Slow Work System
Slow Work System ワード・スペース
たくはいびん
昨日(きのう)、11月8日の午後(ごご)

宅配便(たくはいびん)(とど)いた。

玄関(げんかん)(とびら)()けると宅配の(かた)が「お誕生日(たんじょうび)おめでとうございま〜す」と言って

(だん)ボール(ばこ)()()した。

誕生日はとっくに()ぎているけど、11月には間違(まちが)いない。

どうして宅配の人が誕生日を()っているのか一瞬(いっしゅん)困惑(こんわく)してすぐに伝票(でんぴょう)に目を()とした。

伝票には“お誕生日(いわい)”と書かれており、“あ。それでか..”と納得(なっとく)して

「ありがとうございます☆」と言って荷物(にもつ)()()った。

(みせ)からの直送(ちょくそう)らしく、差出人(さしだしにん)はお店になっていた。

段ボールを(かか)えて伝票を(なが)める。

いったい、(だれ)から?

そして。

さっきは気付(きづ)かなかったけど、

お誕生日祝の文字(もじ)(よこ)(ほう)に“ご依頼主(いらいぬし)”と書かれて(おとうと)名前(なまえ)がそれに(つづ)いていた。


弟!?


今まで誕生日プレゼントなどしてくれたことはない。

もちろん、電話(でんわ)一本(いっぽん)も、メールの一通(いっつう)も来たことはない。


私は毎年(まいとし)プレゼントを(おく)っているけど。

それは私と(あね)趣味(しゅみ)みたいなもので、毎年お(たが)いに贈り合っていて。

姉も私も、弟にも例外(れいがい)なく毎年誕生プレゼントを贈る。

()言うけど、それは私と姉の趣味みたいなもので勝手(かって)にやっていることだから、

これまで弟からのプレゼントを期待(きたい)した(こと)もないし。

だからこんな(ふう)突然(とつぜん)奇妙(きみょう)現象(げんしょう)()こると(うれ)しいながらも困惑(こんわく)する。

どうした!?弟!?

何か、とてつなくイイコトがあって気分(きぶん)上々(じょうじょう)だったとか?

それなら姉もスゴく嬉しい。

そう言えば。

2〜3週間(しゅうかん)ほど前、10月に。

わざわざ電話(でんわ)をかけて来て。

最近(さいきん)時々(ときどき)(かお)()してるたこ()()さん夫婦(ふうふ)に私の事を話したら

“お(ねぇ)さんに一度()ってみたい、気が合いそうだ”

とおっしゃっていたとのメッセージを(はこ)んできた。

何故(なぜ)、私に興味(きょうみ)()たれたのかと言うとね、

たこ焼屋さんは、(わか)(ころ)かなり“()れて”いたらしく。

たこ焼屋さんがその(ころ)の話をされていた(とき)に。

弟がね、(ぼく)の「()(なか)の姉」も中学時代(ちゅがくじだい)()れいた時期(じき)があるけど、

今ではそんな時期など見る(かげ)もないほど()()いて(かみ)(うし)ろで普通(ふつう)(たば)ねていて、

服装(ふくそう)もジーンズに普通の服装をしていると説明(せつめい)したらしいんですよね(笑)

そしたら。

“お姉さんに一度(いちど)会ってみたい、気が合いそうだ”ということになったらしいんですよ。

で。

荒れ方の度合(どあ)い?

もう随分(ずいぶん)(むかし)時代(じだい)中学生(ちゅうがくせい)ですから、大きな(わる)(こと)ととかはしてないですよ(笑)

大人(おとな)社会(しゃかい)反抗的(はんこうてき)だったのは事実(じじつ)ですが私にはひとつのポリシーがあったので。

今で言えば(くすり)当時(とうじ)ならシンナー)とか、「身体(からだ)(いた)める事はしない」と、

心に()めていたので、ある意味(いみ)、ほどほどの()(かた)だったと思うし。

自分ではいわゆる「不良(ふりょう)」だとは、当時(とうじ)もその(あと)も思った事なかった。

けど、人が私の事を思い出し(かた)るとき、どういうわけか

(わる)かったよな〜」とか「不良(ふりょう)だった」とか「()れていた」とかの表現をされる事が多いので、

最初(さいしょ)は、「そんなに悪くはなかったよ」とか「私は不良ではなかったよ」とか、

「でも、自分で分かっていて荒れていた」とか、返答(へんとう)していたけど。

自分が(かん)じている内側(うちがわ)自分自身(じぶんじしん)と、人が(そと)から見ている私は(おな)じではない(よう)なので。

そのうち、人が見た私の方が多数決的(たすうけつてき)には(ただ)しいとも言えるか..と言うわけで、

いちいち「そんなことないよ」とは言わなくなった。

中2(ちゅうに)の時。

クラス担任(たんにん)には、私を(ふく)めた4人の友人(ゆうじん)

