)するってこと。

ただ、「誠実さ」の場合は、演技や策戦であったとしても、

人を軽んじたり踏みにじったりする行為にはつながらない。



いや、演技や策戦である事が(すで)に、

相手を軽んじたり踏みにじったりしているのかもしれない..。

けどね、あるひとつの事に本物に誠実であろうとする時に、

他の人、または他の側面(そくめん)では(うそ)をつかざるをえなかったり、

何かや誰かに向かい合わずに切り捨てざるをえない状況(じょうきょう)というのも、あると思う。

だからこそ。

誰に対して、または何に対して誠実でありたいのか。

ということになるのだと。



(たと)えばね、こう表現してみましょう。


****************************************

誠実(せいじつ)さ」とは、明確な愛の意志(いし)によって(ささ)えられる精神(せいしん)()(かた)で、

誠実であるということを実現(じつげん)するには、その(ため)努力(どりょく)必要不可欠(ひつようふかけつ)だと思うのだ。

(あい)そのもののエネルギーと(つな)がる意識(いしき)、そしてその(ため)努力(どりょく)

幸運(こううん)不運(ふうん)手出(てだ)出来(でき)ない、人間の明確(めいかく)な「意志(いし)」によって実現(じつげん)する(こころ)()(かた)

それは「本人(ほんにん)の意識」によるもので、

誠実であるという事を実現するフィールドはあらゆる(すべ)ての人に平等(びょうどう)(あた)えられている。

(かね)があっても()くても、苦境(くきょう)でも()たされた生活(せいかつ)でも、

(おとこ)でも(おんな)でも、健康(けんこう)でも体調不良(たいちょうふりょう)でも、

その(ちが)いが「誠実であること」を阻害(そがい)する理由(りゆう)にはならない。

何故(なぜ)なら「誠実であるということ」は人間の自由意志(じゆういし)により意識的(いしきてき)選択(せんたく)されるもので、

物理的(ぶつりてき)物事(ものごと)によって左右(さゆう)されないほど(とうと)い意志の(もと)存在(そんざい)する在り方だから。

(だれ)かに誠実になりなさい、と言われてなれるものでもなければ

誠実でなくてもいいよ、と誘惑(ゆうわく)されたからといって不誠実(ふせいじつ)になれるものでもない。

人が支配(しはい)する事の出来ない波動領域(はどうりょういき)位置(いち)している精神(せいしん)の「在り方」。

それが「誠実さ」だと、私は思う。

****************************************


以上(いじょう)、かなり一方向(いちほうこう)(へだた)った視点(してん)(かん)(かた)()べられた文章(ぶんしょう)です。

それでは、(つぎ)の文章をご(らん)(くだ)さい。


****************************************

誠実(せいじつ)さ」とは、明確(めいかく)目的意識(もくてきいしき)によって(ささ)えられる表現方法(ひょうげんほうほう)で、

誠実であるということを表現するには、

どうしたら人から誠実にみられるか、

()(なか)観察(かんさつ)し人の話をよく()(すき)のない勉強(べんきょう)をしたうえで態度(たいど)(あらわ)(など)

その(ため)努力(どりょく)必要不可欠(ひつようふかけつ)だと思うのだ。

人からどう見られているか、(つね)に人の反応(はんのう)参考(さんこう)にする意識、そしてその為の努力。

幸運(こううん)不運(ふうん)影響(えいきょう)()けながら、人間の明確な「目的意識」によって実現する態度(たいど)

それは“誠実にみられたい”という「明確な目的意識」によるもので、

誠実であるという事を実現するフィールドはあらゆる(すべ)ての人に平等(びょうどう)(あた)えられているが、

(かね)があったり()かったり、苦境(くきょう)()たされた生活(せいかつ)か、

男女間(だんじょかん)()()きの度合(どあ)い、健康(けんこう)体調不良(たいちょうふりょう)か、

それらが「誠実に見られる(ため)の努力」を(おこた)ることの要因(よういん)になる事はある。

何故(なぜ)なら「誠実であるということ」は人間の目的意識により意図的(いとてき)にに選択(せんたく)されるものであり、

信頼(しんらい)()ける(ため)目的(もくてき)損得勘定(そんとくかんじょう)によって左右(さゆう)された(つよ)欲求(よっきゅう)の中に存在(そんざい)する在り方で、

