Slow Work System
Slow Work System ワード・スペース
しょしんをさがせ!
これは...ウォーリー(Wally)を(さが)すより、(あき)らかに(むずか)しいぞ。



1979年、シェル・シルヴァスタインの物語(ものがたり)では「()りないかけら」を探していた。(by 『ぼくを探しに』)

1988年、ブルーハーツは行方不明(ゆくえふめい)の「右手(みぎて)」を探していた。
(by 『TRAIN(トレイン)TRAIN(トレイン)』/「僕の右手」)



私は「初心(しょしん)」を探している。

かつて()ったものなら。

今も(たし)かに内在(ないざい)しているだろう。

でも。

そんな理屈(りくつ)じゃないんだ。

探しているのは、(まな)(まえ)の「(かん)(かた)」。

それは(きび)しいものではなく、(かた)くもなく、(むずか)しくもなかった。

感覚的(かんかくてき)(のこ)記憶(きおく)では。

私の「初心」は(たの)しく、柔軟(じゅうなん)で、簡単(かんたん)だった。


子ども(たち)がウォーリーを(さが)すのは困難(こんなん)かもしれない。

けど、子ども達に「初心」が芽生(めば)えるのは いと容易(たやす)い。

若者(わかもの)なら。

「初心」のまっただ(なか)

若者なのに「初心」の中には()きていない?

なるほどそれなら。貴方(あなた)はある意味(いみ)、もう大人(おとな)だ(ニヤリ)。

大人が「初心」に(もど)るのは子ども達がウォーリーを探すよりも、もっとずっと(むずか)しい。


私は。

初心を探している。


()もれた「初心」を()()して(あら)たに活用(かつよう)する(ため)には。

それが埋もれているところまで到達(とうたつ)するには。

その(うえ)()()げられたものを注意深(ちゅうういぶか)くひとつひとつ、()(のぞ)いていくしかない。

(いさぎよ)く取り除いてはいけない。

必要(ひつよう)なものまで()ててしまうから。

取り除くものは、注意深く熟慮(じゅくりょ)して(えら)ぶのです。

()選択(せんたく)」が必要だから。


けど。

注意深くなればなるほど、おそらく不要(ふよう)なものがより(おお)目立(めだ)(はず)

注意深くなればなるほど、必要なものはそんなには(のこ)らない。


今の意識(いしき)の中から、()てられるのか?

これまでの経験(けいけん)や。

(まな)び、(おし)えられてきた知識(ちしき)や。

自分にとって「(ただ)しい」と(しん)(つづ)けてきたものを。


(かる)(あつか)ったから「初心」が()もれたわけじゃない。

何かの代償(だいしょう)に「初心」を()(わた)した(おぼ)えもない。

なのに。

経験(けいけん)(わずら)わしい。

学びや知識が邪魔(じゃま)になる。

自分にとって、(あたら)しい「正しさ」を()()れたい。


この機会(きかい)一度(いちど)「リセット」してみたい。


次元(じげん)()われば、常識(じょうしき)も変わる。

波動(はどう)が変われば、(ふる)意識(いしき)はもう機能(きのう)しない。


「初心」の(さが)(かた)、という(ほん)はあっただろうか。

いや、(ちが)う。

人の言う探し方では、私の「初心」にアクセスできない。


今、左胸(ひだりむね)(すこ)し上の(おく)の方で、うずうずしている新しい心。

その心とかつての「初心」が()()っている。

新しく芽生(めば)えようとしている“(かん)じ方”に、かつての「初心」が(ちから)()してくれるのだ。


【20090217/23:05】







ワード:メニュー


トップページ
Copyright (C) 知民 2006-today All Rights Reserved.