Slow Work System
Slow Work System ワード・スペース
うんめいをきる
『奇跡のリンゴ』 奇跡(きせき)のリンゴ』


絶対不可能(ぜったいふかのう)」を(くつがえ)した農家(のうか) 木村(きむら)秋則(あきのり)記録(きろく)



(ちょ)

石川(いしかわ)拓治(たくじ)


監修(かんしゅう)

NHE「プロフェッショナル仕事(しごと)流儀(りゅうぎ)制作班(せいさくはん)




2008年11月29日に、近場(ちかば)一泊(いっぱく)(ちい)さな(たび)をした。

翌朝(よくちょう)30日。

()きて、部屋(へや)のドアの下から新聞(しんぶん)が入れられていることに気付(きづ)いた。

今回(こんかい)宿泊(しゅくはく)したタイプのビジネスホテルで、新聞のサービスがあるのは非常(ひじょう)(めずら)しい(こと)だった。

「新聞...珍しいなぁ..」と(つぶや)きながら、(ゆか)から(ひろ)()げてベッドの上にパサリと()いた。

私は日頃(ひごろ)からテレビを見る機会(きかい)随分(ずいぶん)(すく)ない(海外(かいがい)ドラマチャンネルを(のぞ)く☆)。

でもそれ以上(いじょう)にもっと、新聞を()まない。

朝食(ちょうしょく)をとって部屋に(もど)り、出発の支度(したく)をして、まだ少し時間(じかん)があったので新聞に手を()ばした。

文字(もじ)()まずに、1(まい)ずつ(あそ)びみたいにめくっていたら。

(なん)ページめかの下の(ほう)掲載(けいさい)されていた、この本の広告(こうこく)が目に(はい)った。

ビリビリビリ、瞬間動作(しゅんかんどうさ)でそのページだけ(やぶ)りとってバッグの中に()れた。

そろそろ、出発(しゅっぱつ)の時間だ。

広告ページと(とも)に部屋を出た。





ケイタイで検索(けんさく)してその日に注文(ちゅうもん)を入れた。

3〜4日後、注文商品(しょうひん)がコンビニに到着(とうちゃく)した事を知らせるメール。

その日の(よる)、本を()()部屋(へや)(かえ)ると、

包装(ほうそう)()けて()()した(さき)から()(はじ)めた。

このスピードは、私にはとても(めずら)しい。

旅先(たびさき)で、その時読むために購入(こうにゅう)した以外(いがい)では、本を()ってすぐに読み始める事は(すく)ない。

 読み始めたとしても大抵(たいてい)数ヶ月後(すうかげつご)とかで、今まで(もっと)放置期間(ほうちきかん)(なが)かったのは

 購入(こうにゅう)してから(やく)5年後に読み始めた本だった)





()き時間(ごと)に読み(すす)めて、おおよそ4日目くらいに読み()えた。

読み終えた本を()じて、「ありがとうございます」と手を合わせた。

今。

部屋のメインスペースにCDスタンドを()いて、そこに『奇跡(きせき)のリンゴ』が立ててある。

しばらくの(あいだ)

(あさ)()きてとか、部屋を出る前とかに。

その本に()かって。

自分の動作(どうさ)気付(きづ)()もなく、自然(しぜん)に手を合わせていた。

でも最近(さいきん)では、「おはようございます」とか「じゃ、行ってきます」とか言いながら

本に向かって思わず手を()っている(笑)


ものすごいチームだと思った。

チームというのは、木村さんはもとより、(なが)(あいだ)(すさ)まじい苦境(くきょう)(とも)にしながら、

ただ(だま)って(とも)()り、作業(さぎょう)継続(けいぞく)(つづ)けたご家族(かぞく)のことだ。

そして。

チームのリーダーを(しん)じて生き続け、

(みずか)ら(自然界(しぜんかい))の力を()(もど)しながら(あたら)しく()まれたリンゴの木。

〈ものすごいチームだ〉と、物言(ものい)わぬ思いが“ズン、”と(はら)宿(やど)っている。


木村秋則(きむらあきのり)()(ひき)いる魂のチームが()()げた使命(しめい)が地球に(あた)える影響(えいきょう)を思うと。

生涯(しょうがい)(あたま)()がる。

(たと)えば地球(ちきゅう)という規模(きぼ)(たい)して、

リンゴの木が何本(なんぼん)かとか、リンゴ(えん)面積(めんせき)がどのくらいかとか、そんなレベルの(はなし)ではない。

私にとって。

そんな地球の先輩方(せんぱいがた)に、どのような思いを感じているか、

その思いは、とても言葉(ことば)使(つか)えるような次元(じげん)にはない。





以下(いか)、『奇跡(きせき)のリンゴ』文中(ぶんちゅう)内容(ないよう)参照(さんしょう)

