Slow Work System
Slow Work System ワード・スペース
たびのきろく/ページ2
2005

1013(木)

午前中(ごぜんちゅう)明治神宮(めいじじんぐう)へ。

明治神宮は東京へ行ったらほぼ(かなら)ずと言っていいほど(おとづ)れる。

参拝(さんぱい)()え、

境内(けいだい)のお(みせ)夕食(ゆうしょく)約束(やくそく)をしている友人2人への手みやげにお(ちゃ)とおかきを購入(こうにゅう)

その()。明治神宮から一旦(いったん)、新宿へ(もど)西武新宿線(せいぶしんじゅくせん)で「東伏見駅(ひがしふしみえき)」へ()かう。

午後(ごご)約束(やくそく)している友人宅(ゆうじんたく)へ。

14:34「東伏見駅」に到着(とうちゃく)

そう言えば....まだお(ひる)()べていない。

(えき)(ちか)くのマックでポテトとサラダを食べる。

それから。

友人宅へ向かおうとしたところ、伏見稲荷神社(ふしみいなりじんじゃ)鳥居(とりい)()かれて

そちらの(ほう)(ある)いて行くと(ちい)さな手作(てづく)和菓子屋(わがしや)さんを発見(はっけん)

(おも)わず、友人への()みやげに芋羊羹(いもようかん)(くり)ドラ()きを()った。

ちょうどその(あと)に友人から電話(でんわ)が入った。

「あ。これから行く」と(こた)方向(ほうこう)()えた。

伏見稲荷神社には結局(けっきょく)行かなかった。


友人宅へ向かう(あいだ)

不思議(ふしぎ)だったのは。

これまで何度(なんど)()ているにも(かか)わらず、

まるで()らない(まち)を歩いているような気がしていたこと。

(わす)れているとか、(いつもの)方向音痴(ほうこうおんち)とかじゃなくて
本当(ほんとう)に知らない町みたいな..。

結局(けっきょく)、3(かい)ほど電話で(みち)確認(かくにん)しながら辿(たど)()いた。

友人からは。

先日(せんじつ)当時(とうじ)(さい)息子(むすこ)さんに

説明(せつめい)のつかない奇異(きい)行動(こうどう)が見られることについて相談(そうだん)があり、

(はなし)だけでは見当(けんとう)がつかないので実際(じっさい)()ってみることにしたのだった。

実際に会って。

背中(せなか)」が気になる。と、(かん)じた。

背中上部(じょうぶ)のエネルギーの保護(ほご)(よわ)いように感じた。

友人はレイキの(だい)段階(だんかい)実践者(じっせんしゃ)だった(ため)

特定(とくてい)のシンボルを使(つか)って背中の保護を強化(きょうか)する方法(ほうほう)(つた)え、実践(じっせん)してみるよう(すす)めた。

(たと)えば(しゅう)に1回だけ長時間(ちょうじかん)集中(しゅうちゅう)して(おこな)うよりも、

1日に数分(すうふん)だけでも《毎日(まいにち)》行ったほうが安定(あんてい)した作用(さよう)()やすい(こと)も伝える。

16:30(ころ)友人宅(ゆうじんたく)()る。

宮崎(みやざき)(うつ)ってからは、なかなか()機会(きかい)がないこともあり、

(なみだ)ぐみながら「またね」と言う友人の何とも言えない気持(きも)ちが伝わり、

(なん)とも言えない思いがした。


ごめんね...(とお)くに(はな)れてしまって。


子どもと一緒(いっしょ)に、私が(かど)()がって()えなくなるまで

手を()(つづ)ける友達(ともだち)を思うと そんな気持(きも)ちがした。


(その()、2週間くらい()ってから友人から連絡(れんらく)があり、

 背中保護(せなかほご)強化方法(きょうかほうほう)(つづ)けたところ

 息子(むすこ)さんの奇異(きい)な行動が消滅(しょうめつ)したとの報告(ほうこく)があった)


友人宅を出て、この(あと)約束(やくそく)のある「竹橋駅(たけばしえき)」に移動(いどう)

途中(とちゅう)

(さき)に着いた友人から「竹橋方面出口(ほうめんでぐち)(がわ)改札(かいさつ)()っているとメールが入り、

そちら()かう。

合流(ごうりゅう)したところで、もう1人の友人からメールが入っていることに気付(きづ)いた。

(おく)れるとの内容(ないよう)だったので、先に二人(ふたり)でお(みせ)に入る。

ひとまずハーブティーを注文(ちゅうもん)して。

お店に()いてあるクッキング・ブックを一緒(いっしょ)()

あれこれと会話(かいわ)しながらもう1人を()つ。

そこへ遅れた友人が到着(とうちゃく)

ようやく3人(そろ)った。

いったい、何年(なんねん)ぶりなんだ?! 3人が(そろ)うのは。

それぞれの予定(よてい)都合(つごう)個々(ここ)()うことはあっても

3人で会う機会(きかい)滅多(めった)になくなっていたから。

専門学校時代(せんもんがっこうじだい)(なつ)かしく感じる。

ホントによく、3人であちこち行ってたもんね。

出会(であ)ったのは若者(わかもの)(ころ)だったのに

(たが)いどんどん成長(せいちょう)をして

それぞれに必要(ひつよう)経験(けいけん)()んで

各々(おのおの)(ちが)った(みち)(ある)きながらでも。

今でもこうして会えるのが(うれ)しい。

この日。

(えき)(わか)れる(とき)(おく)れてきた友人が別れ(ぎわ)一瞬(いっしゅん)見せた表情(ひょじょう)印象的(いんしょうてき)だった。

(たが)いを

前世(ぜんせ)では双子(ふたご)だったんじゃないかとまで(かん)()っていたあの(ころ)距離(きょり)(ちか)さは。

月日(つきひ)(かさ)ねる(たび)(しず)かに距離(きょり)()