「おまえ(たち)は、クラスの(ガン)じゃ!(癌だ!)」と(いか)りをあらわにして怒鳴(どな)られた事があったから。

教師(きょうし)視点(してん)から見たら、かなりやっかいで邪魔(じゃま)存在(そんざい)であった事は(たし)かだ。

ちょうど全国的(ぜんこくてき)教師(きょうし)生徒(せいと)(とも)校内暴力(こうないぼうりょく)絶頂期(ぜっちょうき)時代(じだい)でもあったので、

中学時代は(とく)に、教師にものスゴく(なぐ)られていた。

一度に30(ぱつ)以上(いじょう)平手(ひらて)()けた(こと)もあり、それが日常(にちじょう)中学(ちゅうがく)でもあった。

教師も生徒も、(すさ)んでいたんでしょうね。かなり。

大人(おとな)都合(つごう)に合った「()い子」だけしか、存在(そんざい)(みと)められない窮屈(きゅうくつ)な時代でしたから。

行動(こうどう)と言うより、私の場合(ばあい)は心が荒れていたのでしょう、。それは(たし)かです。



(おとうと)現在(げんざい)新宿(しんじゅく)東京都(とうきょうと))エリアに()らしている。

自転車(じてんしゃ)徒歩領域(とほりょういき)行動範囲(こうどうはんい)(この)む人なので、たこ焼屋(やきや)さんは..

おそらく新宿(しんじゅく)界隈(かいわい)出店(しゅってん)されているのだろう。

弟の言うには、移動型(いどうがた)のたこ焼屋さんで、

大きなお子さんもいらっしゃる、わりと年輩(ねんぱい)のご夫婦(ふうふ)らしい。

(さら)に、“(あね)はお(この)()きが大好(だいす)き”と言ったら、たこ焼屋(やきや)さんはとても(よろこ)ばれて、

その()で弟がお好み焼きパーティーに招待(しょうたい)されらしい(笑)

弟は。

何度(なんど)も、「あ..お好み焼きが好きなのは姉で..」と言ったのに

私のせいで自分がお好み焼きパーティーに参加(さんか)する事になってしまったとか言うし。

自分が「姉」の宣伝(せんでん)したからでしょ。

それに、そう言いながら..パーティー嬉しそうだったケド。

たこ焼屋さんは大阪出身(おおさかしゅっしん)の方との事なので、「お好み焼き」は必須好物項目(ひっすこうぶつこうもく)

実際(じっさい)ね、私はお好み焼きを市販(しはん)のお好み()一袋全部(ひとふくろぜんぶ)使(つか)って一度(いちど)に3〜4(まい)の大きな

お好み焼きを(つく)って、それを四等分(よんとうぶん)にして冷凍(れいとう)しておいて、

いつでも解凍(かいとう)して(&レンジで)()べられる(よう)にしている。

冷凍保存(れいとうほぞん)目的(もくてき)は、食べたいと思った時にいつでもすぐに食べられるように。

節約(せつやく)にもなるしね♪

今も、冷凍庫にはこのまえ(つく)りおきしたお好み焼きがたくさん(はい)っている。

この前はね、(あお)のりも、鰹節(かつおぶし)も、最初(さいしょ)から()ぜてしまえばどうだろう?と思いついて、

青のりも鰹節も、生地(きじ)状態(じょうたい)で混ぜてしまった(大阪(おおさか)(かた)邪道(じゃどう)をしてごめんなさいっ!)

