Slow Work System
Slow Work System ワード・スペース
しんねん
新年、()けましておめでとうございます。

今日は「立春(りっしゅん)」。

昨日(きのう)は「節分(せつぶん)」でしたね。

魏志倭人伝(ぎしわじんでん)』によると、古代(こだい)日本人(にっぽんじん)は一年を(はる)(あき)二季(にき)(かんが)えていたそうです。

「立春」は新年の初日(しょにち)、「節分(せつぶん)」は大晦日(おおみそか)になるわけですね。

青島神社(あおしまじんじゃ)()った『福豆(ふくまめ)』についていた説明書(せつめいしょ)を、昨日(きのう)()んだんです(笑)

この知識(ちしき)即席(そくせき)(あさ)いです☆!

だいたい私はですね、

10人中12人が()たり(まえ)()っている(よう)な事を知りもしないで()らしてる人タイプですよ。

20才くらいの(ころ)葛西臨海水族園(かさいりんかいすいぞくえん)に行った(とき)

マグロが()れを()して(およ)ぐドーム(がた)水槽(すいそう)があるんですけどね、

そのマグロたちの中でも(もっと)も大きなマグロを()さして「あれが(おお)トロマグロ?」と、

(よこ)にいた(かれ)()いたんですよ、真顔(まがお)で。

彼は。最初(さいしょ)私がいったい何を言っているのかすぐには理解(りかい)できなかったみたいで、

一瞬(いっしゅん)(とき)()まったみたいな。

で、じわっ〜と(わら)いが()み上げて一気(いっき)爆発(ばくはつ)した((よう)に私には見えた)んですよね、。

今の発言(はつげん)について、(くわ)しく(はなし)を聞かせてくれと。

「え!?一番(いちばん)大きいのが大トロじゃないの?」。

一番小さいのがただの“マグロ”で、(ちゅう)くらいのが“中トロマグロ”と思ってたんですよ。

大きいのを見ながら、

「すごいなぁ〜あれが大トロマグロか〜」と感心(かんしん)しながら(ゆび)さして聞いたんですから。

あの出来事(できごと)は。その()数年間(すうねんかん)笑い(ばなし)にされてましたね。

それとね。

ある日デパ地下(ちか)のお菓子(かし)()()で。

ロールケーキを()おうとしたんですけどね、

そのロールケーキにスゴく(めずら)しい名前(なまえ)がついていて。

(てつ)人生(じんせい)ロール』っていう名前。

〈ロールケーキなのに、随分(ずいぶん)(きび)しい名前がついてるなぁ..〉と思いながら、

(てつ)”までは口に出して言わなくてもいいよね、(てつ)感覚(かんかく)で。

「すみませ〜ん。人生(じんせい)ロールください」って注文(ちゅうもん)したんです。

店員さんは「こちらですね?」とロールケーキを(しめ)し、「少々(しょうしょう)()ちください」ってね、。

で。

店員さんが包装作業(ほうそうさぎょう)()えるまでボケッ〜とケースの中のケーキを(なが)めてたんですよ。

それで。もう一度(いちど)さっきのロールケーキのネームカードに目が()まって..。

そしたら....「あれ..((あせ))もしかして..鉄人(てつじん)(なま)ロール?....」。

当時(とうじ)

料理(りょうり)の鉄人』というテレビ番組(ばんぐみ)流行(はや)っていて、

ロールケーキはそれにちなんだ「鉄人(てつじん)」の(なま)ロールだったのです。

ハッとして思わず(かお)を上げると...

店員(てんいん)さんが(した)()いて、必死(ひっし)に笑いを(こら)えながらケーキの包装(ほうそう)をしてて。

私は突然(とつぜん)、顔が(あか)く((あつ)く)なり。

あれは。ものっすごい()ずかしかったです(笑)

あの(あと) (つつ)みを()()って、店員さんの顔を見ないように“早歩(はやある)き”でその()()りました。

そして。

同行(どうこう)していた彼氏(かれし)も、本気(ほんき)で恥ずかしかったそうです。

(なま)ロールを目の前にして“鉄人生(てつじんせい)”と()感性(かんせい)そのものがすでにあり()ないと。

いや、それ以前(いぜん)に“(てつ)”を端折(はしょ)って「人生(じんせい)ロール」と言った(ところ)(もっと)()ずかしかったそうです。

可哀想(かわいそう)ですね、私の彼氏とかになると、たくさん()ずかしい場面(ばめん)遭遇(そうぐう)するんですね..。

そうそう、

ウエイトレスのアルバイトをしていた時に。

客様(きゃくさま)(せき)()くと最初(さいしょ)にお(みず)()すじゃないですか、その、お水を出しながら

「オレンジジュースお()たせいたしました」と言いながら出した事がある。

理由(りゆう)(いそが)しかったんですよっ!その日は。それに、まだ高校生(こうこうせい)だったしね!

