Slow Work System
Slow Work System ワード・スペース
ただいま
いつ、更新(こうしん)するのかな?。。。と、少し思った?

だって23日には宮崎に(もど)ってるわけだし、

本来(ほんらい)なら早速(さっそく)更新(こうしん)があるハズ。。。とか。


あのね、トラベルボケを()こしてたの。

異世界(いせかい)感覚(かんかく)がね、なかなか()えなくて。

(たび)」には内的世界(ないてきせかい)変容(へんよう)(ともな)うのだけどね、

その、

「旅」のプロセスの中でも今回はかなり濃厚(のうこう)充実(じゅうじつ)した内容(ないよう)だった(こと)もあって。

宮崎に(もど)ったら、何もかもが(ちが)って見えて。

まるで(すべ)てが()わってしまったみたいに。

結局(けっきょく)

それだけ内側(うちがわ)変化(へんか)()こっている(変容(へんよう)している)という事です。

この現象(げんしょう)は。

何も(とお)くの「旅」にだけ(ともな)うものではなくてね、

(くるま)で2時間程度(ていど)場所(ばしょ)でも、(ちか)くの友人(たく)一泊(いっぱく)した程度(ていど)のことでも、

それが「その時」であれば、見事(みごと)()されるわけですよ。

一見(いっけん)

何も()わらない。

だけど、見えない所で「使用前(しようぜん)」「使用後(しようご)」ほどの(ちが)いがあって。

(たと)えば。

変容前(へんようまえ)なら「NO」と(こた)えた事も変容後(へんようご)には「YES!」と答える(よう)GAP(ギャップ)

内的変化(ないてきへんか)(もと)めるなら。

(たび)」に出よ。


さて。

そろそろトラベルボケも(うす)れて「使用前」「使用後」の統合(とうごう)(すす)んでいるところです。


そして。

「使用前」であれ「使用後」であれ、変わらない関係(かんけい)()(つづ)ける人もいれば、

「使用後」を()に関係が(とお)くなる(えん)もある。


変容(へんよう)(ともな)い、安定(あんてい)した関係に“ゆさぶり”がかかる事もある。

それで(はな)れる(えん)もあれば、より(つよ)(むす)びつく関係(かんけい)もあり。

(まった)(あたら)しいタイプの人と出合(であ)(はじ)めるのも、そんな“ゆさぶり”の(あと)


“ゆさぶり”がかかると、人は(おも)(なや)む。

何故(なぜ)?せっかく安定(あんてい)していたのに。


上手(うま)誤魔化(ごまか)してでも何とか「安定」を(つづ)けようとする。

ダメダメ。

“ゆさぶり”がかかってる時点(じてん)で、そんなの意味(いみ)()さないよ。

安定(あんてい)」が(ただ)しい現象(げんしょう)なら、(もと)から“ゆさぶり”なんて()こらないって。

そんな時は「安定」への未練(みれん)()てて“ゆさぶり”を()け入れるの。



そして できれば。

自分の「(かげ)」ではなく、

(ひかり)」を(うつ)し出してくれる人と一緒(いっしょ)にいる時間(じかん)(おお)(つく)った(ほう)がいいよ。

でもその(ため)には。

相手(あいて)の「影」ではなく、「光」を(うつ)し出せる媒体(ばいたい)にならなければねっ。



今ある問題(もんだい)(ゆさぶり)にヒントを()たい時には。

その問題に(かん)する「接点(せってん)」を(さが)す。


(かなら)ず。

どこかに「接点」がある。

現在(げんざい)過去(かこ)未来(みらい)

人や出来事(できごと)(もの)場所(ばしょ)

態度(たいど)行動(こうどう)(つた)(かた)

ひとつの強烈(きょうれつ)接点(せってん)の時もあるし、複数(ふくすう)の小さな接点の(あつ)まりの場合(ばあい)もある。


過去(かこ)(かえり)みるのもいい。

これまでにも、それに()経験(けいけん)がなかったか。

その時、どうしたか。


日常(にちじょう)意識(いしき)してみるのもいい。

最近(さいきん)()()えた小説(しょうせつ)に、()(はなし)がなかったか。

友人(ゆうじん)会話(かいわ)酷似(こくじ)した環境(かんきょう)(かん)じなかったか。

たまたま()けたテレビ番組(ばんぐみ)で、

まるで自分のの(なや)みだと思う(よう)な事が(かた)られていなかったか。


自分にも注目(ちゅうもく)して見よう。

これまでにも、ある局面(きょくめん)になると(かなら)ずとってしまう行動(こうどう)態度(たいど)があったのでは?

(ため)にならないと意識(いしき)していながら、どうしてもやめられない事とか。

今の問題(もんだい)に。何か、リンクしてない?


接点(せってん)」に注目(ちゅうもく)すれば、全体像(ぜんたいぞう)が見えて来る。

“ゆさぶり”がかかったら「接点」を(さが)す。


(かなら)ず。

気付(きづ)ける。


どこに変化(へんか)必要(ひつよう)なのか。

どの部分(ぶぶん)(とら)(かた)()えたら()いのか。

どこに、()()まりのパターンがあるのか。


接点(せってん)」に()れた(とき)

(きざ)し”が(あらわ)れる。

“兆し”が現れると(ほど)なく。

意識(いしき)変容(へんよう)する。

意識が変容すると。

内外共(ないがいとも)現実的(げんじつてき)変化(へんか)(しょう)じる。


そこまで()れば。

(ろう)」ナシ。

ただ、変化(へんか)(なら)って()きるのみ。



「ただいま」とか言いながら、

だんだん(むずか)しい(はなし)()()んでくれるな。。とか?(笑)

もう(おそ)いよ、()()えちゃったし♪


【20080701/01:09】







ワード:メニュー


トップページ
Copyright (C) 知民 2006-today All Rights Reserved.