見返(みかえ)りなく(あい)()(もと)に自身の生き方として表現される姿勢とは異なるからだ。

誰かに誠実そうにみせなさい、と言われてそのように(えん)じることも出来るし、

誠実でなくてもいいよ、(など)誘惑(ゆうわく)されたら

余計(よけい)不安(ふあん)になって誠実に見えるように(つと)めてしまうかもしれない。

(おど)しや戦略(せんりゃく)のひとつとして、人が支配(しはい)する事も可能(かのう)波動領域(はどうりょういき)位置(いち)している「()(かた)」。

それも、この世での「誠実さ」だと、私は言わざるをえない。

*****************************************


以上、かなり一方向(いちほうこう)(へだた)った視点(してん)と感じ方で()べられた文章です。

「誠実さ」と一言(ひとこと)で言ってもどの角度(かくど)意識領域(いしきりょういき)表現(ひょうげん)するかによって、

(つづ)内容(ないよう)(ちが)ってきますが、「違ってきます」と言いながらも(じつ)曖昧(あいまい)なのは、

その内容が違いながら()ていて、似ていながら違うところ。

場合(ばあい)によっては双方(そうほう)(とら)え方に大きなギャップや類似点(るいじてん)があっても、

さほど(ちが)いがあるようにも似ているようにも見えない(()こえない)ような、

死角(しかく)」が存在(そんざい)するの。

(とく)に、リアルタイムの会話(かいわ)ではかなりこのギャップも類似点も識別(しきべつ)しにくいです。

()()めれば結局(けっきょく)(おな)じ事言ってるような気がしたり、(まった)(こと)なる内容(ないよう)に思えたり。

でも。

(じつ)のところ「誠実さ」とは根本(こんぽん)にはまず崇高(すうこう)精神(せいしん)(心の在り方)を(あらわ)すもの。

だから本当(ほんとう)には、打算的(ださんてき)目的(もくてき)策戦(さくせん)としての「誠実さ」なら、

その時点(じてん)で誠実でなどあり()ないし「誠実」という表現すら出来ない(はず)、なんですけどね。


では。今度(こんど)はまた少し、話をずらします。


(たと)えば「誠実(せいじつ)」と「正直(しょうじき)」。

一見(いっけん)、同じグループで非常(ひじょう)(ちか)印象(いんしょう)さえする。

私の感覚(かんかく)では。

この(ふた)つは、あまり()ていないと思う。

同時(どうじ)に、(かさ)なる領域(りょういき)(ひろ)いのも事実(じじつ)だけど。


「誠実さ」の中には正直(しょうじき)要素(ようそ)(ふく)まれ、

「正直さ」の中には誠実(せいじつ)な要素も含まれている。


(たと)えば“白黒(しろくろ)はっきりさせる”という意識(いしき)(たい)して使(つか)われる“グレイゾーン”。

白と黒が(かさ)なる領域。

この領域では、ほぼ(すべ)ての矛盾(むじゅん)()(ちが)いが説明(せつめい)出来(でき)る。

「言っていることとやっている事が違う」とか、

「私には大丈夫(だいじょうぶ)と言ったのに、(ほか)相手(あいて)には(ぎゃく)表現(ひょうげん)をしてる」とか、

白か黒の地点(ちてん)からは「矛盾(むじゅん)」や「()(ちが)い」、(およ)び「対立(たいりつ)」する物事(ものごと)(かんが)え方が。

グレイゾーンでなら。

「矛盾」が(しょう)じる事は真実(しんじつ)(あかし)であると()らされ、

立場(たちば)視点(してん)(こと)なる事で生じる「食い違い」は、

(じつ)は“同じことを言っている”という事実を(おし)えてくれる。

白と黒による対立(たいりつ)補完(ほかん)関係(かんけい)にあり、

(たが)いの存在(そんざい)がそれぞれの価値(かち)(ささ)えている事が、グレイゾーンでなら認識(にんしき)出来る。

「誠実」と「正直」の間の、双方(そうほう)(かさ)なり合う自由(じゆう)な領域は、

グレイゾーンの()たすその役割(やくわり)にも()ている(同じではないけど)。


「誠実」と「正直」の(あいだ)のゾーンには名前(なまえ)変化(へんか)がない。