あとね、これは十分(じゅうぶん)大人(おとな)になってからだけど。

アイスティーの注文(ちゅうもん)が入ったのね、

で、アイスティーにはレモンかミルクかをお(うかが)いするんですけど、

「アイスティーにはメロンとミルクがございますが。。」って。

発音(はつおん)()かったと思います。ハキハキしていたし。

お客様には。「レモンですよね?」と(いぶか)しげに聞き(かえ)されて。

その(いぶか)しさに負けてはいけないと思い、

(どう)じずに「はい!レモンとミルクです((ほか)の言い(かた)したっけ?のような)」と、ニコリとしてやりました。

あ。

(はなし)脱線(だっせん)してる。

(もと)(もど)さなきゃ。

えっ...と。

先週(せんしゅう)(つき)()わる(まえ)、1月31日に「青島神社(あおしまじんじゃ)」へ行って来ました。

前もって行く予定(よてい)ではなかったのですが、31日になると青島神社に行く(かん)じがしたんですよね、。

で。

(なん)となくこの日でなければいけない印象(いんしょう)がしていて

(月が変わってからでは地場(じば)素質(そしつ)が変わる)、

行って来たんですけど。

(くるま)を走らせながら、(なに)しに行くのかはもう明確(めいかく)になっていました。

縁切(えんぎ)り」と「縁結(えんむす)び」の両方(りょうほう)素質(そしつ)()りて

悪縁(あくえん)()り、良縁(りょうえん)(むす)ぶ“「()」を(つた)宣言(せんげん)する(ため)です。

それによって。完全(かんぜん)に、(あたら)しい未来(みらい)()()れる姿勢(しせい)(しめ)します。

自然界(しぜんかい)の素質((およ)地場(じば)のエネルギー)は「()」に反応(はんのう)し宣言を支援(しえん)します。

名残(なご)り”や“執着(しゅうちゃく)”、“(ふる)知識(ちしき)”や“(ため)にならない環境(かんきょう)や人との関係性(かんけいせい)(など)

新しい未来(みらい)不要(ふよう)なものを手放(てばな)体内(たいない)エネルギーを(あたら)しい印象(いんしょう)()たします。


最初(さいしょ)青島神社(あおしまじんじゃ)にお(まい)りしたのですが、境内(けいだい)に『福豆(ふくまめ)』がありました。

ちょうど節分(せつぶん)間近(まじか)だったので「(まめ)...かぁ..」と()()まり、

しばしジッと見入(みい)っていたのですが、結局(けっきょく)()って(かえ)ったんです。

今年(ことし)は”(ふる)くからの儀式(ぎしき)として..その「()」に“()って”節分(せつぶん)意識(いしき)すべし、と感じて。

元々(もともと)、今年の1月30日と31日は、クリスマスで言えば

24日(前夜(ぜんや))と25日(当日(とうじつ))に()(はたら)きがあるような()がしていたんですよね、。

それで。

昨日、節分(せつぶん)説明(せつめい)()んで(おも)ったんですけど。

クリスマスイブ、24日とクリスマス当日の25日は(あき)らかな(ちが)いがありますよね、。

24日は、まだキリストがこの()()まれていない。

つまり、イエス・キリストのいない時代(じだい)(ふる)い時代)の「()わり」を象徴(しょうちょう)するのが24日。

25日はイエス・キリストがこの世に誕生(たんじょう)し、その瞬間(しゅんかん)からその波動(はどう)はこの世に影響(えいきょう)(はじ)めます。

つまり、イエス・キリストが存在(そんざい)する時代(新しい時代)の「(はじ)まり」。

大晦日(おおみそか)」と「新年(しんねん)」の()意味(いみ)にもリンクしますよね。

「けじめ」と「(はじ)まり(意識(いしき)転換(てんかん)変容(へんよう))」

「古い年」と「新しい年(新しい意識)」

最後(さいご)準備(じゅんび)」と「実現(じつげん)誕生(たんじょう))」

24日(クリスマスイヴ)、またはその直後(ちょくご)(わか)れる恋人達(こいびとたち)(おお)い(らしい)というのも、

素質(そしつ)沿()った自然(しぜん)(なが)れでしょうか。

ということは、そこを無事通過(ぶじつうか)する(こと)は「(きづな)確認(かくにん)する」という意味(いみ)もあるのかも?しれませんね。

なので。クリスマスイヴは私にとって、ロマンチックな意味()いは(まった)くないんです。

私が感じていたのは1月30日が「前夜(ぜんや)()わりとけじめ・節目(ふしめ)、または最後(さいご)準備(じゅんび))」で、

1月31日が「新年(しんねん)(はじ)まりと新しい未来、最初(さいしょ)(うご)き)」という素質(そしつ)だったのかもしれません。

(くわ)えて、

今年の節分(せつぶん)は「節目(ふしめ)」「()かれ()」という意味でも重要(じゅうよう)なエネルギープロセスだったと感じます。

青島神社(あおしまじんじゃ)の『福豆(ふくまめ) 中身(なかみ)はこんな(かん) 説明(せつめい)()き『〈()(つた)え〉の面白(おもしろ)謎学(なぞがく)


節分(せつぶん)では自分(じぶん)(とし)より(ひと)余計(よけい)()べる”とありましたので、そうしました♪

豆には穀物(こくもつ)霊魂(れいこん)宿(やど)っていると(しん)じられており、

古代(こだい)日本人(にっぽんじん)(あたら)しい年に()けて人間(にんげん)霊魂(れいこん)再生(さいせい)(はか)ろうとしたそうです。


【20090204/21:06】







ワード:メニュー


トップページ
Copyright (C) 知民 2006-today All Rights Reserved.