Slow Work System
Slow Work System ワード・スペース
すてても。すてても。すてたりない。
捨てても 捨てても 捨て足りない。


数年(すうねん)一度(いちど)(おとづ)れる人生(じんせい)大掃除(おおそうじ)(アンド)整理期間(だいせいりきかん)

今年の10月はその時期(じき)()たりました。

前回(ぜんかい)は2年ほど(まえ)で12月くらいだったような気がします。

およそ2週間(しゅうかん)前から不要(ふよう)なものを()(はじ)めているのですが、

捨てても、捨てても、捨て足りないんです。

少しも捨てた気分(きぶん)にならない。

こいう(とき)は「(りょう)」じゃないんですよね、きっと。

どうでもいいものはどんどん捨てればいいし、また是非(ぜひ)とも捨てるべきなのですが、

“どうでもいいもの”をどれだけ捨ててもエネルギー・レベルに「()き」がでない時は、

“どうでもよくないもの”の範囲(はんい)に捨てるべき(もの)(ひそ)んでいる(はず)です。

おそらく(あたま)では大切(たいせつ)だと(かんが)えていて後生(ごしょう)大事(だいじ)()っているものとか、

自分では気付(きづ)かずにいる何かがある筈なんですよね。

そういうものを持ち(つづ)けていると人生(じんせい)(あたら)しい(なが)れが(はい)()みにくくなってくるのです。

同時(どうじ)に。

()てたい衝動(しょうどう)にかられる時期(じき)は、(ちか)未来(みらい)に新しい流れが待機(たいき)している(こと)(おお)いんです。

(ふる)(もの)習慣(しゅうかん)執着(しゅうちゃく)して、または(ため)にならない依存関係(いぞんかんけい)継続(けいぞく)して、

それらの新しい機会(きかい)を流してしまうか、

それとも意識的(いしきてき)無駄(むだ)な物を処分(しょぶん)して人生に協力(きょうりょく)するか。


物もエネルギーの一部(いちぶ)ですから、

物を()てる事でエネルギー・レベルの()容量(ようりょう)()やす事に(つな)がります。

(たと)えば手離(てばな)すべき物が精神(せいしん)(およ)意識的(いしきてき)分野(ぶんや)でいうところの

執着(しゅうちゃく)」や「依存(いぞん)」だったとしても、

それらを()(はな)す(手放(てばな)す)(ため)象徴(しょうちょう)として存在(そんざい)する持ち物を捨てる事で、

その「意志(いし)」が(はら)(そこ)伝達(でんたつ)され、(ため)にならない関係性(かんけいせい)や為にならない思考(しこう)パターンを

より浄化(じょうか)しやすくなります。

その意味(いみ)で。

私は今、随分(ずいぶん)広範囲(こうはんい)影響(えいきょう)(およ)ぼしている「何か」をドッサリ()てる必要(ひつよう)があるらしい。

それが何か、

現在(げんざい)持ち物整理(せいり)(つづ)けつつ

セルフ・ヒーリングによって浮上(ふじょう)させようとしているところです。

(もっと)もエネルギー・スペースの容量(ようりょう)使(つか)っていて、

(あたま)ではそれが不要(ふよう)なものだと気付(きづ)いていない。

何だろう...。

昨日(きのう)はエネルギー・スペースに()()えると「一部屋分(ひとへやぶん)」の整理をしました。

が。

まだまだ捨てられます。

もともと、捨てるのは得意(とくい)なんですけどねっ。

と言っても、生きている期間(きかん)(なが)くなればなるほど(定期的(ていきてき)に整理したとしても)

持ち物は()えてくるのでそれなりに物はありますけどねっ。

本やCDも出来(でき)るだけ選択(せんたく)して処分(しょぶん)するようにはしていますし。

人からの(いただ)き物でも自分に必要(ひつよう)がないと(かん)じたら(ほか)の人にあげるか、

物によっては一定期間(いっていきかん)保管(ほかん)して相手(あいて)の「(おも)い」のみを受け取って(あと)は捨ててしまいます。

(いただ)いた手紙(てがみ)とかも1年以上(いじょう)保管(ほかん)する事はほとんどないです。

大抵(たいてい)返事(へんじ)()いてポストに投函(とうかん)したら破棄(はき)します。

年賀状(ねんがじょう)も、返事を出したら()てます。

ケイタイやPCメールも、

返信したら自分のも相手(あいて)のもその日の分はその日の(うち)削除(さくじょ)します。

あ。でも、内容(ないよう)(ふか)かったり回答(かいとう)熟慮(じゅくりょ)が必要な時はその返信を()えるまで、

または一連(いちれん)の内容のやりとりを終えるまでは保管しておきますけどねっ。

メールに約束(やくそく)日時(にちじ)重要(じゅうよう)情報(じょうほう)(しる)されている場合(ばあい)例外(れいがい)です。
(とっておかないと(わす)れるから)


