Slow Work System
Slow Work System ワード・スペース
しること しろうとすること
レイプは、ある側面(そくめん)から言うと、殺人以上(さつじんいじょう)行為(こうい)だと(おも)う。

被害者(ひがいしゃ)はその()()きていかなくてはならない。


『心への侵入』 (こころ)への侵入(しんにゅう)

性的虐待(せいてきぎゃくたい)性暴力(せいぼうりょく)告発(こくはつ)から


沖縄(おきなわ)タイムス社会部(しゃかいぶ) 中島(なかじま)かずなり・宮城(みやぎ)由江(よしえ) (ちょ)


本の時遊社


日本の社会(しゃかい)はレイプ(はん)(あま)い。

「甘い」と言うより、むしろ(やさ)しくさえ(かん)じる。

(たましい)という視点(してん)から見れば、(せい)など関係(かんけい)ない。

けど、私たちは人間界(にんげんかい)に生きている。

魂がいかに神聖(しんせい)存在(そんざい)であっても、

その魂がこの()で「(おとこ)」という()(もの)(はい)っているとはどういう状態(じょうたい)なのか、

また「(おんな)」という入れ物に入っていることがどんな立場(たちば)であるのかを自覚(じかく)して、

最低(さいてい)レベルの人間(にんげん)行動(こうどう)()っておく必要(ひつよう)があるのではないだろうか。

被害者(ひがいしゃ)がそれによってどれほどおぞましい(いた)みと嫌悪(けんお)で、生涯(しょうがい)(とお)して(くる)しみ(つづ)けるのかを。

(たと)貴方(あなた)周囲(しゅうい)性犯罪被害者(せいはんざいひがいしゃ)がいなくても、人間界(にんげんかい)()以上(いじょう)、知る必要(ひつよう)があると思う。

これまでに何度(なんど)か、性虐待被害者(せいぎゃくたい)告白(こくはく)()けた(こと)がある。

性虐待を()けた当事者(とうじしゃ)(はなし)()くためのシンポジウムに(あし)(はこ)んだ(こと)もあった。

「言えない」人の(ほう)(おお)いんです。

だから。

貴方の周囲(しゅうい)性犯罪(せいはんざい)の被害者が“いない”のではなく、

ただ貴方が“知らない”だけ、と表現(ひょうげん)する方が確率的(かくりつてき)にはあっているのかもしれません。

そして同時(どうじ)に、()()がよだつのは、

私の周囲に性犯罪(性虐待(せいぎゃくたい)性暴力(せいぼうりょく))者が“いない”のではなく、

ただ私が“知らない”だけと思う方が確率的にあっているのかもしれないこと。

被害者以上(いじょう)に、性犯罪者(せいはんざいしゃ)(おもて)()にくいですから。

そして大抵(たいてい)場合(ばあい)、性犯罪(性虐待(せいぎゃくたい)性暴力(せいぼうりょく))者は

“とてもそんなことするようには見えない”

“あの人がそんなこと、絶対(ぜったい)にあり()ない”

周囲(しゅうい)からは思われている可能性(かのうせい)も「(だい)」なんです。

いや、可能性というよりも実際(じっさい)地位(ちい)のある立場(たちば)で周囲に尊敬(そんけい)()けていたりするんです。

また、顔見知(かおみし)り・()()い・友人(ゆうじん)からのレイプも(じつ)(おお)い。

神戸(こうべ)震災(しんさい)(とき)にも、(おお)くの女性が強姦(ごうかん)されている。

普段(ふだん)から(かお)を合わせている近所(きんじょ)(かん)じの()いお(にい)さんとか、元々(もともと)の知り合いなど、

本来(ほんらい)なら安心(あんしん)して(たす)()える(と、(すく)なくともこちらは(しん)じてしまう)(はず)人達(ひとたち)

それはどういうことか?

つまり、いわゆる日常(にちじょう)で「普通(ふつう)」と()ばれている人達(ひとたち)がレイプや性虐待(せいぎゃくたい)をしている。

特別(とくべつ)な人が“レイプをする人”ではない。

(そと)からの見た目だけではほとんど判断(はんだん)がつかないんです。

だから。勇気(ゆうき)()って()()けても(しん)じてもらえなかったり、するんです。

私は、日々(ひび)の中で、そういう「(こえ)」を()(のが)してしまうことが(こわ)いです。


立場(たちば)(おとこ)でも(おんな)でも、それ以外(いがい)でも。

自分には(かか)わりないと思っているのならむしろ、

わかり()ない(いた)みだからこそ、せめて知る努力(どりょく)をしたいと思うんです。

(おな)地球(ちきゅう)()らす、ひとりの人間(にんげん)として。


『性犯罪被害にあうということ』 性犯罪被害(せいはんざいひがい)にあうということ』

小林(こばやし) 美佳(みか)


朝日新聞(あさひしんぶん)出版社(しゅっぱんしゃ)


【20090225/22:55】







ワード:メニュー


トップページ
Copyright (C) 知民 2006-today All Rights Reserved.