木村(きむら)()が、

無理(むり)をさせてごめんなさい。

 (はな)()かせなくても、()をならせなくてもいいから、どうか()れないでちょうだい』と、

リンゴの木を一本(いっぽん)一本(まわ)って、(あたま)()げて(ある)くシーンがある。

この(とき)木村氏は、(すべ)てのリンゴの木に(こえ)をかけたのではなかった。

周囲(しゅうい)を気にして、(となり)(はたけ)道路(どうろ)との(さかい)(めん)しているリンゴの木には声をかけなかったそうだ。

最終的(さいしゅうてき)に。

規則性(きそくせい)なくランダムに()れていったリンゴ木のうち、ある一列(いちれつ)のリンゴだけは全滅(ぜんめつ)しており、

その、全滅した一列は、木村氏があの時“声をかけなかった”リンゴの木だったという。





植物(しょくぶつ)と人間の(あいだ)に、信頼関係(しんらいかんけい)は「成立(せいりつ)」する。




私は。

自然界(しぜんかい)は「言葉(ことば)」というコミュニケーションツールを()っていないが、

意識(いしき)」の伝達(でんたつ)可能(かのう)だと思っている。

5〜6年前(ねんまえ)(はなし)

見た目にはほとんど()れて、人間がいうところの「もうダメだね」という状態(じょうたい)になり

実家(じっか)(にわ)()てられていたいくつかの花の(はち)を5鉢ほど自室(じしつ)(はこ)()んで()たことがある。

カルナレイキのシンボルを使(つか)って、毎日(まいにち)レイキをかけていた。

3日を経過(けいか)した時点(じてん)で、植物達(しょくぶつたち)の「()」が(あき)らかに変化(へんか)し、「(せい)」の方向(ほうこう)へシフトした。

その()は枯れかけていたなど想像もできない様子(ようす)()き活きと(よみがえ)っていった。

植物達は、つぼみを(みの)らせ花を()かせていく。

でも。

ひと(はち)だけ、3日を()ぎても(なん)反応(はんのう)(しめ)さない植物(しょくぶつ)があった。

「おかしいなぁ..」「何でだろう?」と思いながらも、毎日のようにレイキをかけていた。

1週間(いっしゅうかん)を過ぎ、

(ほか)の植物達がメキメキと元気(げんき)になり花を咲かせる中、その植物だけは(まった)く変化を見せない。

(さら)に日にちが経過した(ころ)

私は毎日のように「どうしてだろう...」と思いながらその植物を(なが)めていた。

ある日の午後(ごご)部屋(へや)椅子(いす)(すわ)り植物達に意識(いしき)()けてジッと眺めていた時に「ハッ」とした。

人間の思いこみ(意識)が、植物の自由(じゆう)(そだ)(かた)(さえぎ)っているのでは?

(かんが)えてみたら、3日を経過しても反応(はんのう)のない植物に(たい)して、

私は毎日「どうして成長(せいちょう)しないのだろう?」「どうして元気にならないのだろう」などと

(おも)(つづ)けていた。

カルナレイキの中のシンボルを、植物達がよく(この)むことはそれまでの実践(じっせん)で知っていたので、

当然(とうぜん)」みんなが一緒(いっしょ)に元気になるものと思いこんでいたのだ。

けど、どの植物にもそれぞれに(ちが)ったペースがある(はず)だ。

みんなが(おな)じペースで育つ事を期待(きたい)するのは人間の都合((おも)()み)だ。

植物達はとても素直(すな)素質(そしつ)()っている(と、私は(かん)じていた)。

だから、私の「どうして成長(せいちょう)しないんだろう?」という意識を素直にくみ()って、

一緒に「どうして成長しないんだろう?」という状態(じょうたい)になっていたのではないかと感じた。

その事に「ハッ」とした直後(ちょくご)

椅子(いす)から立ち上がり、植物達に(こえ)をかけた。

「言葉」を使うのは人間の都合で、そうしたほうが「意識」を(つた)えやすいと感じたから。

植物達は、

言葉の内容(ないよう)理解(りかい)しなくても、その言葉に()せられた意識(波動(はどう))を()()(はず)だと(しん)じていた。

「みんな、今日からここの植物達は自由(じゆう)にしてください!

 ()きたい時に咲いて、(やす)みたい時は休んでください。

 咲き方も、咲く季節(きせつ)も、自由でいいからね☆」

それまで(すこ)しも反応(はんのう)を見せなかった植物には。

「ずっと気付(きづ)かなくてごめんね、私が“なんで”って思っていたからだよね、

 成長しなくても、花が咲かなくても、自由でいいからね」

と、(つた)えた。


翌朝(よくちょう)

()きてすぐに植物達(しょくぶつたち)を見て目を見張(みは)った。

あの、少しも反応しなかった植物が、一晩(ひとばん)で2つの花を咲かせていた。

つぼみひとつ()かったのに?