重なる中間領域(ちゅうかんりょういき)でもそれは「誠実」「正直」と表現(ひょうげん)されるのだ。

誠実さには(あい)の意識が不可欠(ふかけつ)だと思うけど、

正直であることは愛の意識がなくても実現(じつげん)する。

と、表現すればもっともらしくも聞こえるけど、

誠実さにも、愛の意識がなくても実現する波動領域がある。

(たと)えば信頼(しんらい)賞賛(しょうさん)()目的(もくてき)(ため)の、策戦(さくせん)手段(しゅだん)としての「誠実さ」がそれ。

(かれ)、または彼女(かのじょ)自分(じぶん)欲求(よっきゅう)目的(もくてき)忠実(ちゅうじつ)かつ正直(しょうじき)行動(こうどう)している。

内側(うちがわ)(なに)(かんが)えているかどうかは(そと)には分からないから、

内容(ないよう)波動領域(はどうりょういき))が(ちが)っても、この()では同じ「誠実」という言葉で表現される。

だからそのことは(すで)前提(ぜんてい)(世の中の背景(はいけい))として認識(にんしき)した(うえ)で、

ここでは()えてそれらの波動領域は(ふく)めずに(さき)(つづ)けます。


何かや誰かに誠実である事は、

本人の「意志」によるもので(ただ)しさによるものではないと感じる。

正直という言葉には人間の思う「正しさ」の意図(いと)が含まれていて、

世の中(てき)にも、これまでの(なが)歴史(れきし)の中で、

正直者(しょうじきもの)は「(ぜん)」で、(うそ)つきは「(あく)」というひとつのモデルが成立(せいりつ)している。

その意味(いみ)でなら。

私は自分自身(じぶんじしん)正直(しょうじき)であること、つまり自分が本当(ほんとう)はどうしたくて

(なに)(かんが)えて((かん)じて)いるかを知る、または知っている事はとても大事(だいじ)だけど、

誰彼(だれかれ)かまわず(あら)いざらい内側(うちがわ)の思いや考えを(つた)えるのか、という意味では、

(すべ)ての人に自身の思いや感じている事を正直に()()ける必要(ひつよう)はないと思っている。

誰彼かまわず自分の本音(ほんね)を伝えるなど

自分にも人にもストレスになる場合(ばあい)も多いと思うし。

だから。

せめて自分で気付(きづ)ける範囲(はんい)では

不要(ふよう)なストレスを(あた)えたいとも()()りたいとも思わない。

正直な自分の気持ちを知る(知っている)事は大事だけど、

それをわざわざ(くち)に出すか出さないか、

または(だれ)(つた)え誰には伝えるべきでないかの選択(せんたく)識別(しきべつ))はしたいと思う。

その「正直さ」で言うなら。

(ほん)内容(ないよう)(おおやけ)情報(じょうほう)も、()く(()む)(がわ)で正直に選択(せんたく)すればいいことであって。

その内容が自分にとって為になるかならないか、という感覚(かんかく)はけっこう(たよ)りになる。

為にならないと感じるのなら、その情報を参考(さんこう)にしなければいい。

自分にとって肯定的(こうていてき)印象(いんしょう)()けない情報やアドバイスが、

貴方(あなた)幸運(こううん)(はこ)んでくる確率(かくりつ)(ひく)い。と、思う。

読みながら、為にならないと感じた本なら、すぐに読むのをやめればいい。

読みかけたのだから最後(さいご)まで読まないと..と思って義務的(ぎむてき)に読むのなら時間(じかん)浪費(ろうひ)され、

その分、無意味(むいみ)視力(しりょく)()がるだろう。

自分自身に正直である事は、

明確(めいかく)な愛の意識(いしき)がなくても実現(じつげん)出来(でき)()(はば)(ひろ)行為(こうい)だと思う。

またその正直な表現(ひょうげん)態度(たいど)が自身の内側(うちがわ)問題(もんだい)であるにも(かか)わらず

無闇(むやみ)に人の心を()りつける言動(げんどう)(つな)がる事もある。

本人(ほんにん)(私を(ふく)む)は、それに気付かないどころか、

自分が誰にでも正直に思いや考えを伝える事を

勇気(ゆうき)がある”とかの、ある(しゅ)(つよ)さと考え(ほこ)りにしている事も(おお)いみたい。

(.....(たし)かに、ある種の?強さではあるのだろうか...)

