Slow Work System
Slow Work System ワード・スペース
そふ−@
祖父(そふ)名前(なまえ)純夫(すみお)


祖父の写真


第二次(だいにじ)世界大戦(せかいたいせん)末期(まっき)

昭和(しょうわ)19年4月2日に出征(しゅっせい)した。

最初(さいしょ)特攻隊(とっこうたい)正式(せいしき)出撃(しゅつげき)した(とされる)のが昭和(しょうわ)19年の10月。

米軍(べいぐん)沖縄(おきなわ)上陸(じょうりく)したのが昭和(しょうわ)20年4月1日。

祖父(そふ)招集(しょうしゅう)されたのは、日本にもう()てる見込(みこ)みが()く、

特攻隊(とっこうたい)による体当(たいあ)たり攻撃(こうげき)対戦(たいせん)主流(しゅりゅう)となる直前(ちょくぜん)の、終戦間近(しゅうせんまじか)(ころ)だった。


元々(もともと)視力(しりょく)(よわ)く、兵隊(へいたい)として使(つか)(もの)にならないという理由(りゆう)から

祖父は招集(しょうしゅう)されず軍事工場(ぐんじこうじょう)(はたら)いていたのだが、日本が完全(かんぜん)窮地(きゅうち)に立たされた(ころ)

(あと)から()(あつ)めるように招集(しょうしゅう)されたのだ。


祖父(そふ)昭和(しょうわ)17年から18年にかけて軍事工場(ぐんじこうじょう)(やく)1年強(いちねんきょう)(はたら)いた。

その()

福岡
(ふくおか)
特別訓練所(とくべつくんれんしょ)昭和(しょうわ)19年の2月18日から1ヶ月間(いっかげつかん)()ごし、3月18日に退所(たいしょ)

一旦(いったん)宮崎県(みやざきけん)諸塚村(もろつかそん)実家(じっか)(もど)り、その1週間後(いっしゅうかんご)召集令状(しょうしゅうれいじょう)が来た。
出征後(しゅっせいご)(はたら)いていた軍事工場(ぐんじこうじょう)から83円のお給料(きゅうりょう)(おく)られて()たそうだ)

祖母(そぼ)昭和(しょうわ)15年に父を()んだ(あと)から体調(たいちょう)(くず)入退院(にゅうたいいん)()(かえ)していた(ため)

祖父(そふ)()ごした時間(じかん)はとても(すく)なかった。

祖父も、生活(せいかつ)のほとんどは軍事工場(ぐんじこうじょう)寝泊(ねと)まりして(はたら)いていた(ため)

二人(ふたり)()ごした時間(じかん)本当(ほんとう)(わず)かな(あいだ)だった。

祖父は手紙(てがみ)でよく、祖母(そぼ)身体(からだ)気遣(きづか)っていたという。

そんな環境(かんきょう)の中だったから、幼少(ようしょう)(ころ)の父は、

曾祖父(そうそふ)に育てられたようなものだった(父の(じつ)祖母(そぼ)(すで)他界(たかい))。


祖父(そふ)戦地(せんち)(おもむ)くまでの(やく)20日間(はつかかん)宮崎県(みやざきけん)都城市(みやこのじょうし)連隊(れんたい)()ごしていた。

入隊後(にゅうたいご)(ぐん)()()まりが(きび)しく、音信不通(おんしんふつう)となる。

当時(とうじ)諸塚村(もろつかそん)では、

22日(ごろ)、祖父が所属(しょぞく)する部隊(ぶたい)戦地(せんち)出発(しゅっぱつ)するらしいという(うわさ)(なが)れた。

その(ころ)祖父は、都城市(みやこのじょうし)神柱神社(かんばしらじんじゃ)出発前(しゅっぱつまえ)のお(まい)りに行っていた。

その時、(おな)連隊(れんたい)にいたが戦地(せんち)(おもむ)部隊(ぶたい)ではなかった知人(ちじん)

「22日(ごろ)()るかもしれないから、(うち)連絡(れんらく)しておいてくれ」と(たの)んでおり、

その伝言(でんごん)曾祖父(そうそふ)祖父(そふ)父親(ちちおや))の(みみ)まで(とど)いた。

口伝(くちづた)えの内容(ないよう)

「22日(ごろ)都城(みやこのじょう)連隊(れんたい)戦地(せんち)出発(しゅっぱつ)するかもしれないという(うわさ)がある」

というものだった。

それを()いた曾祖父(そうそふ)は、ただの(うわさ)だろうと(おも)った。

祖母を(はじ)め、家族は曾祖父(そうそふ)の「嘘の噂」という判断(はんだん)(したが)った。

(げん)に、当時(とうじ)本物(ほんもの)情報(じょうほう)はほとんど庶民(しょみん)には(つた)えられず、(うそ)情報(じょうほう)(おお)かったのだ。

情報(じょうほう)(ぐん)秘密(ひみつ)にしていた(ため)(うわさ)はあくまでも(うわさ)として(つた)えられ、

ましてや停車駅(ていしゃえき)停車時刻(ていしゃじこく)情報(じょうほう)など(とど)(はず)もなく...。

諸塚村(もろつかそん)は、当時(とうじ)一番(いちばん)(ちか)(まち)日向(ひゅうが))に出るのも山道(やまみち)(くるま)2時間(にじかん)以上(いじょう)かかるような山奥(やまおく)だった。