()土地(とち)()わるとなお、より一層(いっそう)(とお)くなった気がしていた。

だから。

あの(とき)の友人の表情(ひょうじょう)(かす)かに(のこ)(きづな)希望(きぼう))を思わせた。

今でも時々(ときどき)、あの時(かれ)の表情に感じた“印象(いんしょう)”を思い出す。


1014(金)

ウィークリーマンションは明日(あした)(あさ)までの契約(けいやく)

明日、15日から17日までは月島(つきしま)友人宅(ゆうじんたく)宿泊予定(しゅくはくよてい)

18日は板橋区(いたばしく)()知人宅(ちじんたく)一泊(いっぱく)

どちらも、東京に来る事があったら是非(ぜひ)()まって行ってほしいと言われていた(ため)

それぞれに都合(つごう)()いて今回(こんかい)予定(よてい)()れていた。

明日は(あさ)からまる1日名古屋(なごや)()ごすため、

荷物(にもつ)を今日のうちに月島の友人宅は(はこ)んでおく(こと)にした。

荷物を運び、友人宅でお(ひる)()べ、しばらく()ごしてから新宿(しんじゅく)(もど)る。

この日は(ほか)にも約束(やくそく)が入っていた?はずなのだが、

(なま)けてメモをとっていなかったので、内容(ないよう)(おぼ)えていない。

(この時期(じき)は、(たび)日々(ひび)出来事(できごと)記録(きろく)しておく事が面白(おもしろ)くて夢中(むちゅう)になっていた)


1015(土)

09:53(はつ)「のぞみ」で名古屋(なごや)()かう。

名古屋駅に()いて昼食(ちゅうしょく)をとった(あと)

恩師(おんし)講演(こうえん)があるイベント会場(かいじょう)()かう。

この日印象的(いんしょうてき)だったのは。

数年(すうねん)ぶりにお()いした大阪在住(おおさかざいじゅう)のレイキマスター。

以前(いぜん)一度(いちど)だけ東京で(かお)を合わせている。

数年後(この日)、バイブレーションがスゴく変化(へんか)していた。

《すごいっ!数年間(すうねんかん)で、ここまで自分を(そだ)てられるものなんだ...!》と感動(かんどう)した。

並々(なみなみ)ならぬ姿勢(しせい)(こころざし))でレイキの実践(じっせん)()()んでこられたのだと(さっ)した。

その日を()えて、(えき)のホームで月島(つきしま)の友人に連絡(れんらく)をした。

これから(かえ)ると(つた)えたら、夕食(ゆうしょく)()っていてくれるって。

東京へ(もど)り、友人とずいぶん(おそ)夕食(ゆうしょく)をとりながら。

(ひさ)しぶりに()って、なかなか会話(かいわ)()わらない(笑)

3泊(さんぱく)する(あいだ)に、

友人にレイキの(だい)段階(だんかい)と第2段階のアチューンメントを(おこな)(なが)れになった。

これは。

完全(かんぜん)予定外(よていがい)(なが)れ。

まったく、(すこ)しの予想(よそう)予兆(よちょう))すらしていなかった展開(てんかい)だった。

(よく)16日(日)に第1段階のアチューンメント。

17日(月)に第2段階のアチューンメント。

それを()えたら。(なん)安心(あんしん)した。

今後(こんご)いかなる(とき)も、彼女(かのじょ)にはレイキがある。

そう(おも)うと、安堵感(あんどかん)を感じた。


1018(火)

午後(ごご)月島(つきしま)友人宅(ゆうじんたく)を出て、今夜(こんや)宿泊先(しゅくはくさき)知人(ちじん)()()わせ。

待ち合わせは「()ちどき」の(えき)

ひとまず、駅の(ちか)くの甘味処(かんみどころ)でお(ちゃ)をした(あと)(とも)に知人宅へ移動(いどう)

夕食(ゆうしょく)(さそ)い合わせの流れになり、4人になった。

一軒(いっけん)じゃ()りなくて、夕食後(ゆうしょくご)場所(ばしょ)()えて深夜(しんや)(ちか)くまで過ごした。

とても。(たの)しい(よる)だった。


1019(水)

知人宅(ちじんたく)を10:00(ごろ)出発(しゅっぱつ)

目黒(めぐろ)までバスを使(つか)い、そこから電車(でんしゃ)品川(しながわ)へ。

普段(ふだん)はモノレールの利用(りよう)主流(しゅりゅう)だけど、この日は京浜急行(けいひんきゅうこう)を利用した。

(ひま)だからと、(おとうと)羽田(はねだ)まで見送(みおく)りに()てくれた。

私もたいがいに空港(くうこう)()きだけど、弟も空港好きだからね(笑)


飛行機(ひこうき)無事(ぶじ)宮崎空港(みやざきくうこう)到着(とうちゃく)

(やく)10日間(とうかかん)(たび)()わった。


【20090201/23:47】







ワード:メニュー


トップページ
Copyright (C) 知民 2006-today All Rights Reserved.