オレンジ色の、それはもう(あざ)やかで(うつく)しい花だった。
(それまで見たことのない花だったので、名前(なまえ)()りません)

(うれ)しくて。

「咲いたの?」「咲いたんだぁぁ((よろこび))」と、満面(まんめん)笑顔(えがお)で声をかけた。

「すごくきれい..」「こんなに綺麗(きれい)な花だったんだね〜☆」

何度も感嘆(かんたん)(よろこ)んだ。

その日を(さかい)に、この植物はポンポンと毎日花を咲かせていった。


そして、それ以外(いがい)に。

唖然(あぜん)としたのは(ほか)の植物達の反応(はんのう)だった。

まず、上の(ほう)()()()びていた植物が、(すべ)ての枝葉(えだは)(よこ)(ひろ)放射状(ほうしゃじょう)になっていた。

その植物は(スミマセン、名前を知りません)、

当時(とうじ)どこのお(みせ)で見かけても何本(なんぼん)もの枝葉が全て上の方へ真っ直ぐに伸びている植物だった。

もちろん、()()をして真っ直ぐさせているとかではなくて。

でも。放射状に横広(よこひろ)がりになったその姿(すがた)を見て、(いと)おしくて(わら)った。

「こんなふうになりたかったの?(笑)そっかぁ..(笑)」

そして。

ずっと均等(きんとう)な広がり方で成長していた植物が、

全体(ぜんたい)(まえ)()し出すようにひとつの方向(ほうこう)目指(めざ)した姿勢(しせい)変化(へんか)していた。

「...この咲き方が()かったんだぁ(笑)」

一晩(ひとばん)で、思い思いに変化したそれぞれの植物の様子(ようす)()()たりにして、

(そば)(そこ)にいる人間の意識が植物に(あた)える影響(えいきょう)重要(じゅうよう)さを(おし)えられた。

これを「人」に(たと)えるなら。

例え言葉(ことば)使(つか)わなくても、

それぞれの意識(いしき)周囲(しゅうい)の人や環境(かんきょう)に与える影響を思わずにはいられなかった。


植物と人間の(あいだ)に、信頼関係(しんらいかんけい)は「成立(せいりつ)」する。


信頼を(そだ)(きづな)(むす)ばれた状態(じょうたい)では、(そば)にいる人間(仲間(なかま))がどれほど(よわ)っていても、

(つか)れていても、鬱屈(うっくつ)していても、それで植物達が()れたり(おとろ)えたりすることはない。

むしろ(あた)(はげ)まそうとするのが私がこれまでに教えられた、植物達の(しん)姿(すがた)だった。

(※植物にも寿命(じゅみょう)役目(やくめ)()わり)は存在(そんざい)しますから、
  枯れない事が(ただ)しいという(かんが)えではありません)

もし。

植物への意志の伝達(でんたつ)信頼関係(しんらいかんけい)成立(せいりつ)(しん)じられないのなら、

それはただ(たん)にそれを経験(けいけん)していないというだけの話で、それ以下(いか)でもそれ以上(いじょう)でもないと思う。





運命(うんめい)()きる」というのは、自分(じぶん)の生き方をするというシンプルな(こと)なのだと思う。

使命(しめい)とは(なに)か、(なん)(ため)()まれたかは、自分の生き方をしていれば(あと)からついてくるもので。

(さき)に使命や生きている意味(いみ)を知る必要(ひつよう)は、本当(ほんとう)にはないのかもしれない。

私たちはみな、存在(そんざい)していることそのもので、もう(すで)にその役割(やくわり)()たしている。

(まよ)いや苦悩(くのう)も「自分の生き方」の一部(いちぶ)であり、

好調(こうちょう)である事が運命に()った生き方であるとは、(たん)なる人間の(おも)()みに()ぎない。

自分の生き方をするのが(さき)、「運命」はあとからついてくる。

なら。

「自分の生き方」とは?

自分を(しん)じ、その(こころ)(したが)(こと)だ。

でも。

“自分を信じ、心に従う”と、

人間の都合で言うところの何もかもが上手(うま)くいくという意味ではない。

それでも、なんでも、「自分の生き方をする」というだけの事で。

(まよ)いや苦悩(くのう)過程(かてい)が自分の生き方をすることによって(あた)えられた現実(げんじつ)ならば、

その環境(かんきょう)をどのように()ごすかもまた、自分の生き方となる。

そこでは人の言う「(ただ)しさ」はほとんど存在(そんざい)機能(きのう))しない。

今、人生(じんせい)()(かえ)り、どのシーンもどの言動(げんどう)も、あの時の自分の精一杯(せいいっぱい)だったと思えるなら、

間違(まちが)いなくそれは、自分の生き方をしてきた(運命を生きてきた)(あかし)だろう。

どれほど(きず)つけても、どれほどの失敗(しっぱい)でも、後悔(こうかい)したくても出来ないほど、

あの時、その自分で精一杯だったと感じるなら。

貴方(あなた)は。そして私たちは、間違いなく、運命を生きている。






“自分を(しん)じ、(こころ)(したが)う”(ため)(もっと)重要(じゅうよう)要素(ようそ)は、

自身の心を、自分で信頼(しんらい)出来(でき)るような「()(かた)」に(そだ)てる事だ。

心底(しんそこ)自分を信じられる人というのは、人には知られない「心の在り方」を(とお)して、

自分が信頼出来る人間だと知っている人ではないだろうか。







ワード:メニュー


トップページ
Copyright (C) 知民 2006-today All Rights Reserved.