Slow Work System
Slow Work System ワード・スペース
よし、わかった
貴方(あなた)(おも)い、全面的(ぜんめんてき)()()れます。


レイキの情報公開(じょうほうこうかい)終了(しゅりょう)するのは仕方(しかた)がない、納得(なっとく)する。

けど。

文章(ぶんしょう)まで()めなくなるのは勘弁(かんべん)してくれ、でしょ(笑)

了解(りょうかい)です。

ガックリ落胆画像(らくたんがぞう)をメールに添付(てんぷ)して(おも)いを(つた)えてくれた貴方の(ため)に、(なん)とかします。

現在(げんざい)のドメインもサーバも事前(じぜん)解約(かいやく)()み、変更(へんこう)不可(ふか)

でも。

(じつ)はね、私はもうひとつ、こっそりドメインを取得(しゅとく)している。
(それはメールでも(つた)えたけど)

2年(はん)くらい前に具体的(ぐたいてき)理由(りゆう)もなく、何となく取得(しゅとく)してそのまま保持(ほじ)している(かく)し?ドメイン。

今、そのドメインを使(つか)って文章(ぶんしょう)継続(けいぞく)出来(でき)るように、個人(こじん)サイトを立ち上げる(こと)(かんが)えています。

出来(でき)れば、10月中(がつちゅう)(しん)アドレスをお伝え出来る(よう)に。


それで、どうですか?

貴方の落胆(らくたん)回復(かいふく)する?


貴方に、(さみ)しい思いなどさせるものですか。


(すく)なくとも何が原因(げんいん)か分かっていて、私の判断(はんだん)ひとつでそれが修復(しゅうふく)されるなら。

文章を、(つづ)ければいいのですね?

それで貴方の生活(せいかつ)のほんの一部(いちぶ)にでも、(ひかり)(もど)って()るのなら。


以前(いぜん)貴方は、自分たちはたったひとりのために(つづ)けるわけではないと言った。

それは現実(げんじつ)レベルでその(とお)りだと、私も思う。

たったひとりがどんなに切望(せつぼう)したからって、現実的(げんじつてき)には()り立たない事が()たり(まえ)

(きざ)し”が「NO(ノー)」と(つた)えているのなら、見切(みき)りが必要(ひつよう)だ。

見切った(とき)(すべ)てを(あきら)手放(てばな)した時に見えてくる真実(しんじつ)はあまりに(おお)い。


けど、(だれ)かひとりの(ため)決断(けつだん)変更(へんこう)する“ゆとり”があっても人生(じんせい)(わる)くない。


私は時々(ときどき)、わずかながら様々(さまざま)なシーンで募金(ぼきん)をすることがある。

ひとりレベルで言えば、ひとりも(たす)けることの出来ない程度(ていど)金額(きんがく)で。

けど、同時(どうじ)にこんなふうに(かんが)えてる。

私(ひとり)が思いついたのなら、そしてその行動(こうどう)()こしたのなら。

同時期(どうじき)に。

あとどれくらいの人が、同様(どうよう)思考(しこう)で同様の行動(こうどう)現実(げんじつ)(うつ)すだろうかと。

その人数(にんずう)が同様の金額(きんがく)募金(ぼきん)をしたとしたら。

その行動(こうどう)(たし)かな意味(いみ)()つ。



自分を人より特別(とくべつ)存在(そんんざい)だと(かんが)えれば、自分1人が行動したって...と(おも)うのも自然(しぜん)

でも、もし。

自分を宇宙(うちゅう)一部(いちぶ)であり、(すべ)ての(たましい)とつながる全ての中の一部だと(かんが)えたら?

ひとり(自分)が考える事は、あとどれくらの人が考えているだろう。

そして。

自分(ひとり)に「才能(さいのう)」という賜物(たまもの)があったとしたら、

同様(どうよう)の賜物をどれだけの人が保持(ほじ)しているだろう。

特別視(とくべつし)されたい人間の心理(しんり)は分かる。

自分だけの特別(とくべつ)才能(さいのう)だと思えば自尊心(じそんしん)歓喜(かんき)する。

得別(とくべつ)(あつか)いされたいよね?

