Slow Work System
Slow Work System ワード・スペース
そぼものがたりA
翌朝(よくちょう)

祖母は久一青年(ひさいちせいねん)一緒(いっしょ)に家を出て、

もうひとりの青年と3人で8時間の道程(みちのり)日之影町(ひのかげちょう)まで歩いた。

日之影(ひのかげ)午後(ごご)2時頃着き、それからバスに乗り高千穂に到着(とうちゃく)した。

青年二人が「おれ(たち)二晩(ふたばん)()まって明後日(あさって)帰るが?」と言うので、

自分は一週間(いっしゅうかん)くらいは高千穂に()るから先に帰ってと(こた)えた。

そこで青年達と(わか)れたた祖母は、叔父(おじ)の家に向かった。

父親と来た時に道は(おぼ)えていた。


叔父の家に着いたのは午後4時頃。

祖母が(おとづ)れると、叔父も叔母(おば)囲炉裏(いろり)のそばでニコニコしていた。


祖母は「だまって来たけど」と言った。


すると叔母が「だまって来たえぇ?(方言、だまって来たの?の())」とびっくりはしたが、

それなら(実家には)家から手紙(てがみ)を出しておくから、まぁ上がれと言った。

受け入れてもらった祖母は、とても(うれ)しかった。


さて。

嫁入り先では。

祖母が家を出た翌日(よくじつ)、実家には祖母が予定日(よていび)(もど)らないとの便りがあった。

祖母は、昨日(きのう)夕方(ゆうがた)(とつ)ぎ先に帰ると言って(たし)かに実家を出ている。

もしや川に()ちたのではないかと消防員(しょうぼういん)が出て川を捜索(そうさく)する大騒(おおさわ)ぎになっているところへ、

祖母と(とも)に高千穂へ行った二人の青年が帰ってきた。

「?あいつなら、おれ(たち)と高千穂に行ったが?」


かくして。


祖母が《()げた》事が発覚(はっかく)したのだった。


この件について、祖母の両親(りょうしん)は、祖母を(とが)めることはなかったという。

(のち)に、

戦死(せんし)した(あに)(つくえ)の引き出しから2円(50銭玉(せんだま)(まい)()りた事を手紙に書いて実家に(おく)ったところ、

それについて「心配しないでいいよ」と返事が来たそうだ。

祖母が後から聞いた話しでは、

当時(とうじ)実家では、祖母が高千穂に行った(逃げた)事を大変(たいへん)(よろこ)んでいたそうだ。

今になって祖母が言うには、嫁ぎ先はあまり評判(ひょうばん)()いところではなかったらしい。


その()祖母は高千穂で一年間、(はたら)きながら勉強(べんきょう)をした。

裁縫教室(さいほうきょうしつ)には(かよ)わなかったが、1ヶ月5円(もら)いながら、毎日の仕事の中に()(もの)

()り物(当時の言葉(ことば)では「しんし()り」)・料理(りょうり)などがあり、

祖母にとっては(まな)べるものばかりだった。

祖母の言葉では「1ヶ月5円貰いながら、自分の(ため)には学校(がっこう)のようなものだった」と言う。

奉公(ほうこう)から帰ってすぐに農家(のうか)(とつ)いだ祖母は

“言葉の使(つか)(かた)ひとつ学んだ事がなく何も知らない自分だったので、

あの(とき)高千穂に行って本当(ほんとう)に良かった"と今でも思っている。


高千穂で一年()ごしてから、祖母は実家(諸塚村(もろつかそん))に帰った。

それから(あね)(とつ)ぎ先の家で2年(くらい)(はたら)いた。

祖母はタバコ()窓口(まどぐち)でタバコを()っていた。

その(ころ)(働きはじめてから2年ほどして)、また嫁入り(ばなし)浮上(ふじょう)した。

相手(あいて)は、タバコ屋にタバコを()いに来ていた常連客(じょうれんきゃく)息子(むすこ)だった。

話を()いてみると、嫁ぎ先ではミシンの仕事が出来るという。

祖母は「ミシン」に()かれた。

祖母(いわ)く、「ミシンに嫁いだようなものだった」。

今のように相手を知ってから結婚(けっこん)をするような時代(じだい)ではないのだから、それも当然(とうぜん)と言える。

昭和(しょうわ)13年の12月に、祖母は結婚した。

この時の(おっと)が、私の祖父(そふ)にあたる。

それからは、昭和15年に息子(むすこ)(私の父)が()まれるまで祖母は元気(げんき)に働いた。


産後(さんご)から、祖母は体を(こわ)入退院(にゅうたいいん)()(かえ)すようになる。

そんな中、夫に国の徴用命令(ちょうようめいれい)が出た。

夫は軍需工場(ぐんじゅこうじょう)で働くことになり細島(ほそしま)に行った。


子供(こども)は、体の(よわ)い自分の()わりに義父(ぎふ)義母(ぎぼ)(そだ)ててくれたようなものだと、祖母は言う。



あの時。

祖母が高千穂へ逃げた事で。

その()未来(みらい)に私が誕生(たんじょう)する事になった。

何が(ただ)しいとか間違(まちが)っているとかは、歴史(れきし)()(かえ)るほどに見当(けんとう)がつかなくなる。

ただわかっているのは。

今、この時代(じだい)に私がここに生きている事実は、

そしてそこから(つな)がる未来(みらい)可能性(かのうせい)一部(いちぶ)は、

祖母の行動(こうどう)によって(つく)られているのだ。


【20090127:記】







ワード:メニュー


トップページ
Copyright (C) 知民 2006-today All Rights Reserved.