(くるま)なんて、庶民(しょみん)()ってなどいない時代(じだい)に、だ。


昭和(しょうわ)19年4月22日。

祖母(そぼ)表現(ひょうげん)によると、たまたま日向(ひゅうが)旅館(りょかん)宿泊(しゅくはく)していた曾祖父(そうそふ)は、

もしかしたら(あの(うわさ)本当(ほんとう)かもしれない)。。。と(おも)い、午前(ごぜん)0時頃(れいじごろ)日向駅(ひゅうがえき)に行ってみた。

兵隊(へいたい)移動(いどう)するなら夜中(よなか)だと(かんが)えたからだ。

日向駅(ひゅうがえき)には(だれ)もいなかったし、その気配(けはい)もなかった。

それで、やっぱり(うわさ)(うそ)だったのだと思い、曾祖父(そうそふ)日向駅(ひゅうがえき)()った。

実際(じっさい)にはその日、都城(みやこのじょう)連隊(れんたい)()せた汽車(きしゃ)(たし)かに出発(しゅっぱつ)していた。


午前(ごぜん)2時。

宮崎県(みやざきけん)延岡(のべおか)南延岡駅(みなみのべおかえき)汽車(きしゃ)2分間(にふんかん)停車(ていしゃ)した。

祖父(そふ)はその汽車(きしゃ)()っていた。

運良(うんよ)くも正確(せいかく)情報(じょうほう)()兵隊(へいたい)家族(かぞく)親戚(しんせき)がたくさん見送(みおく)りに来ていた中、

自分(じぶん)家族(かぞく)見送(みおく)りに来ているものと(しん)じていた祖父(そふ)は、

汽車(きしゃ)()りて家族(かぞく)(さが)「来とらんかー!」(さけ)びながら

ホームをあちこちしていたという。

その姿(すがた)()かねた財光寺(ざいこうじ)というお(てら)の人が、

(なに)(つた)える(こと)があったら(つた)えましょうか」と(こえ)をかけると、

祖父(そふ)名前(なまえ)電話番号(でんわばんごう)()って「2時頃(にじごろ)ここを出た(こと)(つた)えてくれ」と言うのがやっとだった。

汽車(きしゃ)は、出発(しゅっぱつ)した。

(のち)にこの(こと)を知った曾祖父(そうそふ)祖母(そぼ)が、どれほど(むね)(いた)めたかは文章(ぶんしょう)にならない。

私はこの(はなし)を、子どもの(ころ)から何度(なんど)も何度も、祖母(そぼ)にせがみ、

これまでいったい何回(なんかい)()いたか(かぞ)()れない。

祖母(そぼ)はこの(はなし)をするといつも、(なみだ)ぐんでしまう。

どうにもできない後悔(こうかい)というのが、祖母の背中(せなか)にはあるのだと思う。


その(こと)から1週間(いっしゅうかん)ほど()って、福岡県(ふくおかけん)宗像市(むなかたし)から、

知らない人の住所(じゅうしょ)名前(なまえ)祖母(そぼ)(もと)手紙(てがみ)(とど)いた。

()けて見ると、それは祖父(そふ)からの手紙(てがみ)だった。

文面(ぶんめん)には、自分の名前では出せないので宿(やど)の人の名前を()りたと(しる)されており、

(ふね)が出るまで1週間(いっしゅうかん)ほどそこに(とど)まるという(こと)()かれていた。
名前(なまえ)()してくれた(かた)には、(のち)祖母(そぼ)がお(れい)手紙(てがみ)を出している)

あの日、延岡南駅(のべおかみなみえき)停車(ていしゃ)した汽車(きしゃ)福岡県(ふくおかけん)到着(とうちゃく)し、

(ふね)が出るまでの(あいだ)兵隊達(へいたいたち)居場所(いばしょ)を知られないように

宗像市(むなかたし)一般(いっぱん)民家(みんか)に2〜3人ずつ()かれて宿泊(しゅくはく)していた。

また手紙(てがみ)には「この手紙が()(ころ)には朝鮮(ちょうせん)現在(げんざい)韓国(かんこく))の汽車(きしゃ)の中でしょう」とあり、

祖父(そふ)はあの日、汽車(きしゃ)の中で配給(はいきゅう)された2個(にこ)のパンを、

南延岡駅(みなみのべおかえき)で父(祖父(そふ)息子(むすこ))にあげるつもりで、

パンを()って(さが)したが()えなかったので、

(おな)じくらいの(とし)の子どもにあげたとも()いていた。

祖父は、父(息子(むすこ))にあげるのと同じつもりで、同じ年頃(としごろ)の子どもにパンを(わた)したのだろう。

体の(よわ)かった祖母(そぼ)には、今度(こんど)(かえ)(ころ)には元気になっている(よう)にと()かれていた。

6月()まれの父は、当時(とうじ)(4月)まだ3才(さんさい)だった。

戦地(せんち)(おく)(ため)
日向(ひゅうが)まで出て、
祖母(そぼ)(ちち)(うつ)った写真(しゃしん)
祖母と父(3才)


《つづく》

【20080401/00:07】

日向(ひゅうが)延岡(のべおか)(あいだ)(くるま)で約30分くらいの距離(きょり)








ワード:メニュー


トップページ
Copyright (C) 知民 2006-today All Rights Reserved.