自分だけは()の人とは(ちが)うって。

(だれ)かに特別に思われる快感(かいかん)は、(あい)()恋人達(こいびとたち)なら(たが)いに()()くしているだろう。


この(あた)りで。

そろそろ「反説(はんせつ)造語(ぞうご)です)」が出てくると思う?

でも!。しかし!。のような。


()い無い、そのまま進行(しんこう)します。


つまり、貴方を特別扱(とくべつあつか)いします。

たったひとりの嘆願(たんがん)()け入れ、対策(たいさく)()ります。


なぜなら。


「たった」ひとりがどれほど落胆(らくたん)し、(さみ)しい思いをしているかということは、

あとどれだけの人が同様(どうよう)気持(きも)ちを(かか)えているか、という()位置(いち)に立ちたいからです。


(くわ)えて、貴方(あなた)という存在(そんざい)は私にとってどんなにか大切(たいせつ)な存在です。

それを現実(げんじつ)証明(しょうめい)する(ため)に。

あなたひとりの落胆(らくたん)(ねが)いを()()れ、せめて文章(ぶんしょう)だけは継続(けいぞく)しようと決断(けつだん)したのです。


文章を()(とき)

私は表層意識(ひょうそういしき)で言うところの「(かんが)え」を使(つか)わない。

漠然(ばくぜん)と、ある「テーマ(印象(いんしょう))」がやって()て。

テーマの(おとず)れ方は、様々(さまざま)角度(かくど)から様々なアプローチがあって統一(とういつ)はできないけど。

それでも。

ある時「テーマ(印象)」が浮上(ふじょう)する。

そのテーマを(もと)に。

題名(だいめい)()()む。

題名自体(じたい)がテーマ(印象(いんしょう))である事も(おお)いけど...いや、ほとんどはそうだけど(笑)


題名を打ち込んだら、あとは「(はら)(そこ)」が言葉(ことば)を打ち(つづ)けるので、それに(まか)せる。

事前(じぜん)考察(こうさつ)()み立てなど、ほとんどない。

事前の何かがあるとしたら、それは「印象(いんしょう)」だけ。

その(あと)はただ、腹の底に(まか)せているだけ。

「腹の底」が相手(あいて)では。

(あたま)でいちいち(かんが)えてる時間(じかん)など()いからだ。

じゃ、それは特別(とくべつ)(こと)か?

(ちが)う。

私(ひとり)がそのような作業(さぎょう)(おこな)うのなら、

あとどれだけの人が同様(どうよう)のやり(かた)普通(ふつう)に文章を()ってるいだろう。


その、さして特別(とくべつ)でもなくただの1人の人間(にんげん)表現(ひょうげん)(この)む貴方の(ため)に。

さして特別でもない、ただの1人の人間の文章を継続(けいぞく)します。


さして特別でもない、ただの1人の人間の文章は。

これまでの(あいだ)不特定多数(ふとくていたすう)の人のタイミングに一致(いっち)して来た。

まるで。

自分自身(じぶんじしん)(かた)られているかのように。

まるで。

自分の事を見透(みす)かされているかのように。


それは何故(なぜ)か?


簡単(かんたん)(はなし)だ。


それは私が、ただの何でもない平凡(へいぼん)な人間であるから。

ただそれだけの事実(じじつ)


もし私が、特別(とくべつ)才能(さいのう)()ち特別な人格形成(じんかくけいせい)で特別な人生を生きている人間なら。

特別な少数(しょうすう)の人にしかメッセージはリンクしない。


不特定多数(ふとくていたすう)の人にそのメッセージがリンクしている事実は。


私が(すこ)しも特別ではなく、ただの何でもない普通(ふつう)庶民(しょみん)だからだ。


そして。


今後(こんご)も、その普通で当たり前の思いや考えを、さも特別そうに表現(ひょうげん)(つづ)けて()くのだよ。


ただの、たった1人の特別(とくべつな)貴方(あなた)の思いををキッカケにして。


【20080915/00:07】








ワード:メニュー


トップページ
Copyright (C) 知民 2006-today All Rights Reserved.