どちらかと言うと。

捨てるのは苦手(にがて)ではない「(はず)」なんですけど...。

今回(こんかい)は大きいなぁ...。

(たと)えば、

どうでもいいものを100()捨てても

できる()容量(ようりょう)は「100メガ」だとするじゃないですか、

でも、広範囲(こうはんい)のエネルギーを消費(しょうひ)しているレベルのものを1個捨てるだけで、

その空き容量は「10ギガ」(きゅう)だったりします。

自分が()()環境(かんきょう)体内(たいない)波動(はどう)(つね)連動(れんどう)していますので、

どうでもいいものがたくさんあると言うことは、

それだけエネルギーを浪費(ろうひ)している事になります。

それを毎日(まいにち)()(かさ)ねで(かんが)えると、

一年では(やく)、「何事(なにごと)かは()こせるくらいの勇気(ゆうき)(ぶん)のエネルギーを浪費(ろうひ)しているのかも。

なので。

無駄(むだ)だと()かり()っているものは、サッサと()てましょうネ♪

やっかいなのは大切(たいせつ)だと(おも)()んでいる物の中にある、どうでもいいものです!

これほどエネルギーを浪費しているアイテムはありません!

でも。

「大切」だと思い込んでいるので、まさかそれが無駄なものだとは思いつかないいんです。

現在(げんざい)の私のエネルギー・スペースにそれがある“らしい”。

しかもその(けん)について、

10月31日までに(すべ)手放(てばな)すようにとの「SIGN(サイン)」が出ているんです。

時間(じかん)がないぞ...(はや)気付(きづ)かないと..。


(さら)に。

(いま)私は、風邪(かぜ)っぴき。

「風邪」は肉体(にくたい)解毒(げどく)停滞(ていたい)していた物事が(うご)(はじ)める事の象徴(しょうちょう)とされています。


あ。そうそう、捨てるだけじゃなくて「統合(とうごう)」してひとつにまとめる事も、

エネルギーの()容量(ようりょう)()やす事につながります。

(たと)えばバラバラに保管(ほかん)していた資料(しりょう)()内容(ないよう)のもので一冊(いっさつ)にまとめるとか、

(ちい)さいフォトアルバムをいくつも持っていたら、それを一冊にまとめるとか、

この場合(ばあい)も人生の空き容量を増やすのに役立(やくだ)ちます。

似たような物をバラバラにあちこち保管(ほかん)していると注意力(ちゅういりょく)散漫(さんまん)につながりますし、

思考(しこう)(あさ)いレベルに(とど)まり、

重要(じゅうよう)問題(もんだい)熟慮熟考(じゅくりょじゅっこう)するゆとりが出来にくくもなります。

なので。

とても大切(たいせつ)案件(あんけん)(こた)えを出す必要(ひつよう)がある時は、

思考(しこう)する場所(ばしょ)自室(じしつ)・オフィスの(つくえ)など)の

整理整頓(せいりせいとん)(おこな)ってから(かんが)えると

よりクリアで詳細(しょうさい)対策(たいさく)(ひらめ)きを()る事が出来ると思います。

あ。

アドバイスとかしてる場合(ばあい)じゃなかった!

今は自分の人生の「重要(じゅうよう)無駄(むだ)」を(さが)さなきゃ!


【20081023/20:17】





私も物が()てたくなった♪

(ぼく)も物が捨てたくなった☆

けど、

「捨てるの苦手(にがて)なんだよね〜」

そんな貴方にはとっておきの本をご紹介(しょうかい)します。

この本を()んで、人生に☆CHANCE(チャンス)☆が(なが)()(ため)()容量(ようりょう)(つく)りましょう♪

『ガラクタ捨てれば 自分が見える』 『ガラクタ()てれば 自分が見える』

風水(ふうすい)整理術(せいりじゅつ)入門(にゅうもん)

カレン・キングストン (ちょ)田村(たむら)明子(あきこ) (やく)

小学館文庫(しょうがくかんぶんこ)


定価(ていか) 本体(ほんたい)514円+
(ぜい)


そして。

(あたら)しい流れに()って。

貴方がよりいっそう幸福(こうふく)(みちび)かれますように♪

あ。

本を紹介(しょうかい)している場合(ばあい)じゃなかった!

(はや)くパソコンの電源(でんげん)()って「セルフ・ヒーリング」をしなきゃ!


【20081023/20:29】








ワード:メニュー


トップページ
Copyright (C) 知民 2006-today All Rights Reserved.