Slow Work System
Slow Work System ワード・スペース
わがまま
君がこの次元(じげん)()ったあとの

(いき)()が止まるような(かな)しみを

ぼくはまだ(かん)じている。


ここを去ることになると(さと)った(とき)

君も(つら)かったろう

(あい)する人達(ひとたち)(のこ)して行くこと。


辛かったと思うんだ。

ここを去る事が

(だれ)かの(いた)みにつながること。



(かな)しまないでね」


わかってる。


けど。

ぼくの心は()()けがないから

悲しまずにはいられないのさ。

でも君なら。

そんなぼくを簡単(かんたん)(ゆる)してくれる。

だからぼくは

それに(あま)えて (なみだ)をがまんしないんだ。



君がこの次元(じげん)()っても

ぼくが生きている現象(げんしょう)

がんばりとかじゃない。

魔法(まほう)なんだ。

もしかすると その魔法は

君がかけたのかな。


魔法以外(いがい)に。

ぼくが生きて生活(せいかつ)出来(でき)方法(ほうほう)なんて

(おも)いつかないもの。



(のど)()れるまで悲鳴(ひめい)をあげたかった。



だけど 我慢(がまん)できたよ。

近所(きんじょ)があるとか 家族(かぞく)心配(しんぱい)をかけるとか

そんなことを思いついて

それを我慢(がまん)できたんだ。

そしてその時。

ぼくは(くる)ってはいないようだと (すこ)し、安心(あんしん)した。



無理(むり)しないでね」


わかってる。


けど。

ぼくの心は強情(ごうじょう)だから

無理をせずにはいられないのさ。

でも君なら。

そんなぼくを きっと(ゆる)してくれる。

だからぼくは 

それに(あま)えて もう少しだけ無理をする。



君が(そば)にいることを()らせるSIGN(サイン)には。

大丈夫(だいじょうぶ)、ちゃんと気付(きづ)いてる。



()()えないのは

ぼくが(つか)んで(はな)そうとしない 孤独(こどく)というわがままなんだ。



あとどのくらい このわがままを(つらぬ)いたら。

ぼくは(あい)(のぞ)むだろうか。

この(さみ)しさから(すく)われたいと。


【20080723/23:23】








ワード:メニュー


トップページ
Copyright (C) 知民 2006-today All Rights Reserved.