Slow Work System
Slow Work System ワード・スペース
たいどうC
仏石(ぶっせき)文字(もじ)確認(かくにん)()えて、それに満足(まんぞく)した(ころ)

(ほうき)があれば良かった、(今度(こんど))箒を()って来てもよい、

という(よう)な事をおっしゃりながら手で()()(ひろ)っていた。

少し前に雨と風の(つよ)い日が(つづ)いていたので、あたりは落ち葉や()れた(えだ)だらけだった。

私は、落ち葉を拾う女性の姿(すがた)を見て、あ。...()いた方がいいのかな..と思い、

その(あた)りの()葉付(はつ)きの木の枝を拾って、それを(ほうき)()わりにして()いてみた。

女性は少し(はな)れた向こうの方で落ち葉や落ち木を拾っていた。

そんなふうにお(たが)い枯れ葉掃除(そうじ)をしていたら、

しばらくして女性がこちらにやって来て、雑談(ざつだん)をしながらまた「箒があれば..」と言う。

手で拾ってはみたものの、やっぱりちゃんと掃除をしたい(よう)で...。

(ほうき)があったらいいのにと、何度(なんど)もおっしゃりながら(ふたた)び落ち葉拾いへ..。

私は枯れ葉付きの木の枝がわりと気に入り(はじ)めていて、軽快(けいかい)に落ち葉()きをしていた。

すると。

「あっ、ここにあるわ!」と言う(こえ)がしたのでそちらを見ると...

(すみ)一角(いっかく)の木の裏側(うらがわ)竹箒(たけぼうき)とプラスチック(せい)の箒が何本か立てかけてあった。

私がそこへ行くと。

女性は当たり前のように。

(だま)って私に竹箒を手渡(てわた)した。

そして自分でも箒を手に()って。

お互い何を(はな)し合うでもなく。

(おの)ずとそこらじゅうの落ち葉を掃き始めた。

落ち葉掃きをしながら「よく(箒を)見つけましたねー」と言うと、

彼女は「よく見つけたねって、まるで(はか)られたような気がするよ」と笑った。

あぁ、(たし)かに。(なが)(てき)に。

「そうですね」と私も(わら)う。

掃除(そうじ)をしてくれ”と天皇の(れい)御魂(みたま))が()んだのだと彼女は言い、

(つづ)けて「天皇(てんのう)さんはさすがに(人の)使(つか)(かた)上手(うま)い」と言うので、

私も「そうですね、人選(じんせん)上手(じょうず)ですね。

ちゃんと掃除してくれそうな人を(えら)んだんですね」と言うと、

女性は「(その事が)可笑(おか)しい..」と言って笑っていた。

それから...お(たが)随分(ずいぶん)熱心(ねっしん)集中(しゅうちゅう)して落ち葉を掃いた。

女性は途中(とちゅう)

天皇の仕事(しごと)(使い)をしたのだから何か良い事があるかも、と言ったあと、

すかさず「うそ、うそ、そんな事言ったらいかん。ボランティアよ、ボランティア」

と言い(なお)していた(笑)

小さな石段(いしだん)も、ちゃんと下まで()いた。

その場所(ばしょ)は。

とてもキレイになった。

スッキリして、(たの)しかった。

ほぼ完璧(かんぺき)と言える掃除を()えた(ころ)、そろそろ日が()(はじ)める時間になっていた。

私とその女性は「お(つか)れさまでした」とお互いに言葉をかけあった。

女性の(くるま)のところまで一緒(いっしょ)(ある)いたあと、

「私は下に車を()めているので」と言って、女性とはそこで(わか)れた。

最後(さいご)にもう一度(いちど)「お(つか)れさまでした。楽しかったです」と挨拶(あいさつ)をした。

結局(けっきょく)、お互い名前(なまえ)()らないまま。


楽しくも奇妙(きみょう)な1日。



****************************************************

それにしても。

やっぱここ、(私にとって)何かある。

この事のある(やく)2ヶ月前、2006年の7月19日にも、

ふらりとここへ(おとづ)れてしばらくのんびり()ごしてから駐車場(ちゅうしゃじょう)の方へ()かっていると、

背後(はいご)からと言うか、山(木々や土)全体(ぜんたい)から、

体に()(わた)るようにメッセージ(波動(はどう))が伝えられた。

そのメッセージは「この山清(やまきよ)く、水の()えることなし」というものだった。

こういう事は(説明(せつめい)(むず)しいのだが)声が()こえるわけではない。

一種(いっしゅ)のテレパシーにも()感覚(かんかく)で、

声は聞こえないけど、波動で何かが伝わる様子(ようす)は体で微細(びさい)に感じられ、

それと同時(どうじ)に(おそらく波動が人間に理解(りかい)できる言語(げんご)自動変換(じどうへんかん)されるのでしょう)

その波動が何を伝えているのかは瞬時(しゅんじ)に知る事が出来る。

それに。

こういうのは。

人間なら(だれ)にでも(そな)わっている感覚(かんかく)で、特別(とくべつ)な事じゃない。

不思議(ふしぎ)だとしたら、

何故(なぜ)、山はわざわざ《そのメッセージを知らせたのか》という事かなぁ。。

(いま)だにその理由(りゆう)はわからない。


*****************************************


【20070609】おわり







ワード:メニュー


トップページ
Copyright (C) 知民 2006-today All Rights Reserved.