Slow Work System
Slow Work System ワード・スペース
たいどう@
2006年9月8日。


その日は。

平和台(へいわだい)公園(こうえん)()かっていた。
※平和台公園についてはこちらのサイトへ。

私は時々(ときどき)、ボケッと(おとづ)れてぶらぶらと散策(さんさく)したりするのに平和台公園へ(あし)(はこ)ぶことがあり、

その日も平和の(とう)を見ながらぼんやり()ごすつもりだった。

平和台へ向けて(くるま)(はし)らせているうちに、ふと、(べつ)の行き先が脳裏(のうり)をよぎった。

その場所(ばしょ)は、

それはもう(いと)おしい波動(はどう)(かも)し出してくれる()()うお地蔵様(じぞうさま)があり、お気に入りの場所だった。

それで。

“今日は平和台やめて、そっちへ行こう”と、やわらかく(おも)(なお)した。

(みち)変更(へんこう)してその場所へ到着(とうちゃく)するまでの(あいだ)、行き()直前(ちょくぜん)

()がる(ところ)(まった)く気に()めていなくて(とお)()ぎてしまった。

“あ。間違(まちが)った”と思いながら、しばらくそのまま走ってからU(ユー)ターンして(もと)(もど)った。

何かの、時間(じかん)合わせかなぁ...と思いながら。

こういう時はね、(みちび)きの電波(でんぱ)?が時間合わせをしている時が(おお)いんですよ、実際(じっさい)

なので。

今日は(だれ)かに会うのか...または時刻的(じこくてき)理由(りゆう)によるものか...

(たと)えば神社(じんじゃ)など、時間帯(じかんたい)によってエネルギーレベルや性質(せいしつ)変化(へんか)する場所では、

目的(もくてき)(おとづ)れる人の個性(こせい)(およ)状態(じょうたい))によってベストタイミングが存在(そんざい)するようなのです)

...そんな(ふう)漠然(ばくぜん)(かんが)えながらハンドルを(にぎ)っていた。

そんな前兆(ぜんちょう)()けながらその場所へ到着(とうちゃく)して、いつもの駐車場(ちゅうしゃじょう)(くるま)()めて。

いつもの水場(みずば)自然界(しぜんかい)にご挨拶(あいさつ)して()(きよ)めて。

まずはお(どう)へ行ったけど今日は(とびら)()けずに、(なん)となくお堂の前方(ぜんぽう)

(すこ)(はな)れた(ところ)()ててある説明版(せつめいばん)の前に行って由来(ゆらい)()んでみた。

すると。

その場所のすぐ(となり)駐車場(ちゅうしゃじょう)に車を停めていた女性(じょせい)(こえ)をかけられる。

その女性は50(だい)後半(こうはん)から60代前半?くらいに()えた。

私は最初(さいしょ)、その女性には気付(きづ)いていなかった?ような気がする。

車は見えたけど、その女性の姿(すがた)は見えなかったから。


どうやら。

今日は《()ち人アリ》の日だったらしい。


その女性は時々(ときどき)気分転換(きぶんてんかん)をしたい時に、この場所で(しず)かに()ごすそうだ。

車が宮崎(みやざき)ナンバーじゃなかったから、他県(たけん)の人かな?と思って(たず)ねたら、

車は知人(ちじん)からの()りもので自分は宮崎の人間だと(おし)えてくれた。



**********************************************************

わざわざ車のことを(たず)ねたのにはわけがあり、

以前(いぜん)この場所である土地(とち)(かん)する「SIGN」を(あた)えられた(こと)があり、その()

連続(れんぞく)した(みちび)きにより、その土地(とち)には何度(なんど)(あし)(はこ)ぶことになった重要(じゅうよう)な場所なのですが...

この日女性が()っていた車がその土地(他県)のナンバーだったので...

思わず「ギクッ」としたからです。

**********************************************************



そのまま、女性と少し、ネコの(こと)会話(かいわ)した。

この(あた)りに()()いているネコが疥癬(かいせん)ダニにやられているから、今日(くすり)()ませてみたそうだ。

女性によると、2回も飲めば()くなるらしく、今日は1回目を飲ませたとのこと。

その後、ここは(何代目(なんだいめ)かの)天皇(てんのう)のお(はか)があるのか?(あるハズという(かん)じで)、

どこだろう、とおっしゃるので。

私は「あぁ、そう言われれば天皇って()いてありますね」と説明(せつめい)()きを見ながら言う。

(たび)途中(とちゅう)、ここの()(みず)を飲んでお()くなりになったとのこと。

またこの周囲(しゅうい)では、一万年(いちまんねん)(まえ)遺跡品(いせきひん)などが()ているらしい。

その女性は、天皇(てんのう)のお(はか)のことをすごく気にしていて、何度(なんど)もそれを口に出していた。

(した)道路(どうろ)右側(みぎがわ)(いし)()んだこんな(かたち)の石があるんだけど。と、

手でその石の形を(しめ)しながら、あれがお墓だろうかと()かれ、

私はその石には(まった)気付(きづ)かなかったので、今までその石に気付かなかったと(こた)えた。



**********************************************************

(あと)調(しら)べたのですが、ここで息絶(いきた)えたと(つた)えられている天皇の御陵(ごりょう)(お(はか))は他県(たけん)にあるそうです。

それに。御陵もいくつか候補(こうほ)があるようで...。

この()で息絶えたと言われているという事は、火葬(かそう)して遺骨(いこつ)をそこへ(はこ)んだのかなぁ?

ただね、この天皇については架空(かくう)存在(そんざい)ではないかとも言われているらしいです。

古事記(こじき)には一応(いちおう)御陵(ごりょう)がある場所(ばしょ)土地(とち)(しる)されているそうなので、

それからすると実在(じつざい)は...してたのかなぁ?

ちなみにこの場所は、天皇が息絶(いきた)えた場所とは説明(せつめい)されていますが、説明版(せつめいばん)には

ここに御陵があるとは書いてありませんでした。

**********************************************************



さて。

天皇の事を会話していると、女性が、

この先(今いる場所からもっと(おく)(ほう))にも何か(霊場(れいば))があるみたいだけど..とおっしゃるので

「ありますよ」と言うと、「行ったことある?」と()かれ、

「ありますよ、とても(きよ)らかな場所です(ニコリ)」と伝える。
(少なくとも私との相性(あいしょう)はいい)

その女性はまだ行った事がないらしい。

その後もしばらく話をしていたのだけど、女性はやっぱり天皇のお墓の事をとても気にしていて、

その場所(奥の方)にお墓があるのだろうかと()われるので、今まで(かんが)えた事もなかったと伝え、

そう言われれば...そんな事もあるのかなぁ..と思いながら

「そんな可能性(かのうせい)もあるんですねー」と応答(おうとう)

それから。

「じゃ、私は奥の方へ行って(かえ)ります」と言うと、1人で(こわ)くないのかと()かれた。

私は「大丈夫(だいじょうぶ)ですよ、とても(きよ)らかなところなんです」と(こた)える。

すると女性が「私も行こうかな。1人じゃ行けないから」と言うので、一緒(いっしょ)に行く事になった。


今日は。

同行者(どうこうしゃ)アリ》の日らしい。


【20070601】つづく








ワード:メニュー


トップページ
Copyright (C) 知民 2006-today All Rights Reserved.