でもこの方法(ほうほう)(じつ)に良かった。

あとはソースとマヨネーズをかけるだけ。

そんな作り方、たこ焼屋さんに(おし)えたら(しか)られるかなぁ...(笑)


あ。そうそう、弟の(おく)(もの)中身(なかみ)はね、(だん)ボール(ばこ)()けて(つつ)みを()り出し、

リボンをほどくと...ブラウンにキラキラ(がら)の“いい(かん)じ”のクッションが出てきた♪

「へぇ〜クッションかぁ..」と、ひととおり()したり(なが)めたりしてから、

段ボールをたたもうと(はこ)に目を(うつ)すと...アレっ?もうひとつ(つつ)みが入っている。

「もうひとつ入ってる...?」何だろう?と(つぶや)きながらそれを取り出した。

同じお店の包みで、リボンをほどくと中からムーミン仲間(なかま)絵柄(えがら)のついた(はこ)が二つ出てきた。

ひとつにはマグカップ、もうひとつにはガラスのまあるいオーナメントが入っていた。

ムーミンキャラの中から、弟が私に(えら)んだのは「スナフキン」だった。

はいはい、私はスナフキンね、。

.......「ミー」でも良かったけど。

それにしても。三つも?気前(きまえ)がいいなぁ..(笑)

(うれ)しくも奇妙(きみょう)な弟からの誕生日(たんじょうび)プレゼント。

(ちい)さなメッセージカードには、

(みせ)(かた)代筆(だいひつ)で“(おく)れてすみません”とかかれていた...「?」。

“遅れてすみません”って...今まで誕生日の(おく)(もの)などしたこともないのに(笑)

きっと、2008年の11月には特殊風(とくしゅかぜ)()いたのだろう。

11月いっぱいは特殊風が吹いているとしたら。

「これまでに無かった(うれ)しい現象(げんしょう)」は、これだけでは()わらないのかもしれない。

(きざ)し”は、そう(つた)えている。


(おとうと)(おく)(もの)()けて。

(なん)となく。

たこ焼屋さんに()いに来てね、と言われているような気がした。

弟に言われているとかではなくてね、

宇宙(うちゅう)意志(いし)が弟を(とお)してそんなメッセージを(はこ)んで来たような..。

でもね、大丈夫(だいじょうぶ)なの。

もう、とっくにチケットは()ってある。

年内(ねんない)にもう一度(いちど)東京(とうきょう)へ行く予定(よてい)

もう数ヶ月(すうかげつ)まえから、

どうしても年内(ねんない)に一度東京へ行かなくてはいけないという印象(いんしょう)がしていてね。

その具体的理由(ぐたいてきりゆう)は分からないし、(すべ)ては“印象”によるものだけど。

11月に入ってすぐ、まるで「ロボ」のように、(なん)という理由(りゆう)もなくチケットを()った。

あ。そう言えば..。

チケットを取った(あと)からだけど....

有楽町(ゆうらくちょう)にあるビルの通路(つうろ)を、

(むかし)バイトしていたお(みせ)右側(みぎがわ)にして(とお)()け、そこから銀座方面(ぎんざほうめん)(ある)いて。

バイトしていた時に

何度(なんど)(あし)(はこ)んだベーカリーで食事(しょくじ)(イートスペースがあるパン()さんなので)

をする印象(いんしょう)何度(なんども)脳裏(のうり)浮上(ふじょう)するの。

同行者(どうこうしゃ)印象(いんしょう)(あた)えられず、ただそのルートを私が歩いている感覚(かんかく)辿(たど)り、

最後(さいご)はそのベーカリーでランチ?かなぁ..をするイメージ。

わけもなく何度も浮上するから、具体的根拠(ぐたいてきこんきょ)はなくてもそのルートはしっかり辿(たど)ろうと思う。

同行者の印象は()いから多分(たぶん)1人で行くのだと?思う。

土地(とち)場所(ばしょ)との(えん)交流(こうりゅう)もあるから、目的(もくてき)相手(あいて)人間(にんげん)じゃない(こと)はけっこうあるしね。

けどそのルートなら数時間(すうじかん)もあれば大丈夫(だいじょうぶ)だし。

せっかく東京(とうきょう)()くのならたこ焼屋(やきや)さんに行ってみようかなぁ..と思ったから。

それを(つた)えようとして弟に電話(でんわ)をしてたんだけど出ないし、()(かえ)してもこないし。

そうこうする(うち)に、昨日(きのう)誕生(たんじょう)プレゼントが(とど)いた。

(れい)を言おうと思って電話(でんわ)をするけど出ないし、()(かえ)してもこないし。

メールはエラーで(もど)って()るし。


今回(こんかい)2泊(にはく)だけだけど、たこ焼屋(やきや)さんには()えるかなぁ..。

それとも。

「たこ焼屋さん」は東京へ()()せる(ため)運命(うんめい)の「(えさ)」で、メインの理由(りゆう)(ほか)にあるのか?

それはどちらでもいいから。


弟、電話に出てくれ。


【20081109/14:46】







ワード:メニュー


トップページ
Copyright (C) 知民 2006-today All Rights Reserved.