その(みち)()(かえ)ると、

自身のなりふり(かま)わぬ「正直さ」によって心臓(しんぞう)をえぐられた人達(ひとたち)(まぼろし)が見える(よう)だ。

問題(もんだい)なのは、自分の感じ方が(すで)にエゴや不純(ふじゅん)による感じ方であるにも(かか)わらず、

その感じ方(()()り方)を(もと)にして、

相手(あいて)非難(ひなん)中傷(ちゅうしょう)否定的(ひていてき)未来予告(みらいよこく)(あた)えてしまう(こと)だ。

そして大抵(たいてい)の場合その発言者(はつげんしゃ)(私を含む)は、

自分の考えや感じ方を「正しい」と思いこんでいるようだ。

けど。

(だれ)かにとっての成功(せいこう)秘訣(ひけつ)が、(ほか)の誰かには「(どく)」になる事もある。

誰かにとっての失敗(しっぱい)したやり方が、他の誰かを成功に(みちび)くかもしれない。

誰かに対する批判(ひはん)が自分の心の姿(すがた)(あらわ)していた事実(じじつ)気付(きづ)くのは、もっと後からだろう。

だから。

目の前の相手(あいて)が、

貴方をわざと()()げる(よう)波動(はどう)(あた)える「為にならない」存在(そんざい)なら。

そこから(はな)れて距離(きょり)()き、彼または彼女には意見を(もと)めず、

自分にとって最良(さいりょう)の「方法(ほうほう)」は、自分で(さが)した方がいい。

勇気(ゆうき)を出して(おそ)れや不安(ふあん)をを手放(てばな)し、(たましい)神聖(しんせい)(しん)じて、心に(したが)う事だ。


意見(いけん)()くのなら、

自分に対して否定的(ひていてき)波動(はどう)()っていない、

貴方が信頼(しんらい)できる(と感じる)相手(あいて)(えら)んだ(ほう)がずっといい。

(しん)公平(こうへい)な人なら、たとえ貴方に注意(ちゅうい)警告(けいこく)必要(ひつよう)だと感じても、

貴方を()()ませたり、モチベーションを()げるような波動(はどう)(あた)えないし、

(あし)()()表現(ひょうげん)仕方(しかた)言葉(ことば)(えら)ばないように努力(どりょく)すると思うから。

そして、「本当には人の意見を()くつもりがない」という場合(ばあい)は、

それでも(気休(きやす)めや会話(かいわ)道具(どうぐ)として)人に意見を(もと)める様な行為(こうい)(つつし)みたい。

相談(そうだん)()ける(がわ)は、それなりの労力(ろうりょく)使(つか)って真剣(しんけん)(かんが)えてくれるのだから。



自分の心を正直に見つめる事も、

信頼(しんらい)する何かや誰かに忠実(ちゅうじつ)である事も、

それが純粋(じゅんすい)な愛の意識(いしき)から発生(はっせい)した行動(こうどう)なら。

その背景(はいけい)には(かなら)ず「誠実さ」が()る。



私にとって(しん)の「誠実さ」とは、

(つと)めてそう()ろうと努力しなければとうてい維持(いじ)出来る姿勢(しせい)ではないし、

使命(しめい)偶然(ぐうぜん)(あた)えられる特別(とくべつ)才能(さいのう)でなどあり()ない。

各々(おのおの)の「意志(いし)」によって選択(せんたく)され、努力して(つちか)われる「高貴(こうき)」な精神(せいしん)宝物(たからもの)

その宝物を生きている(あゆ)みの中で

継続(けいぞく)して内側(うちがわ)()ち続けられるかどうかは、本気(ほんき)()からない。

おそらく、ある(とき)は「不誠実(ふせいじつ)」であり、ある時は「誠実」だったというような、

ランダムな回想(かいそう)になるのだろう(笑)

でも本当には。

そんな言い(わけ)事前(じぜん)にしなくてもいいように、(つね)に意識出来る状態(じょうたい)でいるのが理想(りそう)なのだ。




私。または貴方は。

誰に対して、または何に対して誠実でありたいのか。



私たちはそれを選択し、自分にとっての「誠実さ」を自由(じゆう)設定(せってい)する事が出来る。

私、または貴方の「誠実さ」を(つく)るのは、各々(おのおの)明確(めいかく)な「意志」によるものだ。


【20081213/01:38 満月(まんげつ)








ワード:メニュー


トップページ
Copyright (C) 知民 2006-today All Rights Reserved.